home > 投稿 > > レヤウィンのゲート ~動物園崩壊~

レヤウィンのゲート ~動物園崩壊~

 
 レヤウィンからすぐ北にある小島、ミーシャのお気に入り場所にオブリビオン・ゲートが開いてしまった。
 

 ゲートからは、アトロナックやクランフィアが湧き出していて、エルスウェアで仲間に加えたゾウに襲い掛かっている。
 戦象というのもあるが、ゾウはまったく反撃せずに、じっとうずくまって耐えている。
 戦ってくれてもよいのに――、と思ったけど違った。
 

 ゾウは、逃げ遅れたミーシャや羊を守っていた!
 
 急げ! このままだとゾウの守りを突破されて、ミーシャの危険が危ない!
 

 ゾウにまとわりついているクランフィアに、緑娘のニードルヒールキックが炸裂!
 残るはアトロナックだ!
 

 アトロナックには雷系が効かないので、霊峰の指ではなくバルカン砲を放っておく。
 これでひとまずはミーシャを危機から救い出すことができたはずだ。
 

「大丈夫?!」
「ふえぇぇーん、ミーシャが島にみんなと来て遊んでいたら、突然赤いのが現れて島をぐちゃぐちゃにされたー」
「他のみんなはどうしたの?」
「んーとね、んーとね、ラクダさんと、しまうまさんと鹿さんは素早く逃げたけど、ミーシャと羊さんは逃げ遅れちゃったの。ゾウさんが守ってくれたけど、ゾウさん死んじゃうよーっ!」
「あたしが来たからもう大丈夫、心配しないで」
 
 確かにゾウ、クランフィアの引っ掻きや噛みつき、アトロナックの雷撃でボロボロだ。
 

 そんなこともあろうかと、治療の魔法も習得しておる。
 回復術について詳しく学びたい者は、アンヴィルへ行って勉強するがよかろう。
 あ、パンダさんが転がってる。
 

 さて、これをどうするかだ。
 ひとまずミーシャの安全を確保する為に、こいつは閉じておくか。
 いや、オブリビオン・ゲートはどこに開くかわからない。
 デイゴンの侵攻が解決するまで、ミーシャをどこか安全な場所で匿う必要があるな。
 やっぱり魔術師大学か?
 

 そして俺は、四つ目のゲートを閉じにかかった。
 そろそろ気がつきつつある。この動乱に関しても、衛兵は役に立たないのだと言うことを。
 この国の衛兵って、たぶんアルバイトレベルの警備員って所なのだろうね。
 例えばマニマルコの騒動とか、下手すりゃ国が傾くレベルの問題には全然関わってこないから。衛兵がやることといえば、やれパンを盗んだだの、殴られただの、その辺りを取り締まるぐらいだからね。
 
 

 さて、お馴染みになったオブリビオンの世界。
 ここも三つの塔、それぞれが独立して建っているね。
 三箇所にシジルストーンがあるのかな? とりあえず左側の塔から攻略しよう。
 奥の塔は、崖の上にあって下からは行けないようになってるし。
 
 ………
 ……
 …
 
 いろいろ省略して、最上階ね。
 

 なんとこの塔の最上階には、シジルストーンは存在しなかった。
 フェイクの塔を用意するとは、デイドラ軍団も巧妙になってきたな。
 

 その代わり、これまで攻略してきた塔には無かった、大きなレバーのようなものがあったりした。
 なんだかよくわからないけど、動かしてみる。
 すると、塔の外から大きな音が響いた。何かが起きたのだろうか?
 

 塔の外に出る扉があったので、そこから出てみると、手前にある左右の塔が橋で繋がっているではないか。
 これは、レバーを動かして橋を作って、奥の塔へと向かうって流れかな?
 手前の塔から奥の塔へと繋がる橋のような物が見えるが、途中で途切れていて繋がっていない。
 
 右側の塔にも、最上階にレバーがあったので動かしてみる。
 

 すると今度は、奥の塔へと繋がる橋が完成していた。
 その代わり、左右の塔を繋ぐ端は、再び途切れてしまったようだ。
 
 塔を降りて戻るのはめんどくさいので、橋へと飛び降りることにした。
 

 奥の塔へと辿りつければ、後は同じ流れだね。
 ドレモラやデイドロス、アトロナックを無視して頂上へと向かう。
 最後の塔もフェイクだったらどうしようもないが、その時はその時だ。
 

 世の中には、楕円形のボールを持って走り、敵の妨害や追撃をかわしてゴールへと持っていったら勝ちだというゲームがあるらしい。
 オブリビオンの世界も同じだ。
 敵の妨害をかわして塔を上り、逃げ切ってシジルストーンを奪ってしまえば勝ちなのだ。
 問題は、その石を取った時のポーズだ。変な格好はできないのである。
 

「どうだ、今度は決まっただろう」
「赤いのが消えたら、らむたんが戻ってきたー」
「コラ待て、らむたんは羊の名前だろうが」
 
 これにて、小島の騒動は解決。
 そろそろ日が暮れようとしているので、今日はレヤウィンで宿泊していくことにした。
 問題は、レヤウィンの自宅はボロッちいことである。
 
「ねぇねぇ、ミーシャの泊まっている部屋においでよー」
 
 ん、魔術師ギルドのレヤウィン支部か。そちらの方が、上質な造りになっているね。
 自宅にはそれぞれランクがあり、一番豪華なのがスキングラード、なにしろメイド付きの屋敷である。
 次が、コロール、ブルーマ、シェイディンハルの普通の屋敷。その次が、元幽霊屋敷のアンヴィル。地下に秘密基地があるのが難点だ。そしてブラヴィルから造りは荒くなっていく。帝都港湾地区やレヤウィンは、半分あばら小屋なのだ。
 

「このベッド、ぽよんぽよんだよー」
 
 ミーシャはベッドの上で跳ね回る。その勢いで、パンダさんも跳ねまくる。
 どうでもいいが、一つのベッドで三人川の字になって寝るのか?
 
 当然の如く、俺がミーシャと並んで寝ることは緑娘に反対され、俺だけが寂しく一人床で寝ることになったのであった……(。-`ω´-)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記