home > 投稿 > > 白馬の騎士団 ~遍歴騎士~

白馬の騎士団 ~遍歴騎士~

 
 えーと、なんやかんやあって、オークのマゾーガと共にレヤウィンの騎士にしてくれるという話になった。
 なんか知らんけど、俺は割りと今の自分に馴染んでる。今ではもう記憶喪失とは思えないほど馴染んでいる。もう今の自分が本来の自分である、と言っても良いのではないか?
 騎士だぞ騎士、全ての武器を使うことができて、法力も使うことができる、一番優秀なクラスじゃないかー。
 魔女とは違うんだよね。魔女とは――
 
 でも簡単に騎士にしてくれるというわけではなく、黒弓団の山賊の首領、ブラック・ブルゴを退治したらという条件をつけてきた。
 もらえるものはもらっておこうというわけで、さっそくマゾーガにこのことを話してみた。

 む、そういえばこのマゾーガ、緑色の顔をした種族じゃないか。
 オークね、オーガは言葉の通じない人食いの野蛮人だが、オークはちゃんと理性を持っている、間違えないようにしないとね。
 マゾーガも、マラキャス信仰なのかな?
 
 それで、ブラック・ブルゴについて聞いてみたのだが、どうやら昔、マゾーガはブルゴと組んでいたらしい。
 なんだマゾーガ卿、元山賊ですか?
 山賊は全ての武器が使えるけど、法力が使えないので騎士になることにしたのか、賢いな。器用さなんて、ウネムがあったら要らんしね……って、何の話だ!
 
 ブラック・ブルゴは、テリープという遺跡をアジトにしていて、毎晩略奪品の分け前を受け取っているらしい。

 よし、行こうか、山賊退治へ!

 途中、なんか巨大な虫みたいなのに襲われたが、マゾーガが片付けてくれた。
 うん、見ているだけで勝てるのは楽だね。

 というわけで霧の中、テリープの遺跡が見つかった。アイレイドの遺跡だな。
 この遺跡は、山賊のアジトになったり、死霊術師の隠し研究所になったり、あまりよい使い方はされていない。
 そもそも、何のために作られた遺跡なのかがわからないから困る。

 アイレイドとは、大昔にこの世界を支配していたエルフだというのだが、今はどこに行ってしまったのかね?
 やっぱり魔力の塔とかを建設していたのだろうか?

 さて、ブルゴは夜に現れるということなので、遺跡の陰に隠れて夜まで待ってみた。
 しかし、夜になっても現れない。
 仕方が無いので、遺跡の中へと入ってみることにした。

 中に居たのかよ!
 ブルゴはいつの間にか戻ってきていたようで、遺跡の中に進入した俺達に襲い掛かってきた。
 霊峰の指を撃ち込んでも、虹色の光を撃ち込んでもマゾーガに自爆をするので、ここは傍観を決め込むことにした。

 部屋の中央にあった高台に登ってみたところ、ブルゴ一味は右往左往の大暴れ。
 お前らもオーガと同じく、こちらが高台に登ると対処の仕方がわからなくなるのかよ。
 しかもマゾーガのことはガン無視して、俺ばかり狙っているから始末に負えない。

 敵は届きもしないのに高台に向かって斬り付けるばかり、マゾーガはその背後から攻撃している。
 まあどこぞの国では、昔空を飛ぶ戦闘機を撃墜させようと、竹槍をふるって勇猛果敢に戦ったというが、一歩間違えると酷い茶番劇だぞ?

 結局最後まで敵は、高台に居る俺のことしか眼中になかったらしく、気がつけば全員マゾーガにやっつけられていた。
 まあ所詮山賊、オーガと知能レベルでは同じだということでしょう。
 
 遺跡の奥には、ブルゴに宛てられたメモがあったりしたけど――

 追い剥ぎ狩りをすれば、金貨三百枚ぐらいすぐなのが悲しいところだ。
 
 というわけで、ブラック・ブルゴは始末したのでマリアス・カロ伯爵に報告だ。

 やあ、俺の名前は緑仮面だよ。これからは緑仮面卿とでも呼ぶが良い。
 パーティー荒らしとは、何の関係もございません。
 というわけで、今日から俺はレヤウィンの白馬騎士団の一員になったのである。
 白馬は支給してくれるのかな?

 と思ったけど、もらえたのは盾だけでした。
 確かに白馬は描かれているけど、どうせなら本物の白馬が欲しかったな。そしたらアルタックスとでも名前を付けて可愛がるのに。
 
 以上、マゾーガと共にめでたく騎士になれましたとさ。
 
 
 レヤウィンにて 白馬の騎士団 ~完~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記