home > 投稿 > > ガンマーとクマ退治 ~フェンリル無双~

ガンマーとクマ退治 ~フェンリル無双~

 
 さて、フェンリルを加え獣率が増加した一行は、イスランが求める人材のガンマーを探すことにした。
 ひょんなところから、イヴァルステッド近郊に居るという情報を得たので、早速現地に向かうことにする。
 
 すると、村の外れに一人の戦士が身を潜めていた。

ラムリーザ「あんたがガンマーか?」
ガンマー「そうだ、気をつけろ。凶悪なクマがうろついている」
ラムリーザ「イスランが力を借りたがっているのだが」
ガンマー「あのイスランが? 他人に助けを求めるだと? 前代未聞だな」
ラムリーザ「敵が吸血鬼だからだろうな」
ガンマー「そうか、それなら話が変わってくるな」
 
 最初は話を聞く風ではなかったが、吸血鬼の話をしたとたんに顔つきが真剣なものとなる。
 星霜の書を持っていることも伝えてみると、天を仰いで叫んだ……
 
ガンマー「何て事だ、八大神よ!」
 
( ^ω^)b グッジョブ!!
 
 君は信頼できるよw
 安心して付き合うことができるよw
 困っていることがあるなら何でも言ってくれ。
 
 その困っていることが、近隣を脅かすクマの存在だった。
 クマ退治さえ終われば、イスランに力を貸してもよいそうだ。


 そこで、クマが生息しているという「ハニーストランド洞窟」へと向かうことになった。
 ハニーね。
 名前が表すかのように、洞窟の側にはハチの巣があり、ハチが飛び回っているよ。
 蜂蜜があるんだろうな、だからクマが集まるんだよ。
 

 中は洞穴という感じだ。
 クマも数匹居るようだ。
 早速狙撃を……
 
 おい?
 

 フェンリル?
 突っ込んで行ったと思ったら、なんかすごい攻撃しているのですがー
 氷のマシンガンとでも言うのでしょうか(^^;
 

 ドカーン!
 フェンリルが勝手に暴れる暴れる。
 俺、見てるだけw
 クマ一匹すっ飛んで行ったよ!
 
 こ、これは……
 バルバスからの凄まじい贈り物だな……(。-`ω´-)
 

 いつもの突進コンビも健在。
 つーか、片付いたよ!
 結局俺、何もしてねーよ!!
 
 戦わずして勝つ!!!
 
 

 すっ飛んだクマが壁に頭からめりこんでいるw
ラムリーザ「片付いたようだね(何もしてないけど)」
ガンマー「自力ではどうなるかわからなかった、ありがたい」
ラムリーザ「俺も自力では何もしてないけどな!」
 
 クマ退治が無事に終わったことだし、ガンマーはドーンガード砦へと向かうことにするようだ。
 ドーンガード砦についてはよく知っているようで、問題なさそうだ。
 
 
 次はブレトンの娘か、名前は何だっけな。
 リセッテでいいなら間に合ってるぞw
 
 あ、宝箱発見。
 お金が入ってる、頂き♪
 
~ Mission Complete ~
 
 
今回入手したもの
 177G
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記