home > 投稿 > > イヴァルステッドにて ~危ないおっさんと迷惑なハイエルフ~

イヴァルステッドにて ~危ないおっさんと迷惑なハイエルフ~

 
 俺の名前はラムリーザ、さすらいの放浪者である荒野の狙撃手、しかし実態はドラゴンボーンのジェイザルゴ(偽名)である。
 
 アルドゥイン対策のシャウトを求めて、ハイ・フロスガーのアーンゲール師を訪れる所だ。
 そして再び世界のノドの麓町、イヴァルステッドにやってきたわけですがーあっ!
 
 

 クリメクさん、まだ廃屋を見ている……
 
ラムリーザ「クリメクさんお久しぶりっす」
クリメク「おぅ、お前か、あの時はあんがとよ」
ラムリーザ「……えっと、ずーっとそこで何をしているんでしょーか?」
クリメク「……釣りをしているんだ」
ラムリーザ「……え~っと、針も糸も竿も無しで釣れる?」
クリメク「釣れるわけねーだろ!」
 
 ……危ない人だ(^^;
 もうボケが始まっているんですね(´・ω・`)
 
 
 まあよい。
 
 
 

 これは何だろう?
 
ファストレッド「それを使って、穀物を粉にするのよ」
ラムリーザ「へ~、おもしろそうだな」
 
 ちょっとやってみよう。
 

 穀物は無いけど、パンにチーズと卵があるぞ。
 これを潰してみよう。
 

 ご~りごり
 
 バリバリグシャグシャ
 
ファストレッド「ちょっとあなた! 何をやっているの?!」
ラムリーザ「ちょっと試しに……」
ファストレッド「それ何? チーズと卵?! やめてよ! そんなぐちゃぐちゃにされたら粉が引けなくなるじゃないの!」
ラムリーザ「え……?」
ファストレッド「ちゃんと掃除して乾かして頂戴! あと、食べ物を粗末にしないで!」
ラムリーザ「……ごめんなさい(´・ω・`)」
 
 
 いらんことしてないで、さっさと山を登ろう(^^;
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記