home > 投稿 > > リバーホールドにて ~行方不明の子供~

リバーホールドにて ~行方不明の子供~

 
 さて、しばらくの間またハンターギルドの仕事を連続でこなしていたが、オグラから新しい仕事は無いと聞いたので、再びリバーホールドへと向かうことにした。
 そろそろシロディールに戻ろうかな、とも考えている。
 盗賊ギルドをこの先どうするかはまだ思いついていないが、十分気晴らしになったものだ。
 エルスウェアの旅行記も、最終章に突入したかな?
 

 リバーホールドへ向かう途中、また新しい石像を見つけた。
 これはシロディールでも、東部連峰でも見かけたことの無い新しい物だ。
 ジ=スカール先輩に聞いたところ、ケナルシィの祭殿だというらしいが、また新しい神様が出てきたな。
 ケナルシィとは、空や風を司るカジートの神だそうだ。女神であるとも言われている。
 それで高台に祭られているわけなのだね。
 
 
 
 そんなこんなで、リバーホールドに着いた時は、すっかり辺りは暗くなっていた。
 

 とりあえずサーカス団は町の外で待機させておくことにした。
 この町は細い階段や、木でできた吊橋が多い。
 ゾウなど町の中に連れ込んだら、事故が発生することぐらいアホにでもわかるだろう。
 
 リバーホールドの町へと入ったところ――
 
「旅の者! いい所に来た、どうか手伝って欲しいのだ!」
「衛兵に頼めないのか?」
「これは旅の者にしか頼めないことなのだ!」
「なんかグラアシア臭がするが、伺おう」
 

 ナウシス・ディオと名乗った兵士は、困り事の相談をしてきた。
 なんでも、そこら中を遊びまわっていた息子が、2~3日前から見当たらなくなってしまったそうだ。
 要するに、行方不明の子供探しってわけだ。
 こんなのこそ衛兵の仕事だと思うけど、何だろうね、衛兵の仕事。
 うろうろするだけで、小麦を一本盗んだらスターップとか言って牢屋にぶち込む仕事しかしてないのかな?
 
 なにはともあれ、今日はもう遅いので、一晩泊まってから明日捜査することにする。
 幸いリバーホールドにも自宅があるからね。
 

「で、お人好しのラムリーザは、人探しもやってあげるんだ」
「情けは人のためならずって言うだろ? 人に対して情けを掛けておけば,巡り巡って自分に良い報いが返ってくるというものだ」
「人に情けを掛けて助けてやることは,結局はその人のためにならないってことじゃないのかしら?」
「どっちや? 先輩はどっちだと思いますか?」
「人に対して情けを掛けておけば,巡り巡って自分に良い報いが返ってくるので、結果的に自分のためであり人のためではない」
「なんかめんどくさい理屈やな。で、リンゴうまいですか?」
「カジートはリンゴしか食べない」
「朝からエール飲んでいたことがあるくせに!」
 
 とまぁ、どうでもいい会話はそこそこにして、明日までゆっくり休むぞ、と。
 
 ………
 ……
 …
 
 清々しい朝を、洞窟の中に掘られた家で向かえる。
 明るい家に、住みたいなぁ……
 

「おはよう! 何か進展はあったかね?」
「フーアーユー? オ前ハダレダ、ナニヲシニ来タ?」
「私はナウシス・ディオだが? 息子は見つかったかね?」
「鎧脱いだのかよ。そしてこれから調査するところだよ!」
「それよりも聞いてくれ。あんたがグレイ・プリンスと戦うのを見たよ! オークが倒されると思った者など居なかったのに、あんたはそれを皆に見せ付けてやったんだ! ハハハハ!」
「情報が古いわ!」
 
 

 というわけで、女王様から聞き込み。
 しかし残念ながら、行方不明の子供は知らないとのことだった。
 まぁ末端の事件までは流石に知らないか。
 
「それよりも聞いてくれ。あんたがグレイ・プリンスと――」
「しっ、失礼します!」
 
 なんだ?
 ここは帝都から離れた地方だから、数週間遅れで放送でもされたのか?
 数週間前のグレイ・プリンスとの死闘を、昨日見たかのように騒いでいる。
 前回この町に来たときには、そのような話は一切していなかったのにね……
 
 
 しかし町をぶらぶらしているひとに聞いても、知らないと答えるだけであった。
 これはまさか――
 
「何者かの力が働いて、俺を行方不明の息子に会わせないようにしているのだ」
「ナウシスの妄想に出てくる息子のことかしら?」
「そうだ、実は息子など存在しないのだ。ですよね、先輩?」
「ジ=スカールは、その息子はオークレストの市場にいると思う」
「それニラーシャ」
 
 というわけで、ニラーシャの情報が手に入ったのと同じ宿屋に行ってみた。
 ジンクスみたいなものが存在するのも確かなのだ。
 

 今回は、ロブリン・テラーノというダークエルフが宿で休んでいた。
 そして情報では、「ヒトの子供なら、街道で見つけたな。たぶん君が言っていた子供だろう」とのことだった。
 監視塔を西へ行った所にある滝で遊んでいたというのだ。
 
「まさかあの追い剥ぎ?」
「追い剥ぎはカジートだったけど、ナウシスはインペリアルじゃないの」
「世の中にはチェンジリングというものがあってだな、人間の両親からカジートが生まれることも無いわけではない?」
「あなたとあたしの間には何が生まれるのかしら?」
「人類を超越した存在、スターチャイルドが生まれるのだ……(。-`ω´-)」
「何よそれ?!」
 
 
 とにかく情報が手に入ったので、西にある滝へと目指してみることにした。
 

 というわけで、西の滝である。
 この橋の向こう側に滝つぼがある。
 
「自殺滝の宝、8G」
「うるさいよ」
 
 緑娘はしょうもないことを覚えている。
 この分だと、老後まで鉄のダガーについてウダウダ言われそうな気がするなぁ……
 

 滝つぼを覗いてみるが、自殺滝を経験済みなのでこんなの大した事無い。
 俺からしたら、こんなのは滑り台みたいなものだ。
 

「誰かが倒れているわ」
「嫌な予感がしまくりで困ったな……(。-`ω´-)」
 

「やれやれ、このことをどう報告したら良いんだよ……」
「何か形見のものを持ち帰って報告するしかないわね」
「息子が滝つぼに落ちて死んだなんて言い出し難いな、君が代わりに言ってくれよ」
「いいえ、それはラムリーザ、あなたの仕事よ。自分の口で言わなかったら、言った時より後悔するわよ」
「何か前もそんなこと言わなかったか?!」
 
 これはあれだな。
 衛兵はこの息子が滝つぼに落ちて死んでいるのを知っていた。
 だから、ナウシスの依頼を断り続けていたのだ。
 そこに事情をしらない旅人がやってきた。ナウシスは、何も知らない旅人に依頼を取り付けることができたのだ。
 汚いな、さすが衛兵きたない。
 
 ………
 ……
 …
 

「息子は見つかったのか?!」
「このアミュレットは、息子さんのものですか?」
「ああ、そうだが……、いったいどこで見つけてきたんだ?」
「滝つぼに落ちて、お星様になっていました……(。-`ω´-)」
「なんだって?! そんな、嘘だろう? 心から愛していた息子が……、最悪の予感が当たるだなんて……」
「なぜ衛兵に頼まなかったのかな?」
「だれも手伝ってくれなくて、衛兵など私の顔を悲しそうな目で見つめるだけだったし……」
 
「俺は衛兵を信頼せずに、自分の力で物事を解決すると、心に決めた瞬間であった!」
 
「な、なんだ急に?! とにかくありがとう、これで亡骸は取り戻せるし、きちんと眠りにも付かせてやれる」
「グレイ・フォックスは、レックス隊長に頼ることなく、自分自身の力で蹴りをつけてやるんだ!」
 
 俺はここに来て、新たな使命に目覚めるのであった。
 衛兵が役に立たないのなら、俺が何とかするしかない。
 俺には魔術師ギルドも戦士ギルドもある。
 二つのギルドが力を合わせれば、盗賊ギルド一つなどに負けるわけがない。
 
 待ってろよグレイ・フォックス!
 オークが倒されると思った者など居なかったのに、俺はそれを皆に見せ付けてやったんだ! ハッハハハ!
 ――って、それはグレイ・プリンスだった(。-`ω´-)
 
 
 この時、ラムリーザの運命の歯車が狂い始めたことに気が付くものは、自分自身を含めて誰も居なかったので、ある――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記