home > 投稿 > > 魔導師大学完結編4 ~タッグ・フォーメーション~

魔導師大学完結編4 ~タッグ・フォーメーション~

 
 俺の名前はラムリーザ、見習い魔導師であるドラゴンボーン。
 マグナスの杖を求めて、ラビリンシアンの探索をしているところだ。
 
 
 中に入って少し進んだ所に、妙に広々とした空間が現れたが、そこはスケルトンの巣窟だった。

 うーむ、多いな……
 ジェイザルゴに自分の作った例の巻物を使わせて飛びこませるか?w
 
とりあえずここで少し作戦会議をして……
 
ジェイザルゴ「よし、タッグ・フォーメーションAだ!」
ラムリーザ「待ってたぜそいつを!!」
ウラッグ「お前らは超○師弟コンビか?」
 
 ……しまった、つい乗せられてしまった(。-`ω´-)
 
 
 しかしこの作戦は完璧だ。

 俺の合図でジェイザルゴが門を開けて、すぐに撃つ。
 そして発射後、門をすぐに閉じることによって、スケルトンの侵入を防ぐ。
 一方的に攻撃できますなー。
 なかなか息の合ったコンビネーションだ。
 
 ……ちょっと待てw
 俺はこのあほんだらを嫌っているw
 なのになぜ息が合うように身体が勝手に動くんだ……ww
 
ウラッグ「表面上ジェイザルゴを憎もうとしても、心の奥底では通じ合っているのだ」
 
 ……それはない(ヾノ・∀・`)ないない
 
 
 
 スケルトンを片づけた後、安全を確認して広場に侵入したんだが……

 真打が残っていやがった!
 ドラゴンゾンビかよ!
 
ジェイザルゴ「よし、タッグ・フォーメーションBだ!」
ラムリーザ「Bまであるんかい!!」

 とりあえず、ジェイザルゴの魔法と俺の弓をぶっ放すだけ。
 何の捻りも無い、ごり押し戦法!
 インスタントチームのコンビネーションは精々この程度だw
 

ジェイザルゴ「ジェイザルゴとお前が組めば、恐れるものは何もないな」
ラムリーザ「しかしお前、実戦経験少ないのに堂々としているな……」
ジェイザルゴ「カジートは魔術師としては知られていない。だからジェイザルゴは多くを証明しなければならない」
ラムリーザ「…………」
 
 
 ふ~む、こいつもこいつなりの信念に基づいて行動しているんだな……
 ちょっとは見直したが、自爆魔法の件を許したわけではないからなw
 
 
 
ウラッグ「しかし、お前たちのチームワークは最高だな」
 
(∩゚д゚)アーアー聞こえなーい
 
 
 
さらにつづーく
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記