home > 投稿 > > フリンジ目指して ~世界の雰囲気が変わった?~

フリンジ目指して ~世界の雰囲気が変わった?~

 
 シル公爵の後を継いでディメンシア公爵となった。
 すると当然のごとく、シルと恋仲であったセイドンは怒り狂い、オーダー側に付くと言ってニュー・シェオスから出ていった。
 そしてオーダーは本格的に攻めてきて、ついにフリンジはグレイマーチに飲み込まれてしまったのだ。
 
 グレイマーチとは、どうやらこの戦慄の島がオーダーの軍勢によって乗っ取られてしまう行為のようだ。
 打倒シェオゴラスを目指す俺たちにとって、オーダーは味方なのか?
 しかしシェオゴラスも、グレイマーチを防げたら俺に後を託すようなことを言っている。
 
「それではフリンジに向かい、ヤツ・らを・阻止・せよ!」
 
 これがシェオゴラスの命じた、俺の次の任務である。
 オーダーを阻止すべきか?
 オーダーに乗じてシェオゴラスを始末すべきか?
 
 しかし、ディメンシア公爵となってしまった俺の取る道は一つ。
 シェオゴラス側について、オーダーを退治することなのだ。
 

 サセラム・アルデン=スルの教会から出たとき、ディメンシアの雰囲気が変わっているのに気がついた。
 これまでは、青黒くどんよりとした陰鬱な空であった。
 
 しかし今は、明るい曇り空?
 俺がディメンシアの公爵を継いだことで、世界に変化が訪れたと言うのだろうか?
 
「あなたの心の中って、こんな感じなのね」
「陰鬱とはしていない。それでいて、先は見えない。しかし、明るい未来かもしれない。そんなところで」
「たぶんショーケースにかけられた白い布が天を覆っているのよ」
「なんやそれ?」
 
 変わったのは空だけでない。
 門番や巡回中ののダーク・セデューサーたちは、俺の顔を見るなり「セデューサーは万全です、公爵どの」と言ってくる。
 公爵が入れ替わったことを、しっかりと認識しているようだな。
 
 マニア側の炎を灯した俺が、ディメンシア公爵となる。
 バランスが取れていてよかろう。
 どちらか一方を支配するのではなく、いずれは全てを支配するのだからな。
 
 

 フリンジへ向かう道中、オーダーの騎士が襲い掛かってくる。
 グレイマーチの影響なのか、本格的にオーダー軍がこの島を乗っ取ろうとしているようだ。
 

「あれだよなぁ。あのオベリスクから、オーダーの騎士は現れているんだ」
「全部閉じちゃえばいいんじゃないのかしら? オブリビオン・ゲートのように」
「なるほど、言われてみたらあのゲートと似たようなものだね」
 
 そんなわけで、オーダーの騎士の拠点となるオベリスクは、目につく限り閉じていくことにした。
 オブリビオンゲートから出てきたデイドラ、オベリスクから出てくるオーダーの騎士。
 確かに緑娘の言う通り、似ている存在だ。
 

 ただ違う点は、オブリビオンゲートを閉じる戦いをしていた頃は、味方がたくさん居た。
 しかし今この世界では、俺と緑娘、そして犬のチロジャルしか仲間は居ないのだ。
 俺たちの作る明日が、俺たちの作る未来なのだ。
 

 やることは同じだ。
 オーダーの騎士から心臓を奪い、オベリスクに捧げるだけ。
 それを三回繰り返すと、自然にオベリスクの起動が止まるのだ。
 この状態を、ゲートが閉じた状態だと考えよう。
 
 

 また別の場所でも開いている……
 
 まぁ、以下同文なわけで。
 
 
 オベリスクの停止だけではない。
 ニュー・シェオスからフリンジへと向かう途中にある、自殺の丘にも立ち寄ることにする。
 

 ハスキルから聞いたこの女性が、サロニア・ヴィリアという者の霊だ。
 現在、この人の頭蓋骨を所有している。
 

 頭蓋骨を彼女に返すと、周囲は光り輝いて、霊体は消え去るのであった。
 これで三人目を成仏させたことになる。
 
「除霊師も大変ね」
「オンベーシラナンダカナソワカ、これでよしと」
「よくわかってないのに念仏唱えているでしょ?」
「なんだかなぁw」
「ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてー、でしょ?」
「ぎゃーぎゃーうるさいなぁw」
 
 いいんだよ、こういうのは形さえ整っていれば、あとは霊がどのように受け取るかだ。
 そもそも戦慄の島での弔い方など知らん。
 俺流に念じてやればいいのだ。念じろ! 灰になった!
 

 あと二人、カジートのム=デシと、ダンマーのゲデネリ・ラルヴェルだ。
 どこに頭蓋骨が転がっているのだろうか……?
 
 

 そして俺たちは、フリンジへ到着した。
 外から見る分には、何も変わっていないように見えるが、中では一体何が起きているというのだろうか?
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記