home > 投稿 > > ドラゴンボーン編26 ~カーススパイアー~

ドラゴンボーン編26 ~カーススパイアー~

 
テュリウス将軍「ホワイトラン防衛御苦労。さて、お前に問うが、ウルフリックとは何者だ?」
ラムリーザ「はい、ウィンドヘルムの首長でストームクロークの親玉であり、上級王殺しである我々の宿敵であります」
テュリウス将軍「よろしい、次の指令が下るまで、しっかり休んで英気を養っておくように!」
 
 
 俺の名前はラムリーザ、さすらいの風来坊(リセッテ命名)であるジェイザルゴ(偽名w)だ。
 
 考えてみたら、リバーウッドだのリフテンだのホワイトランだのウィンドヘルムだの……、確かにさすらっているなw
 リセッテさんは人を見る目があるんだなーっ
 あ、でもホワイトランにちゃんと自宅持ってるぞ!
 
 
 
 さて、ホワイトラン攻防戦が終わったので、しばらくは次の作戦立案時間となり、一介の兵士である俺はしばし休暇となる。
 ハドバルにリバーウッドへ飲みに来いよと誘われたのだが、俺はその期間を利用して 「アルドゥインの壁」 を見に行こうと思っている。
 
 サルモールの事を考えると、あまりブレイズと関わるのは危険極まりないが、「忘れ去られた地」とか言ってたからそこまでサルモールの手は伸びていないだろう……
 
 そして何よりも、ドラゴン探求の旅はドラゴンボーンとしての力を探す旅でもある。
 ストームクローク、そしてウルフリックとの戦いに向けて、俺は力を欲している。
 
 
 つまり、そこには俺を偉大なドラゴンボーンにする何かがあるはずなのだ。
 この旅を続けることによって俺は大成するよ、それは間違いない。
 
 
 
 ……なんか今、無茶苦茶自己嫌悪に陥った(;´Д`)
 
 
 名前を語っていたら精神まで同化してきているのだろうか……
 
 最悪だ(´・ω・`)
 
 
 
 
 

 絵合わせ? ヒントはなにか無いの?
 
デルフィン「無いわ」
ラムリーザ「それじゃ、適当に……」
 
 ゴロゴロ

 お、当たった。
 
 
 ここはカーススパイアー。
 スカイハイ……じゃなくて、スカイ・ヘブン聖堂に通じているはずだ。
 
 デルフィン、エズバーンと合流して、奥に進んでいくことになった。
 しかし、ここには何か仕掛けのようなものが存在しているのだ……
 
 
エズバーン「ドラゴンボーンの印のみ踏むのだ……」

 同じ印のところを通ればOK。
 絵だけでよかった。
 これが「神の名前を辿れ」とかだと、ちんぷんかんぷんだしなw
 
 
 ここにはいくつかの失われたアカヴィリの技術があり、我々の行く手を阻むような感じになっている。
 そしてこの「血の印」もその一つだ。

 この門を開ける引き金は「血」らしい。
 
エズバーン「ドラゴンボーン、お前の血だ」
ラムリーザ「俺かよ(^^;」
デルフィン「血を取るのに助けが必要なら教えてね」
ラムリーザ「ちょっと待った、何故刀を抜くのですかー、わかりましたよっ」
 

 もう人生に疲れました(´・ω・`)
 
デルフィン「…………」
エズバーン「…………」
ラムリーザ「何か突っ込んでくださいよ(^^;」
 

 くっ……
 これだから冗談が通用しない相手は嫌いなんだよ……
 こいつら嫌いだー!
 
 
 さてと、この先がスカイ・ヘブン聖堂になるのかな?
 
 
つづーく
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記