home > 投稿 > > ホワイトランにて1 ~緊急事態~

ホワイトランにて1 ~緊急事態~

 
リセッテ「ちょっと! あなた何よ!」
サーディア「あいつらの仲間なの? 私を好きにできると思っているの? もし指一本でも触れたら、その指をなくすわよ!」
 

 …………(;´Д`)
 突然ナイフを突きつけられちまったい。
 この人はサーディアというレッドガードの女性。
 なんか知らない間に、ヤバイことに巻き込まれてしまた模様……
 
 
 リバーウッドで休養を取った後、久しぶりにホワイトランに行ってみようということになったんだ。

 そこでアクリルの戦士であるレッドガードの二人組に、ハンマーフェルから来た逃亡者を探しているといると言われた。
 市中のとこかにいる「レッドガードの女」をここで探すよう言われたのが発端だ。
 彼らは、何か情報を掴んだら報酬を支払うと約束をして、ロリクステッドに去っていった。
 
 ホワイトランでレッドガードの女性は珍しい。
 見かけたらすぐにわかる。
 ベレソアの店や、宿屋を回ってみたところ……

 宿屋で給仕をしているレットガードの女性を発見した。
 そこで、アクリルの戦士について話をしてみたらこのザマだ。
 
ラムリーザ「怪我をする前にそいつを置くんだな。俺に下手なことをしたらウェアウルフがヤバいぞw」
サーディア「ごめんなさい、ただ……、傷つけないで下さい。あいつらの仲間じゃないことは知っています」
 
 彼女は、実はイマンと言うハンマーフェルのスーダ家の貴族の娘だそうだ。
 見つかったら、ハンマーフェルまで連行されて処刑されるそうだ……
 だからアクリルを追い払って欲しいと……
 
 
 さて、どうしたものか……(。-`ω´-)
 
 
リセッテ「私はあなたに剣を向けるような女を信用できないわ」

 う~む……
 
 
 だいたいハンマーフェルって、アルドメリ自治領を追い払って独立した所だろ?
 そこから逃げてきたということは、アルドメリ自治領派だったってことじゃないのかね。
 
 俺はサルモールには全面的に協力する気は全くない。
 だが、サルモールに不利なことはしたくない……、エレン姉やんが怖いから(^^;
 
 ここでハンマーフェルの味方をすれば、サルモールに逆らうことになる。
 サルモールに逆らうのは気にしないが、エレン姉やんに逆らうという行為はとんでもない(^^;
 この娘を差し出したら、ハンマーフェルが喜ぶことになるんだ。
 
 
 匿ってやるか……
 
 
 だが匿うと言っても何をすればいいのだ?
 
サーディア「連中は傭兵で、お金のために動いているだけです。リーダーのケマツという男を倒せば、後は散り散りになるでしょう」
ラムリーザ「そいつはどこに居る?」
サーディア「街に忍び込もうとして、捕まった者が居ると聞きました」
 
 つまり牢屋ね。
 
 
 よし決めた。
 この娘を助けてやる。
 ただし、ハンマーフェルで傭兵になると行って出かけたエリクが絡んでいたら、
 エリクに手柄を立てさせてやるために差し出そう。
 
 
 というわけで、情報手集開始だ。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記