home > 投稿 > > 吟遊詩人大学編4 ~死者の安息所、隻眼のオラフ王~

吟遊詩人大学編4 ~死者の安息所、隻眼のオラフ王~

 
 俺の名前はラムリーザ、吟遊詩人を目指す者。
 
 吟遊詩人の大学に入るための試験として、オラフ王の詩歌を「死者の安息所」から探してくることになった。
 幽霊――恐らくスヴァクニールと思われる幽霊に導かれるような形で進み、黒塗りされた詩歌は見つけ出すことが出来た。
 
 そこで終わっても良かったのだが、幽霊は封印されていた扉を開け、奥に消えていった。
 そしてそこには何故かオオカミの毛皮を纏った者・・ポテマの壁画があった。
 最後まで見届けないと、なんかモヤモヤが残る気がしたので、ついでに奥まで行ってみることにしたのですがーあっ!
 
 

 なんだこのゾンビの集団は?
 これが「死者の安息所」の本体ってことか?
 やっぱりこれはポテマが絡んでいるのだろうな……
 
 ……これって突っ込んだら袋叩きだよなw
 ここは気がつかれないように狙撃しかないな。
 
 よーく見たら、装備をつけているゾンビと裸のゾンビと居るんだよな。

 そういう戦う気満々のやつに先制攻撃だw

 奥の方に強そうなのも控えているな。
 動き出す前に片付けるのが一番安全で――
 
スヴァクニール「オラフ! 時が来たぞ!」
 
 ――しゃべった?
 この幽霊しゃべれたんだ……
 
 ……黙っていたら狙撃で片付けられたのに(。-`ω´-)

 そんなに乱戦にしたいですかw
 まぁ、幽霊だから不死身なんだろうが……
 
 
スヴァクニール「蘇れ、オラフ! 我が復讐の時だ!」
隻眼のオラフ王「無礼な吟遊詩人め……、死ね!」
 

 俺を置いといて勝手に話を進めるスヴァクニールの幽霊とゾンビの親玉の隻眼のオラフ王w
 
 
 ゾンビってさ、もう死んでいるはずなのに、昔の自慢ばかりしては威張り散らし、剣を振り回してるよな?
 だがついに黙る時が来た。霊感少女ラムリーザがゾンビに……、話す事なんてねーよw
 
 スヴァクニールも戦う戦う、隻眼のオラフ王に殺された怨念が残っている……ってところなのかな。

 今こそ幽霊が無念を晴らし終わり、その魂を成仏させる時だ!
 
 そして聞こえたのは激しい弓の弦の音、ラムリーザの渾身の一撃。
 

 自慢屋ゾンビの腐った顔は、永遠にその体とおさらばしてなーいw
 
 その後、無念を晴らした幽霊は、リュートを奏で、光に包まれて消えて行ったのさ……

 
 ………
 ……
 …
 

ラムリーザ「――という話だったのさ。幽霊も成仏できてよかったよな」
リセッテ「ふ~ん。それで『赤のラグナル』は?」
ラムリーザ「それは後日、乞うご期待っ。ところで、今夜時間取れるかな?」
リセッテ「ごめんなさい、夜は仕事で忙しいの……」
ラムリーザ「……そっか(´・ω・`)」
(まさかジョーンと先約がある……ってことは無いだろうな?)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記