home > 投稿 > > ブラヴィルの推薦状 ~やっぱりどろぼうさん~

ブラヴィルの推薦状 ~やっぱりどろぼうさん~

 
 さーてっ、いよいよ帝都インペリアルシティだ。

 衛兵に混じって馬を見せびらかすの巻。衛兵の馬はただの馬だが、俺の馬はユニコーンだぜっへん。
 とまぁ、どうでもいいことを自慢げに吹聴しつつ、目指すはインペリアルシティ。シロディールの首都であり、皇帝陛下の居城があるというのだ。
 ひょっとしたら、俺は記憶を失った皇帝陛下なのか? などとありえない妄想をしながら帝都を見つめてみる。

 ところで帝都の入り口はどこだ?
 周囲を完全に水辺で囲まれていて、泳いで入るしかないのか?
 

 とまぁそんなわけはなく、大きな橋がかけられていました。
 なんか帝都のちょうど手前にあるワネット亭の、ローリー・アードウルフから、ディープスコーン空洞を元に戻せるって話もあった気がするが、俺はあそこには住み着く予定は無いので忘れたことにしておく。
 

 高台へとのぼり、ついにインペリアルシティへとたどり着いた。
 ここはいったいどんな場所なんだろうか?


 おー、なんかかっこいい像がありますぞう?
 プテラノドンですか?
 
 というわけで帝都見物もしておきたいが、まずはブラヴィルの推薦状を完結させないとね。
 ソリス・アレニムから、アルダリンの杖を取り戻さないとね。

 ここがソリスの家らしい。さすが帝都の家、これまでの家とは違って外観は立派だなと。
 見た感じでは、アイレイドの遺跡をそのまま居住区にしているような。
 アイレイドの遺跡に住んでいた人も居るから、この材質は居心地が良いのだろう。知らんけど。

 さっそくソリスに杖について尋ねてみたのだが、やはり手放す気にはなれないそうだ。
 そこで魅了してみたら、大金を払って買ったからあげるわけにはいかないと言う。そりゃあまあ大金を払ったのだから仕方ないね。
 じも仕方ないから、200Gで譲ってくれると言ってきた。大金を払って買ったので、200Gだと。
 大金か、200Gか、大金ねぇ……(。-`ω´-)
 
 山賊の具足で一足分か……(。-`ω´-)
 

 なんか200Gという大金を支払うのが惜しくなったので、奥さんの方に杖のありかを聞いてみることにした。
 どうやら杖は、地下室に鍵をかけて宝箱にしまっているらしい。
 まぁ200Gぐらい盗んでも大した事無いだろう。雨垂れ石を穿つ? 知らんな。
 

 どろぼうさーん、どろぼうさん。
 ギルドの物を盗むと破門らしいが、関係ない人の物を盗んでもギルドは文句を言わないらしい。
 
 うーん、なんだか心が腐ってきているな……(。-`ω´-)
 デイドラの影響か?
 ここのところ、デイドラとよく関わっているしなぁ……
 変な神様もあったから、ひょっとしたら泥棒の神とかいうのもあるかもしれない。
 

 というわけで、ソリス夫妻の目を盗んで地下室に侵入。
 玄関からすぐの所に居たのに、俺が忍び込んだことに気がつかないのは大丈夫か?
 ソリス夫妻がぼんやりしすぎなのか、それともいつの間にか俺の隠密能力が向上したのか?
 透明魔法を使えば簡単だったな、とか思いながら地下室を漁る。
 
 そして鍵のかかったたんすの中から、魔術師の杖を獲得。
 

 慌てず、堂々と、落ち着いて、何事もなかったかのように退出。
 ソリス夫妻は、見知らぬ人が家の中をうろうろしているのに、何も気にせずに二人で雑談している。無用心すぎるだろう?
 それとも帝都に住む人は、みんなこんな感じなのか? なんかやだなー。
 大きな杖をどこに隠しているのかは不明。とにかくデイドラの影響か、俺はどろぼうさんを平気で行うようになってしまっていた。
 
 まあよい。
 
 どこぞの世界には、民家に侵入してタンスをあさってアイテムを奪ったり、あげくの果てには壷を破壊して中身を奪う「勇者」も居るらしい。
 俺のやっていることなど、その勇者様の足元にも及ばない行為だぞ、と。
 後は、この杖をクッド=エイに届けるだけだ。
 
 ………
 ……
 …
 
 場所は再びブラヴィル。

 杖を取り戻したことでクッド=エイも俺を認め、大学へ推薦状を送ってくれたのだ。
 これで全ての街にあるギルドで推薦状を獲得した。
 
 いよいよ魔術師大学に入学である。
 当初の目的は忘れたが、こうして達成してみると心地よいものなんだな、と。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記