home > 投稿 > > 北シュリークウィンド砦前編 ~エリクの成長~

北シュリークウィンド砦前編 ~エリクの成長~

 
 3人と1匹の旅は続く。
 謎の塔が気になって回り道をしたが、軌道修正してファルクリースへと向かう。
 

 しかし再び遺跡発見。
 
リセッテ「見つけたものは行ってみましょうよ」
エリク「僕もそうしたい、とにかく経験を積みたいんだ」
ミーコ「わんっ」
 
 わかったよ(;´ー`)
 
 
 というわけで、遺跡の探検を行うことになりました。
 

 待ち構えていたのは吸血鬼!
 そういや俺達には一応目的があって、ドーンガードの吸血鬼がどうのこうのって話だったな。
 ハーフムーン工場のハートさんも吸血鬼っぽいんだが……
 まぁ襲いかかってくるわけじゃないからいいか。
 
 

 とりゃ
 前衛が足止めして、俺が必殺の一撃を打ち込むスタイルは固まった。
 
エリク「こんなに古い場所は見たことない。1000年以上前のものだぞ?!」
ラムリーザ「シロディールの守護者が活躍したのが200年前……、その五倍かよ」
 

 しかしなんかすごいところだな。
 らせん状に通路が続いているっぽいな。
 どんどん登っていくって形か。
 何のための遺跡なんだろう……
 入口に吸血鬼がいたから、吸血鬼のアジトというところかもしれない。
 
 スケルトンまで出現しやがる。

 任せたぞエリク。
 慣れてきたな、スケルトン程度だと一人でも十分だな。
 

 さりげなく俺も狙撃。「わんわんお」邪魔!

 どやーっ!
 
 というふうに、冒険慣れしてきた一行の前に敵はない。
 
 悩むとしたら仕掛けですな。

 本物一つで後は罠っぽいな……
 どれが正解だ?
 
エリク「ハズレを引いても僕が片付けるさ」
 
 どういう意味だ?
 

 なるほどねw
 ハズレのドアが開くと、スケルトンが雪崩込んでくるわけねw
 
 それでは適当にひとーつ、カチッ
 
 グオゴゴゴゴゴゴゴ!
 

 なんか岩戸が開いたぞ?
 うむ、行き止まり、何もない(。-`ω´-)
 
 
 もう一つ、カチッ
 
エリク「アタリだな!」

 違うだろw
 まあよい、任せた。
 
 しかし本当にエリクは冒険慣れしてきた。
 一つの方面を任せられるもんな。
 そろそろ独り立ちしても良いかもしれん。
 ずっと俺たちの傭兵ってわけにも行かないもんな。
 
 さて、その先は宝箱と、鎖の仕掛けがあった。

 どうしたものか……
 
ラムリーザ「おい『わんわんお』、どの鎖を引く?」
ミーコ「わんっ」
ラムリーザ「これか」
 
 ガラガラガラ
 

 閉じ込められてしまった(。-`ω´-)
 
リセッテ「何やってんのよ」
ラムリーザ「さーw」
 
 これほどのものの罠があるんだ。
 よっぽど大事なものが納められているに違いない!
 
 うわー、すげー、67Gもはいってるー(棒読み
 あとは、ガラクタでした(;´ー`)
 
 
 なんやもー
 
リセッテ「……それで、出られるの?」
ラムリーザ「多分、鎖を……」
 
 ガラガラガラ
 
 罠じゃない、ただの扉でした。
 
 
 
 とまぁ、こんな具合に順調に遺跡の探検が続く。
 楽勝だと思われ始めた時、足元に再びあるものが現れた。
 

 罠だ……
 
 踏むぞ
 すぐ踏むぞ
 絶対踏むぞ
 ほら踏むぞ
 

 ほらもー
 
 しっかりしてくれ。
 
 さて、この遺跡は最初に思ったとおり、らせん状に登っていくみたいだ。

 だいぶん登ったな。
 もうそろそろ終着点かいな。
 登りきった所で、何があるのかはさっぱりわからんけどな。
 
 ……っと、敵の指揮官のようなものが現れた!
 全身鎧で身を固め、俺たちに襲いかかってくる!
 
 ……が中身は吸血鬼だろなw
 
 しかし、戦闘に関してはもう問題ではない。

 エリクが引き付け――

 ――鎧の隙間に撃ち込む!
 俺とエリクの連携もバッチリになってきた。
 罠とかの対処はまだまだだが、戦闘はもう十分だな。
 
 
 というところで、後半に続く。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記