home > 投稿 > > 第十六夜 アフィンの依頼3 ~森林の奥が何故凍土?、アフィンの予感~ & スキルリング作成

第十六夜 アフィンの依頼3 ~森林の奥が何故凍土?、アフィンの予感~ & スキルリング作成

 
 ファンタシースターオンライン2プレイ日記の続き、2022年4月14日分です。
 前回の話ではメインストーリーを進めて、惑星アムドゥスキアを舞台にいろいろと話を聞いたのと、フリーフィールドで凍土探索をしていました。
 今回は、フリーフィールドで凍土探索を進めたところ、新たに発生したアフィンの依頼を見ていきます。
 
 
 まずは「森林の奥が何故凍土?」というもの。
 地球では森林がタイガだったら、その奥はツンドラになっていますが、この世界はどうなのでしょうか。
 それと、凍土は森林と同じで惑星ナベリウスなのですね。もにさんに「なぜ氷の惑星に突入するムービーが出ないのかな」と尋ねたら、「そこもナベリウスです」と聞いて知りました。
 

 目標は、デ・マルモス鎮圧のクリア、マンモラーですね。
 こいつはスマホ版で何度も退治していますが、もにさんが言うには巨大なのがラスボスで出てくるとのことでした。
 んでもってアフィンは、初めてのエリアに一人で行くのは不安だから、付き合ってほしいとのことでした。
 

 全くアフィンは怖がりなんだからしょうがないなぁ(^ω^)
 
 
 ――などと、先日の凍土探索にモニカとアフィンを引き連れていった私が言ってみる。
 
 

 ……待てよ?
 
 
 アフィン既に行っているじゃねーかw
 
 
 クライアントオーダーと実際のプレイとで矛盾が生じているねー。
 私はフリーフィールド行って探索範囲を広げる時は、四人まで参加できるみたいなのでモニカこともにさんとマルチプレイをして、後は私がアフィンを連れ出して、もにさんは前衛が得意なNPCを連れて行っています。
 キョクヤだったかな?、中二病くんとかお尻ちゃん(名前忘れた)を連れていくことが多い感じです。
 ゲッテムハルト辺りを引き連れたら頼もしい壁になってくれそうですが、どうやら連れまわせられないようです、残念。
 ん、アフィンと違って怖がりなわけではないことを明記しておく。たぶん……
 
 
 マイクラマルチプレイでの、ネザー初探索の時のことは知らん(。-`ω´-)
 
 
 そんなわけで、アフィンは既に我々と凍土探索に行っているはずなのですがー(^ω^)
 
 

 で、マルモス鎮圧――じゃなくて、デ・マルモス鎮圧。
 でも私から見ると、マルモスはマンモスじゃなくてオパビニアなんだけどねっ(謎)
 ノーマルでは物足りないので、ハードモードです。
 でも最近は、ハードモードでもボス戦以外は物足りないのですけどね……
 

 おー、ここが凍土か。ものの見事に何もかも凍ってるなー。
 
 ――などと、凍土探索で経験済みのアフィンが言っとりますw
 
 

 雪に埋もれたチェスト発見。
 モニカ寒そうw
 
 でも大丈夫、あべこべクリーム塗っているから(意味不明)
 
 レアドロップでメロンエッグなるものを入手したけど、ペット関係かな? 
 エッグ関係は結構溜まってきているのよね。
 

 

 壊せる壁があったので、壊してみる。
 チャージテクニックでは壊せないのね、不思議。
 ま、どこぞの洋館では、ロケットランチャーでも壊せない扉だらけだったりしますが(謎)
 
 

 三方向から分進のち、包囲殲滅。
 百戦錬磨の戦いは、こうでなければならない。
 アフィンのところから中央突破されて、各個撃破食らったら知らん(。-`ω´-)
 
 ま、イエーデとかはアホだから、各個撃破の好機と取らずに、その場に留まるでしょう。
 
 

 やたらと硬い敵、ミクダ登場。
 頭の後ろに弱点があるそうですが、遠距離からの固定砲台ラムリーザだと、操気弾でも使えない限り無理です。
 
 

 これがラムリーザの間合いであり、ラムリーザの戦いです。
 自分と敵との間には、谷間と崖があり、敵は接近不可能。
 安全な場所から、ひたすら火の玉を撃ち込む作業です。
 
 これは戦いと呼べるようなものではありません、一方的な虐殺だ!(`・ω・´)
 
 

 ラスボスである、デ・マルモス登場。
 やっぱり鼻の先がオパビニアみたいだなぁ。
 これは、オパビニアみたいなぶたさんです(謎)
 

 でも、あまり強くなかったです。
 ラムリーザが周囲のザコを薙ぎ払っている間に、モニカが一体目のボスを一人で倒していました。
 
 
 以上、森林の奥が何故凍土? 終了。
 アフィンは「二度目」の凍土探索を終えましたとさ。
 
 
 続けて発生した「アフィンの予感」も見ていきます。
 
 なにやら地下坑道って場所が気になるようで、また初めての場所は一人じゃ嫌だというわけで、同行を求めてきました。
 この場所は、フリーフィールドの凍土探索を済ませていたから出てきたもので、まだアフィンを連れて行っていません。
 だから、今回は正真正銘の初めてです。
 

 目標は「巨大変形機甲種撃破」のクリアです。
 地下坑道にはロボットが出てくるのね、砂漠探索みたいだな。
 
 
 ところでアフィンは「探し人」とか言っています。
 なんだろう、恋人探しかな?
 今後、何かストーリーで語られそうですね。
 
 

 というわけで、巨大変形~です。
 討伐目標のトランマイザーや、出現エネミーのギルナスなど、全てロボットです。
 ということは、雷様プレイを敢行する時ですな。
 
 ん、雷の召喚獣はラムウだから、似た名前でOKということで。
 
 場所は惑星リリーパ、砂漠探索と同じ星ですね。
 ノーマルでは物足りないのでハードで――と思ったけど、ハード以上のクリアがアフィンのオーダー達成条件みたいでした。
 ハード限定か……、ソロプレイだときついかもな。
 ま、そもそも一人だとゲーム自体始めてないけどねっ!(`・ω・´)
 
 

 というわけで、地下坑道に到着。
 確かにアフィンの言う通り、地下にあるわりには広いね。
 
 

 途中、ロッティなる者が救援要請してきました。
 ガーディンという機甲種を9回撃破するのが目標。
 モニカが飛び回って無双しておりますな。
 
 ここで「ガーディトーチ」なる武器を入手。
 もにさん曰く、ガーディンからしか手に入れられない珍しい武器だということで、とりあえずロックしておきましょう。
 

 敵の自爆に巻き込まれるラムリーザw
 敵がひっくり返ってジタバタしているので、何かな? と思って見に行ったらやられたよ。
 
 その痛みが、お前を強くする(。-`ω´-)
 
 

 トランマイザー出現!
 俺メカによえーから!
 

 ――と言いつつ、雷撃を放ってやると、周囲のザコを連鎖攻撃で巻き込んで気持ちいいですな。
 チャージテクニックのダメージも、最初の頃よりも10倍ぐらいになっています。
 
 それにモニカの集中攻撃も加わって、「このエマージェンシートライアルをクリアしたらクエストクリア!」の表記が消える頃に早くも一体撃破。
 ヘンリエッタが「残りの敵性存在は一体です」と言い終わって表示が消えて数秒後に二体目も撃破。
 

 戦闘時間は30秒弱、もうハードモードでは物足りませんねぇ……
 上にはベリーハードとスーパーハードが控えているので、慢心は禁物ですけどねっ!(`・ω・´)

 
 以上、アフィンの依頼は終わり。
 アフィンの言う「変な感じ」が気になりますが、今回は関係なかったようです。
 ここで親密度みたいなのが再び満タンになったので、シンセサイザーを貰っておしまい。
 
 
~おまけ~
 
 このゲームには、スキルリングなるものがあります。
 もにさんから聞いた話では、装備して戦ったらリングのレベルも上がっていくとのことでした。
 ということは、早いうちに入手しておいた方が、経験値が無駄にならなくてよいかも、です。
 
 というわけで、スキルリング入手作戦を実施しておきました。
 
 
 リングにはいろいろ種類があるようですが、私の場合基本的にもにさんとマルチプレイするという前提でプレイしますので、戦い方は遠距離からの固定砲台となります。
 そこで、敵のヘイトを貰いにくくなる「ステルスアタック」なるものが有効かなと考えました。
 
 そのリング作成に必要なのは、龍祭壇ジルコンとアムドゥスキアロックの二種類。
 龍祭壇にはまだ行けませんが、スマホ版で一日一回の無料探索ができるので、それで毎日龍祭壇に行っておりました。
 その結果、龍祭壇ジルコンを5つほど獲得しております。
 あと足りない物は、アムドゥスキアロック。
 これは火山探索でギャザリングすることで入手できるらしいので、ちょっくら掘り掘りしてきました。
 

 そいでもって、素材がそろったのでステルスアタックのリング獲得できましたとさ。
 ソロプレイだとテックCパリングがオススメみたいなので、森林エメラルドも集めておきましょう。
 ――と思ったけど、それもスマホ版で入手済みで12個もあったので、ナベルロックを森林探索で得るだけでした。
 
 
 さらに、それらはLリングであって、もう一つRリングというものも付けられるとのことです。
 そちらはクリティカルを上げるものか、直接ダメージを上げるもの、防御力を上げるものがオススメとなっています。
 
 でもクリティカルストライク法撃を作るには、遺跡アメジストが必要です。
 それはまだ取れないので、Pキーパー法撃を作っておきました。
 これは森林エメラルドとナベルロックなので、素材はそろっています。
 
 
 というわけで、当面は「ステルスアタック」と「Pキーパー法撃」を育てていきましょう。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2022 らむのゲーム日記