home > 投稿 > > ビホルデンの祠 ~目玉集め~

ビホルデンの祠 ~目玉集め~

 
 さて、ディープスコーン空洞で無駄な時間を過ごしてしまい、すっかり日も暮れてきた頃だが、ビホルデンの祠である。

 場所は、ディープスコーン空洞のちょっと西。ディープスコーン空洞のある小島からも祠は見えていた。
 というわけで、今夜はここに泊るため――じゃないけど早速突撃してみたよ。
 
 祠と言うが、中は洞窟みたいなものだった。

 なんかスライムみたいなものが襲い掛かってくる。
 それほど強くないので、殴っていれば簡単に退治できるぐらいだ。
 
 そもそも何のために作られた祠なのか確認していなかった。
 祠と言えば、これまでに訪れた場所と言えば全て「デイドラの祠」である。
 ということは、ビホルデンという神様を崇めるための祠なのだろうか……、ただの洞窟になっているが。
 

 そんなことを考えていると、目の前に目玉のお化けが現れた!
 こいつがビホルデンか! 表現に気をつけないといろいろうるさいぞ! って何の話だ!

 ぶっちゃけて言えば顔だけなので、体当たりしてくるか魔法を使ってくるかだけである。
 つられてこっちも殴り返してやっつけたが、こいつは何も持っていなかった。
 ビホルデンの幼生。幼生ということは、この奥に親玉が居るということだろうか?
 
 しかし退治を依頼されたわけでもない。
 ディープスコーン空洞のついでに立ち寄ってみただけだ。
 目的も無いまま、奥へと進んでいくことになった。
 

 途中、ネズミの死骸と骨を発見。
 ネズミは死骸の割にはまるで生きているような雰囲気をしている。
 骨の正体は毒人間で、それを骨になるまでかじったネズミが、そのままくたばってしまったのかなぁ?
 

 次に出てきたのは、スライムの親玉みたいなやつ。
 こいつは気をつけて戦わないと、ヘドロまみれにされてしばらく行動ができなくなってしまうのだ。
 動きは鈍いので、距離をとって霊峰の指で戦えば問題ない。
 

 奥へ進むと、洞窟は広い空間になっていた。
 祠なのか、洞窟なのか。いよいよわからなくなってきた。

 ビホルデン登場!
 最初に現れたものよりも一回り大きく、火球まで飛ばしてくる。
 岩壁に隠れながら、こちらも霊峰の指を放って対抗。
 しばらく撃ち合いが続いた結果、なんとかビホルデンを退治できた。んで、このビホルデンからは目玉を頂くことができたのだが……
 何に使う目玉なのだろうか?
 目玉焼き?
 ……違うだろうな(。-`ω´-)
 

 その奥には、なんかまがまがしい印が彫られた岩でできた扉があったりする。
 この先にはいったい何が待ち構えているのか?
 
 ………
 ……
 …
 
 なんかでかいのがいるぞ?!

 ……って、なんか怖いぞ!
 でかいよ! 奥に居るビホルデン!
 小さいのもワラワラ沸いているよ!

 しかもなんかでかいのは雷まで飛ばしてくるし、霊峰の指かよ!

 こっちの攻撃は避けられるし、めんどくさっ。
 

 とりあえず正面に立って撃ち合いをするのは愚策なので、柱の影に隠れて様子を見る。
 とにかくね、何のために戦っているのかわからないから困るんだ。
 士気が低いぞ、自分!
 
 というわけで、柱の影からこちらも霊峰の指で応戦して退治したわけだが――

 くたばったこいつがまた気持ち悪いな! なんだかいっちゃってるよ!

 んでもって、手に入れたものが巣母ビホルデンの目。何に使うのかはさっぱりわからない。
 ビホルデンの目の目玉焼き?
 ゾウの卵の卵焼き?
 
 なんでもいいが、この目玉焼きぐらいをビックリ料理として披露していれば、レヤウィン城のパーティは大盛況だったはずで、俺がサングインにそそのかされることもなかったはずだ。
 
 それでこの祠、いや洞窟はここでおしまい。祠というよりただのビホルデンの巣って感じでしょうか?
 その割には祠の外観はしっかりしたものだったけど、いったいここは何のためにできた場所なのでしょうねぇ?
 というわけで、目的も無く、達成感も無く、ただビホルデンを退治しただけの探索となりましたとさ。
 宝? そんなものは無かった。
 手に入れたものは、ビホルデンの目玉ぐらいでした。
 

 来た道を引き返して外に出たとき、すでに夜は明けていた。
 また徹夜の冒険をやってしまったよ――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記