home > 投稿 > > 魔導師大学完結編5 ~ラビリンシアン深淵&護民官エリア~

魔導師大学完結編5 ~ラビリンシアン深淵&護民官エリア~

 
 俺の名前はラムリーザ、見習い魔導師のジェイザルゴ(偽名)だ。
 
 
 これまた見習い魔導師のジェイザルゴ(本物)と共に、マグナスの杖を求めてラビリンシアンを彷徨っている。
 
 コンビ名は、ジェイザルゴーズ(謎)
 もちろん俺が1号。あくまで「偽名」だが1号w
 パ○マンのグループだって、猿が2号だったわけだし、2号が猫で問題なかろう……
 
 ……なわけねーよw
 
 
 こほん
 
 
 しかしこのラビリンシアン。
 アークメイジ様の幻影が至る所に……

 いったい何を示そうとしているのだろうか?
 
 
 まあよい。
 
 
 先に進むか。
 
 しばらく進むと、目の前に封印されたような扉が。
 凍りついているみたいなので、炎で融かせばよいのだろうかな。
 
 というわけで燃やしてみると、冷気の魂とかいうのが出てきた(;´Д`)
 
ジェイザルゴ「タッグ・フォーメーションC!」

 何の捻りも無い(ry
 しかしジェイザルゴよ、そこは炎魔法だろうがw
 チームワークが良さそうに見えるのは錯覚だからなっ!
 
 しかし、結構深い迷宮だな……
 ラビリンシアンって、ラビリンスから来ているんかいな。

 永遠なんて、そう長くはない

 孤独に暮れるだけ

 お前は無力だ!
 
ウラッグ「歌とSSと、何の関連性も無いぞ」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 しかし何だ。
 敵まで霊体化してきたぞ?
 ちょっと捻って来たつもりだろうが、実質ゾンビだと言う事は誤魔化せないけどなw
 
 予想通りここもゾンビの巣窟だ!
 
 
 さて、護民官エリアか。
 いよいよ目的地が近付いてきたってことか?
 
 いや、護民官の意味がよくわからんがw
 
 
ジェイザルゴ「危ない!」

 ドカーン!
 なにごとじゃあ!
 
 あのクリスタルが砲撃しているのか!

 狙撃で落とす!
 ふぃ……
 
 しかし俺は突き飛ばされて無事だったが、身代わりとなったジェイザルゴは……

ラムリーザ「ジェイザルゴ、お前……」
ジェイザルゴ「……爆発って痛いものだなー」
ラムリーザ「……お前はここで休んでいろ」
ジェイザルゴ「すまない、ラムリーザ……」
 
 
 何なんだよ、このなんとも言えない気持ち……
 
 
 余計なことしやがって……
 お前はそんなんだから「あほんだら」なんだよ!(´;ω;`)
 
 
 
シリアスになったところで、つづーく
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記