home > 投稿 > > オークのマゾーガ ~マゾーガ卿~

オークのマゾーガ ~マゾーガ卿~

 
「予言じゃ、予言が下った!」
「なんですか、ダケイル先生!」
「レヤウィン城でマリアス・カロ伯爵がお前を待っている! そこでシロディールでも指折りの騎士と出会うであろう」
「いや待って、城はちょっと……」
 
 レヤウィン魔術師ギルドでうとうとしていると、マスターのダケイルに叩き起こされてしまった。
 アミュレットを取り戻して以来、予知能力に磨きがかかったタゲイルは、前にも増して予言を口走るようになってしまった。
 しかし、レヤウィン城にはちょっと行きたくない。先日のサングイン騒動で、パーティ荒らしをやってしまったばかりだ。あまり歓迎はされないだろう。
 
「予言に従わねば、天罰が下るぞえ!」
「それって従わなかったら予言が外れるから、無理強いをしているだけでしょう?」
「早く行くのじゃ!」
「ダ、ダケイル先生……(;´Д`)」
 
 仕方なく俺は、レヤウィンの城に向かった。無論、変装をして……

「伯爵殿、お初にお目にかかる、マス・ミルカラスという旅の者でござったござった」
「ミルカラス殿、マゾーガというオークの女が騎士だと名乗っている。彼女がここに来た理由を突き止めて報告してくれれば、レヤウィンの貢献者として相応の報酬を約束する」
「お安い御用、このドス・マスカラスに任せておけ」
「名前が変わっておるぞ?」
「千の名前を持つ男と呼んでくれ」
「世の中ではそれを偽名と言う」
 
 なんかばれそうなので、伯爵の元をさっさと立ち去って、マゾーガという者を探しに向かった。

 城の入り口付近でマゾーガはすぐに見つかったので、さっそく話しかけてくると俺のことを伯爵か? と聞いてきた。
 
「いや、俺はミル・マスカラ――っとこれでは本名になってしまう――じゃなくて! 伯爵の命で会いに来た!」
 
 多少ぎこちない挨拶で始まった会話。
 マゾーガは、岩の下で生まれ、両親は居ないのだそうだ。ダンゴムシか?
 さらに騎士への口の利き方を教えてやるということで、「はい、マゾーガ卿」と呼べと言ってきた。
 
「はい、鏡さん!」
 
 こほん(。-`ω´-)
 
 えーと、マゾーガは独立騎士で、主君は居ないそうだ。それなら俺も、光学騎士とでも名乗るぞ?
 いや待てよ、騎士のマゾーガとタッグを組む時に、俺が超回転光学戦士を名乗れば――って話を逸らすな! ちゃんと話を聞くデス! 俺はカラスではなく、ラムリーザデス!
 
 というわけで、街に居るウィーバム=ナーというアルゴニアンを探してくることになった。この辺りの森に詳しいハンターだそうで。

 そのウィーバム=ナーの家はここ。

 たしかにハンターらしく、弓を装備しているな?
 しかし、ハンターするよりも追い剥ぎ狩り――っ、てもういいや。
 しかしウィーバムは、オークに会う意味もないし、俺の頼みを聞くほどの仲になっていないと言うのだ。

 仕方ないな! 魅了!
 こうして、ウィーバムはマゾーガに会ってくれることになった。
 魅了の魔法があれば、セールスマンになるのも手だな。この魔法を使えば、何でも売りさばいてみせるぜ!
 なにしろ、これをかけるだけで信頼が最大になるからな、魔法とは危険な代物だ。
 

 マゾーガは、「漁師の野営地」という場所に行きたいらしく、その場所を知っているウィーバムから情報を得ようとしたのだ。
 騎士だけど、やっぱり釣り人になることにしたのだろうか?
 その漁師の野営地は、レヤウィンの北、ニーベン河の東岸にあるそうな。
 しかし、ウィーバムは案内を拒否したので、何故か俺が案内することになってしまった。
 そこで野営している風賊モゲンズという男に話があるというのだ。
 風族か、俺なら空族を目指すね。主人公になれそうだし。

 というわけで、この辺りを目指すことになった。

 街から出たら、もう変装は要らない。
 マゾーガと共に、漁師の野営地へ向かい、風賊モゲンズに対して俺は何もするな、という話になっている。
 何をやりたいのかわからんが、見物だけしておけというのなら、喜んで控えさせてもらおう。

 漁師の野営地へ到着すると、マゾーガは何も言わずに上半身裸の男へと向かっていった。
 さてと、それでは俺は見物させてもらうか。

 うむ、このモゲンズという男は、マゾーガの友人を過去に殺したらしい。
 それで、その仇討ちにやってきたわけだ。
 こんな話なら、進んで傍観者を決めさせてもらおう。存分に恨みを晴らすがよい。
 
 って、部下はなんで俺に襲い掛かってくる!
 マゾーガとモゲンズは一騎打ちを始めたが、モゲンズの部下は何も関係のない傍観者の俺に襲い掛かってきた!

 俺はマゾーガの仲間じゃねーっ。ただ道案内をしただけだーっ。
 と言っても話を聞いてくれないので、始末しちゃったよ。
 しょうがない、装備だけは頂いていくから、な!
 
 どうやらマゾーガも、モゲンズを仕留めたみたいだ。
 漁師の野営地と言っているが、モゲンズ達は盗賊団で追い剥ぎを働いていた。賢い奴らだ。
 しかし、マゾーガの友人に目撃されて衛兵に通報されたので、友人を殺して逃亡したのだと言う。
 追い剥ぎは通報されるけど、追い剥ぎ狩りは通報されないよな?!
 そこでマゾーガは、友人の仇を取るために騎士になり、そして今、その悲願は達成された。
 マゾーガは騎士のことは何もわからないが、いろいろ学んでみせる。そして俺こそは本当の騎士だ、と言ってくれた。


 それだけ言い残すと、マゾーガは一人、立ち去っていった。
 いつの間にか騎士にされちゃったよ。一応魔術師なんですけどねぇ……
 
 あとは、このことを伯爵に報告しておしまいだ。
 伯爵は、友人の仇を討つ行為を非常に評価してくれて、褒賞としてマゾーガと共に「遍歴騎士」にしてもよい、と提案してきた。
 やっぱり俺も騎士になるのか?
 
「ところで、お前さんどこかで見たような?」
「どこにでもある顔ですよ!」
「その声にも聞き覚えが……」
「このガラガラ声に聞き覚えがありやすか!」
 
 しまった、変装をするのを忘れていた!
 パーティ荒らしの犯人だとばれる前に、出直してくるとしましょう!
 
 
 レヤウィンにて オークのマゾーガ ~完~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記