home > 投稿 > > ゴブリンの暴挙 ~ゴブリン同士の戦争~

ゴブリンの暴挙 ~ゴブリン同士の戦争~

 
 ここはクレストブリッジ野営地。

 どうやらゴブリンから被害を受けて、ここまで逃げてきたらしい。
 ゴブリン絡みの事件が最近多いな? ゴブリンスレイヤーはちゃんと仕事をしておるのかえ?
 衛兵は街路を巡回しておるようだが、ゴブリン退治はしないのだろうか? 時々鹿を追いかけているが……
 
 で、この人たちの話を要約すると、この三人はハイ・ロックという場所から来た家族で、クロップスフォードという新しい土地を開拓しようとしたのだ。
 そこで伯爵領から許可を得たのだが、この辺りは元々ゴブリンの縄張りで、そのゴブリンが襲い掛かってきたと。
 野外ガイドのミリサという人の話では、ここにはゴブリンは二つの派閥に分かれていて、クロップスフォード近辺で抗争しているらしい。
 本来ゴブリンは、洞窟から出てくることはほとんど無いのだが、それぞれの派閥の住処のの中間点にあるクロップスフォードが戦場になってしまったというのだ。
 ゴブリンの抗争さえ終われば、クロップスフォードが荒れることは無くなるというのだ。
 

 話が長くなるから、聞いたことは進みながら説明するぞ。
 ゴブリンは普段はあまり戦争はしないのだが、今回はゴブリンの部族のトーテムヘッドが他の部族に盗まれたということで、戦争勃発したらしい。
 だから抗争を終わらせるなら、ティンバースカー洞窟に潜入して、トーテムヘッドを取り戻して元の部族にもどせばよいというのだ。
 
 あまりのんびりしてられないが、困っている人が居たら見逃せないのが俺の美点――だと思う。
 

 というわけで、ティンバースカー洞窟にやってきた。
 クラックウッド洞窟のゴブリンシャーマンを退治する方法もあるらしいが、こっちの洞窟の方が近いからこっちで仕事することにした。
 
 中にはゴブリンが数匹居るようだが、退治ではなくてトーテムの回収が目的だから無駄な戦闘はしない。
 だが、その中のリーダーのようなものが、俺の姿を発見したらしく襲い掛かってきた。

 雷魔法の撃ち合い。
 ゴブリンって、粗野に見えて魔法とか使えるものも居るから驚きだね。
 それとふと思い出したのだが、ハルムズ・フォリーではゴブリンは計画的に襲ってきたとかあったような……
 トーテム回収だけでいいのかなぁ、全滅させといた方が良いような気がするが、どうなんでしょう旦那?
 

 というわけで、襲い掛かってきたゴブリンを退治したところ、こいつがトーテムらしき物を持っていた。
 これをミリサの所へ届けたらいいのかな。
 
 再びクレストブリッジ野営地にて。
 ミリサの姿が見えないな、と思ったら――

 野草にまみれたままテントの中で寝ていた。テントを設営する場所、間違えているだろう?
 まぁ、野草が布団代わりになって気持ちよいのかもしれんけどな。
 
 さて、次に何をするべきか? という話になったが、何もしなくていいそうだ。
 ティンバースカー洞窟からトーテムヘッドが無くなったことを知れば、相手も攻撃を止めるのだそうだが……
 そんなに簡単にいくかねぇ?
 
 まあいいか、のんびりしてられない身だし、これで終わりなら終わりにしてさっさと魔術師大学に戻ろう。
 
 全てが終わったことを、開拓者のバルセルに報告して、今回の仕事はおしまい。
 クロップスフォードの開拓を再開できると喜んでくれた。
 そこに顔を出してくれたら、英雄として迎えてくれるらしい。俺は英雄か、ふぁっふぁっふぁっ( ^ω^ )
 
 

 ちょうど通り道にあったので、クロップスフォードに立ち寄ってみる。村を作り始めたところでゴブリンの抗争に巻き込まれたようだな。
 ゴブリンの抗争は終わったらしく、周囲には何も居るような気配は無い。
 後日完成した時に、また立ち寄ってみますか。
 
 そういえば、トーテムヘッドは俺が持ったままでよいらしい。
 大丈夫か? ゴブリンが俺のところへ取り戻しに来るとかないだろうな?
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記