home > 投稿 > > 不思議な不思議なカ○ン塔

不思議な不思議なカ○ン塔

 
 3人と1匹の旅は続く。
 ファルクリース監視塔を後にして、ファルクリースへと向かう。
 
 その途中、妙な建造物を遠くに確認した。

 あれはなんぞ?

 えらく高いが……
 
 天高くそびえ立つ塔は、湖の中にある小さな島にあるものだった。
 そこでは漁民が漁の準備をしていたものだ。

漁民「もう何年も、この辺りで狩りや漁をしている」
ラムリーザ「で、あの塔は、なんぞ?」
漁民「名前は知らないわ、でもずっと昔から立っているの。その頂には仙人様が住んでいなくて、聖水も無いのよ」
ラムリーザ「なんやそれw」
 
 要するに何もないただの塔ってわけだよな。

 しっかし高いな。
 神々の住む世界にたどり着けるのではないだろうか……
 
漁民「そこの入口から入ると登っていけますよ」
 
 左様でごじゃるか
 ならば、ちと登ってみますか。
 

 なんて所だ、吟遊詩人の跳躍なん目じゃないぞ?!
 

 しかもなんか妙に生活感あるんですがーあっw
 あの漁民の住処……、なわけはないか。
 
 言われた通り、仙人様も住んでないし、聖水もない。
 いったい何のための場所なんだよ……
 
 
リセッテ「なんだか私達が神様になった気分ね」
ラムリーザ「そういう考えもあったか」

 あ、ブリークフォール墓地があんな下に見えるぞ。
 
 ちと高すぎるが、眺めは良い。
 ソリチュードから大分離れたよなぁ。
 この辺りって、リバーウッドの近くなんじゃないかな。
 
リセッテ「あなたと一緒に冒険できてよかった」
ラムリーザ「それはなによりです」

リセッテ「飛び降りちゃダメよw」
ラムリーザ「誰が飛び降りるかw」
 
 
 結局この塔が何なのかはわからないが、スカイリムを一望できたのだ。
 それだけでも登った価値はあったものだ。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記