home > 投稿 > > 新生ブルーマギルド完成! ~追ってきたあの娘~

新生ブルーマギルド完成! ~追ってきたあの娘~

 
 俺の名前はラムリーザ、過去が怪しい男。
 なんか知らんが俺の許婚だという娘から逃げ出してブルーマに戻ってきた。
 
 ナリナ伯爵夫人は、俺の名声を高く評価してくれて、ブルーマに家を持つことを許してくれたのだ。
 そういえば、全ての街に拠点を設けるという野望があったな。これまでに、アンヴィル、スキングラード、シェイディンハルに自宅を構えている。アンヴィルの家はアリーレさんに取られたけどね……(。-`ω´-)
 

 というわけで、ここがブルーマにおける俺の家。
 別にギルドがあるから寝泊りには困らないだろ? と思うが、家を持つというのもステータスの一つなのだよ、ジ=スカール先輩。
 と、何故かここには居ない先輩に自慢して、早速自宅へと飛び込んだ。
 

 いいねぇ、やっぱりこの素朴さがいいよ。
 ここに比べたら、アークメイジの私室は閉塞感酷すぎて牢屋みたいなものだ。
 

 ブルーマギルドの改築が完了するまで数日かかるということなので、俺は残る日をこの家で過ごすことにした。
 時々建築現場に行って進捗を確認すると同時に現場監督のジ=スカール先輩と雑談。
 それ以外の時間は、主にオラヴの店に行って酒でも飲みながら雑談。
 うーん、自由奔放すぎるアークメイジ。
 だがそれがいいのだ。俺はハンニバルほど真面目じゃないし、ジ=スカール先輩ほど不真面目ではないのだ。ん? じゃあどっちだ?
 
 まあよい。
 
 ………
 ……
 …
 
 数日後――
 自宅でのんびりしていると、突然ジ=スカール先輩の訪問を受けた。
 
「なんですか先輩? あ、ここが俺の家、すごいでしょ~」
 
 いまさらながら自慢してみる。そういえば家を買ってから先輩を招いていなかったな。
 
「ジ=スカールの家はギルドだ。それよりもラムリーザ、完成したぞ、新しいギルドが!」
「おおっ、できましたかっ!」
 

 先輩は俺に新しいギルドを早く見せたいらしく、服の袖をひっぱってくる。うっとーしい!
 
 ギルドの中に入ると、中は以前よりも明るくなっている感じ?
 光の取り入れ方でも考えたのかな?

 中で待っていた働き手のタイターは、「報酬を楽しみにしているぜ」と言い残して、また狼と一緒の生活へと戻っていった。
 うむ、ごくろう!(。-`ω´-)
 
 後は、建物の検分と、報酬については伯爵夫人と相談だな。たしか全額引き受けてくれると言っていたし。
 
 そういうわけで、まず城に行って伯爵夫人と話をした。
 伯爵夫人もギルドが完成したことを喜んでくれ、タイターには執事の方から報酬を届けておくといってくれた。至れり尽くせりだ。
 後は建物の検分と、ギルドの支部長であるギルドマスターの選出、ギルドメンバーを集めるとやることはまだまだ残っている。
 だが俺は、ギルドマスターに付いては既に決めていた。
 
「ジ=スカール先輩、次のブルーマ支部長は先輩で決まりですね。俺の方からも、ラミナスに強く推しておくから」
「いや、ジ=スカールはギルドマスターにはならない」
「なんで? 先輩しか次のマスターにふさわしい人は居ないと思いますよ(アルゴニアン支部長も居るんだ、カジートもできるんだというのを見せなくちゃ、とは言わないがw)」
「ギルドマスターになってしまったら、ギルドマスターにイタズラをするという楽しみが無くなってしまう」
「…………(。-`ω´-)」
 
 ダメだこの人は。折角カジートがんばれ、アルゴニアンに負けるななのに全く先輩は……。
 
 仕方が無いので、ギルドマスターの事は他の人選を後でラミナスと相談することにして、新しいギルドの中を見て回ることにした。
 破壊されて水没していた居住区は元通りに復興され、全てが明るい色調で作り直されていた。よいよい。
 それ以上に俺を驚かせたのが――
 

 わお! この人たちも戻ってきたんだ……
 ジーンヌ支部長、錬金術師セレーナ、イタズラコンビの片割れヴォウラナロ。あなた達のことは忘れません。
 
 ――っと、ホールの方が騒がしいな?
 なんだか甲高い声で、「ここにラムリーザが居るのはわかっているのよ!」とか聞こえる。
 誰だ? 俺の名前を呼ぶ奴は?
 
「ラムリーザ、なんだかお前を訪ねてきた娘が居るぞ?」
 
 ジ=スカールに呼ばれて振り向いたその先に――

「あっ、居た!」
「ぎょっ、お、お前は――?!」
 
 やばい、ペイルパスからあの娘が追いかけてきた。
 

「待って! あたしの話を聞いて!」
 

「待てと言われて待つ奴がありますか、とうっ!」
 
 ものすごく厄介な臭いしかしないので、三十六計逃げるにしかずだ。
 あの娘は悪くないのはわかるのだが、どうも過去を知るのが怖くなってきた。
 
 幸いギルド内では地の利がある。地下の居住区の入り口は一箇所だけではない。そのまま素通りして逃げ出すことも可能なのだ。
 

「んじゃ、俺は大学に戻る。後は任せた!」
 
 居住区をそのまま素通りしてホールに戻った俺は、ジ=スカールにそういい残してさっさとプルーマから退散していった。
 

 おりゃあユニコーン、かっとばせー。
 ってか何で俺、逃亡生活みたいなことをやっているのだろう……(。-`ω´-)
 
 
 ――――――――
 
 

「で、あなたとラムリーザの関係は何なの?」
「ジ=スカールはラムリーザの先輩である」
「先輩? ラムリーザはここでいったい何をやっているのかしら……。まあいいわ、あの人が行きそうな場所を教えてちょうだい」
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記