home > 投稿 > > 吟遊詩人大学編5 ~オラフ王の詩歌~

吟遊詩人大学編5 ~オラフ王の詩歌~

 
 俺の名前はラムリーザ、吟遊詩人を目指す者。
 
 詩人になるとすべての武器が使用できて、魔力を半分まで使用できるようになるんだよね。
 
ウラッグ「それは恐怖のエクソダス、それと詩人ではなく『しじん』だ」
 
 ……幻聴のクセに細かい突っ込みだな(。-`ω´-)
 
 
 さて、「オラフ王の詩歌」を無事持ち帰ることに成功したので、学長であるヴィアルモさんに届けることにした。
 これでリュートの授業してもらえるよね!
 

 さあ、見てみよう。
 
ヴィアルモ「おお、弱ったな。これではまるでダメだ」
ラムリーザ「ダメ?! 話が違うじゃないか!ヽ(`Д´)ノ」
ヴィアルモ「この写しは不完全で、所々判読できないほど古びている……」
 
 例の黒塗り部分のことだな。
 黒塗りの部分が分からないと、宮廷で読み上げられないので意味が無いということらしいが……
 試験は「取ってくる」所までで、その先は知らんぞ(;´Д`)
 
ラムリーザ「じゃあさ、その黒塗りの所は適当に作り出したらいいじゃんよ……」
ヴィアルモ「作り出す? それは適切とは思えないな」
ラムリーザ「考えてみるから、分かるところを最初の一行から読んで行ってみようよ」
 
 埒が明かないので、創作することにしたよ。
 どうせ黒塗りだから元々何書いていたか知らんしなw
 
”オ、オラフ、我々の征服者、独眼の裏切り者……”
”死をもたらす悪魔でドラゴンを殺した王”
”お前の伝説は嘘ばかり、それは毒々しい虚偽”
”お前は狡猾にヌーミネックスを捕らえた、それは世紀のペテン”
 
ラムリーザ「ヌーミネックス?」
ヴィアルモ「オラフ王はドラゴンのヌーミネックスを捕らえ、ドラゴンリーチに連れて行った話は有名だ」
ラムリーザ「ペテンなんでしょ? オラフ王の正体をそのヌーなんとかにして自作自演ってことにしたらどうかな?」
ヴィアルモ「まったく非現実的な話に思えるが、宮廷は気に入るだろうな」
 
 ……こんな適当なんでいいのかよw
 
”オラフは力をつかみ取った、約束と脅迫で”
”ファルクリースからウィンターホールドまで、人々は跪いた”
”だが正真正銘、スカイリムを保護する者、ソリチュードは断固としていた”
”オラフは即座に報復した、激しく厳しく”
 
ヴィアルモ「奇妙だな。歴史によると、ソリチュードはウィンターホールドを攻撃したが、アスゲールはオラフが反撃したといっているようだ」
ラムリーザ「オラフがドラゴンに変身して倒したことにしたらどうですか?」
ヴィアルモ「それは面白い! 宮廷と首長は気に入るに違いない」
 
 ……適当に言ってみたのに(。-`ω´-)
 オラフ王がドラゴンでいいのかよw
 まぁいいや、入学できてリュートの勉強できさえすれば、詩歌の内容なんてどうでもいいしw
 
 
ヴィアルモ「直ちに宮廷へ行き、これを見せよう。一緒に来てくれ」
ラムリーザ「…………( ゚д゚ )」
 
 適当に作った詩歌を披露するのは良いが、俺を巻き込まないでくれ(。-`ω´-)
 ……と言っても学長に逆らって入学取り消されたらアレだし、行きますか。
 
 

 いったいどうなることやら。
 
 
 しかしこれでブルーパレスに赴くのも5回目かぁ。
 最初は物見見物がウルフスカル洞窟掃討の話になり、2回目はパインムーンの吸血鬼退治。
 3回目はしばらく留守にする挨拶が角笛運び、4回目はリセッテさんとポテマ問題の続きを聞きに……
 
 最近では、ホワイトランよりもソリチュードの方がすっかり馴染みになってきたなぁ。
 

 うわー、宮廷の人々勢ぞろいだぞ?
 こんなことなら、無難な選択するんだったな……
 
”オ、オラフ、我々の征服者、独眼の裏切り者……”
 
 
 ああ、始まってしまった!
 
 知ーらないっと(。-`ω´-)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記