home > 投稿 > > フェンリルの洞穴

フェンリルの洞穴

 
 劣勢なドーンガードを立て直すために、俺達は人材を確保するため再び旅立った。
 まずは俺の手助けになるというバルバスからの事付で、フェンリルという者に会うことになった。

 フェンリルはここに居るらしい。
 洞窟の中か、隠者か何かかな?
 

 しかし洞窟はすぐに切り立った崖となっていた。
リセッテ「この下かしら?」
ラムリーザ「う~む、一人で見てくる」
リセッテ「気をつけてね……」
 

 ちと深い気がせんでもないが、気をつけてジャンプw
 
 …………
 

 道中は氷の洞穴になっていて寒い。
 それに所々、アイスウルフが屯していてやっかいだ。
 
 見つかる前に狙撃しつつ奥へと進む。
 

 これまた、いっぱいおりますなぁ……
 シンディングぐらいは連れてくるべきたったか?
 
 
 まあよい
 
 
 まとめて狙撃だ。
 乱戦にならなければ、相手の数など気にする必要は無い。
 アローレインでもブチ込むかなw

 ふぃ……
 死屍累々とはこのことかw
 
 
 奥には、一回り大きな白い獣が横たわっていた。
 そして俺の姿を見るなり、身を起こして寄ってきた。

フェンリル「待ってたぞ、ドラゴンボーン」
ラムリーザ「えっ、あ? え? 獣がまた喋ってる……、というかフェンリルてまさか」
フェンリル「如何にも、フェンリルだ。旧知のバルバスからの頼みでドラゴンボーンに力を貸すことになった」
 
 フェンリルさんじゃなくて、獣のフェンリルでしたか(;´Д`)
 バルバスからの言付けという地点で想像しておくべきだったか……
 
ラムリーザ「え~と、で、どうすると言うのだ?」
フェンリル「力を貸そう、ドラゴンボーンよ」
 
 
 なんてこったい!
 
 

 獣率が元に戻ったー(;´Д`)
 
 もう、動物との触れ合うガンマーとやらは必要無くね?
 俺の仲間もスゴイで、ほんま。
 たぶん俺の方が、動物と触れ合っているんじゃないかねぇ。
 
 ハイエルフ、ブレトン、犬、ユニコーン、ウェアウルフ、ヘラジカ、フェンリル
 
 バルバス(犬)がフェンリルに代わっただけだーーーー!!ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記