home > 投稿 > > 第6回 練習生編2 平田さんとのスパーリングの巻

第6回 練習生編2 平田さんとのスパーリングの巻

 
 さて、「受け」の大切さを学んでから、俺は練習のたびにずっとそれを意識してきた。
 なんて言ってるラムリーザくんですが、これってトレーニングの選択次第でメッセージ変わるのかな?
 
 というわけで、ファイプロワールド、ファイティングロードのプレイ日記の続きです。
 前回は永田さんとのスパーリングを通じて「受け」の大切さを学び、トレーニングでも受けを重視して選んできました。
 どんどん身体が頑丈になっていくラムリーザくん、次は一体何が起きるのか?
 
 これがもうファミコン時代のプロレスゲームだと、受けなんてやってたらゲームオーバーですからね。
 ファイターハヤブサとかスターマンの出てくるプロレスゲーム、攻めて攻めて攻めまくって、相手には攻撃を食らわないようにして勝つ、そんなゲームでした。
 受ける、負けても評価される――
 この辺りの話は、ミスター高橋の暴露本が出てから、ゲームの方針も変わっていったことになるのかなぁ……
 例えばスーファミの純須杜夫ストーリーとかだと、試合内容そっちのけでとにかく勝つことを重視され、負けたらゲームオーバーだったと記憶します。
 
 ――と、誰か???が出てきました。誰だ?
 棚橋さんでした、覚えた。少し馴染んできた。試合している姿は見たことないけどw
 愛してま~すはちょっと……(。-`ω´-)
 
 どうせやるなら、ショア! と叫んでモップや鍋を持ち上げたいですね(謎)
 
 
 というわけで、今日も永田さんと平田さんが指導してくれるようです。
 同じ世代だと、中西学や小島聡は出てこないのかな。
 そう言えば三銃士だと、武藤は全日本に行っちゃったみたいだし、橋本は亡くなっちゃったし、蝶野は――なんだろ? 方正にビンタしているイメージw
 
 さて、再び永田さんから質問を投げかけられました。
 試合を見ていてどんな時に興奮する? だそうですが……
 
 80年代の小学生時代に金曜八時見ていた頃は、単純に猪木や鶴田天龍が勝ったら興奮していたな。
 90年代の高校時代に深夜番組録画して見ていた頃は、鶴田の無双っぷりに興奮? 新日本だと、平成維新軍の試合が好きだった――興奮してた記憶はないなぁ。
 
 ――と思ったら、ラムリーザくん、勝手に答えましたw
 得意技の応酬や必殺技が決まった時だそうです。
 
 なるほど、稲妻レッグラリアットが決まったら盛り上がってましたね。あの人はその後負けがちだったけど……w
 
 ――と、今日は「技の使い方」を教えてくれるようです。
 アイアンクローがまだ選択できないのですがーっ。
 とりあえずスープレックス系が得意と言うことで、七色のスープレックス――じゃないけどそんな感じだけど。
 とにかく早く、アイアンクロー解禁してよ、早く覚えてよ。
 

 今日の相手はスーパー・ストロング・マシン――平田さんです。
 やっぱり「しょっぱい」とは切り離せないのね。
 あなたがしょっぱい試合したのでしょ?!
 それでマシンから平田に戻ったけど、21世紀にはまたマシンに戻ったのね。
 
 そういやマシンと言えば、マネージャーの若松。
 80年代は子供心に腹が立つ奴だったけど、90年代には消えていたなぁ……
 

 ――と、ストーリーミッション2が来ました。
 得意技を16回以上使用し、必殺技を1回繰り出せですと?
 確認しないと覚えてないぞ、アイアンクロー来るまで適当でいいやって感じだったし。
 

 やはりこういうの狙ってしまうんだよね。
 こういうのやると、しょっぱいのだろうなぁw
 

 そしてこの流れが、得意技の連発として繋げられるので、ちょっと多用してしまいました。
 まず組んでダブルニープレスを仕掛け、起こして後ろから組んで投げ飛ばす簡単な作業です。
 そして組み技のダブルニープレスは、技クラフトで作った技です。
 この技は、ワークショップに登録してあるので、使ってみたいと思った方は、以下のリンク先に行って拾ってみてください。
 
ダブルニープレス(外部サイト、Steamワークショップに飛びます)

 

 そんなこんなで、ちょっと攻め過ぎたか、前回よりもちょっと評価は下がってしまって78%です。
 でもミッションはクリアしました。
 
 つまり、得意技を16回、必殺技を1回出しつつ、相手の技もしっかり受けなければダメということなのですね。
 あまり受けすぎると、16回も得意技出す前に負けてしまうのではないかと、ちょっと攻めが多くなってしまった感があります。
 まだそれほど打たれ強くないので、5回ぐらい受けると、もうカウント2.9とかギリギリになっちゃうので……
 
 
 さあ、どう評価してくれる?
 勝っちゃったけどw
 
 平田さんは「まだまだだな、でも悪くない」とのことでした。
 やっぱり勝っちゃったのがマズかったかな……(。-`ω´-)
 そして「自分のやることに気を取られて、試合全体の流れまで目が向いてない」とのことですが、確かにそれは言えてます。
 前述のとおり、16回も得意技出す前に負けたらダメだとしか考えてなかったからなぁ……
 
 待てよ……
 
 要求していることをこなした地点で、もっと受けまくってやればよかったのかな?
 
 
 そして再びトレーニングモードです。
 何を上げていこうか? 今回も4回トレーニングできます。
 まずはベンチプレスで絞め技と腕力を上げる。
 後は受けを重視して、まずは受身講習で、投げ技、飛び技、叩きつけの防御と、防御テクニックを上げる。
 そう言えば、回復力上げたらスタミナ上がるのだった。持久力トレーニングをやっておこうか。まずランニングを一回。縄跳びも一回、やっぱり呼吸がすぐ乱れるのもめんどくさい。
 

 ステータスは、蹴りの防御が4に上がっただけ。
 
 まだアイアンクローを覚えない……(。-`ω´-)
 必殺技にしたいのだけどなー。
 シナリオ達成率は1.5%になりました。
 
 丁度セーブできたので、今回はここまでにしておきます。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記