home > 投稿 > > 一日目 マインクラフト第三シーズンマルチプレイ編第二章開始 マイクラ海兵隊誕生! の巻

一日目 マインクラフト第三シーズンマルチプレイ編第二章開始 マイクラ海兵隊誕生! の巻

 
 さあ、マインクラフト第三シーズンマルチプレイ編第二章開始ですよ!
 現実世界の芥子さんと知り合った場所で、ひょんなところもう一人で話が合ってマルチプレイやってみたいという話になりました。
 記録日記上での表記は「もにさん」としておきます。
 基本的にゲームではネットで知り合って――という流れがこれまでは普通だったので、先に実生活で知り合ってからゲームの世界へというのに少し慣れていません。
 主にHNの関係で――。ネットで知り合うとまずHNであいさつしますが、今のメンバーは実名で呼び合っている仲からゲームに――ですからね。
 例えば私は、ネット上では「らむさん」と呼ばれるのに慣れているので、チャットで本名で呼ばれると違和感を感じるのです。
 逆に実生活で「らむさん」と呼ばれたら痛い人認定されちゃいますけどねw
 
 
 そんなわけで一日目、2021年8月25日の記録です。
 

 降り立った場所はこんなところです。
 
 ――と撮影した時は昼間でしたが、降り立った直後は真夜中でした。
 松明も無く夜の草原に放り出されて、できることと言えば土の柱を立ててその上に避難してやりすごすぐらい。
 もにさんの準備が整うまで、芥子さんと二人で夜の世界を柱の上でやり過ごしておりました……(。-`ω´-)
 
 でも私はじっと朝を待っていましたが、芥子さんは待てないようで柱から降りてはゾンビに果敢に立ち向かっていき、何度も死んでいますw
 得意技はデスルーラなどと豪語しているので、死を恐れない特攻精神満載の芥子さんでした。
 例えばネザー要塞で道に迷ったりしたら、何のためらいもなく特攻してデスルーラをぶちかますのです。
 
 当初の予定通り、ある程度村が近いシード値を探しておいて、ワールド生成時にそのシード値を入力しておいたのですが、スタート地点はちょっと離れた島となっております。
 
 

 こうして地獄の夜が終わり、朝が来てようやくまともに活動開始、基本となるチェストと作業台を置いたところでもにさん登場です。
 マルチプレイは初めて(芥子さんも初めてでしたが)ということで、ようこそ死の世界へ、ですw
 
 スキンを見て一番に「ノンタンだー」などと思ったりしました。
 もにさんは「猫なのに」と言いますが、ノンタン=猫なので、そういうことでしょう。
 ノンタンが通じないのは、世代でしょうか……(。-`ω´-)
 でも後から聞いた話では、白熊をイメージしたそうですが、白猫みたいに見えるよと。
 
 そして羊も見つからないまま、やがて夜を迎えます……
 

 チキンな私は、さっさと木の上に避難して、下界の大騒ぎをニヤニヤ高みの見物ですw
 これはスケルトンに射抜かれて、死ぬ寸前の芥子さんを捉えた貴重な一枚です。
 アイテムをばらまき始める瞬間を見事に捉えました。
 

 二人が右往左往しているけど、私は木の上から降りませんw
 やだよ武器も防具も無くゾンビとやりあうなんて。装備が整ったら蹴散らしてあげるさ。それまでは耐えてください!
 村人と取引するなりして、ダイヤ装備で固めたら無双してあげるよ、と。
 
 そして朝日が昇ると、改めて木の上から降りてくる小心者ですw
 日中やることは周囲の松の木――以前松だった記憶があるけど、今プレイするとトウヒの木になってる、変わったのかな?――を集めて、木炭にしたり材木にしたり作業です。
 石炭は、鍛冶屋と取引するのでなるべく使わないようにするのが私の流儀です。
 
 そしてまた夜が来る……
 

 ゾンビ三体と勇戦する芥子さん、相変わらず木の上に退避するチキンな私w
 村人ゾンビが居るなぁ、治療してあげたいけど金のリンゴもお薬もまだありません。
 がんばれー、がんばれー、草葉の陰――じゃなくて木の上から見守っているよー。
 
 

 昼間は作業に走り回っているので、落ち着いて撮影できるのは夜だけだったりしますが、翌日にはようやく拠点づくりが始まりました。
 なんだかゾンビが、木の方に向かってきてますよ?
 
 ここら辺までプレイすると、マルチプレイは性格が出るなーなどと感じたり。
 例えば私は、材木や素材調達、周囲の沸き潰し、植林、畑仕事担当となる内政屋。
 芥子さんは、遠くまで探検に出かけたり地下にもぐったりして玉砕している特攻探検家。
 もにさんは、建築担当と役割分担が自然とできあがってきました。
 
 

 建築中の家の中に行商人が乱入してきて戸惑うもにさんの図w
 村人と取引してエメラルドを集めて、いろいろな貴重品を早く買い占めたいものです。
 砂漠に行かなくても、サボテンを購入できたら緑の染料に困りませんからね。
 
 そして芥子さんは、どこに行ったのかわかりません。
 時々落下しただのスケルトンにやられただのメッセージが流れるばかりw
 相変わらずの特攻精神を発揮していて元気なことです!
 その内ダイヤが見つかったなどと言ってきました。展開が早すぎます、そんなにネザーに行きたいのですか(。-`ω´-)
 ダイヤ入手→ダイヤのつるはし→黒曜石入手→ネザーゲートを作る。
 こういうことでしょう?

 

 そんなこんなで、最初の拠点の基礎的な部分は出来上がりました。
 これで木の上で夜をやりすごす必要が無くなりました。
 スケルトンに見つかると木の上まで撃ってくるし、丁度拠点のできたのが三日目の夜、ファントムが襲い掛かってくるようになりました。
 
 そう、羊が全然見つからないので、ベッドがまだ入手出来ていなかったりするのです。
 ファントムが出るとなると、木の上も安全じゃなくなるので、ほんと丁度良かったと思います。
 
 

 畑も作っておいて、ゾンビからジャガイモを入手していたみたいなので、それと小麦を育てて量産体制に入りました。
 当面は、パンとベイクドポテト生活になるでしょう。
 行商人のラマは、家を利用して行商人と切り離し、懐かせておいたので以後ずっとここらへんに住み着きます。
 懐かせると消えないという仕様はまだ続いているのですね。
 
 

 しばらくすると、ガラスもいつの間にか入手していて、より家らしくなってきました。
 ただし、羊が全然居ないので、ベッドはまだありません。
 プレイ開始してから眠れない生活は初めてだ……(。-`ω´-)
 
 
 そんなところで、一日目のプレイは終了です。

 一通り一日マルチプレイしてみて、それぞれの性格がいろいろと見えてきたので、キャラクターに色を付けてみました。
 なんか自分の行動が、エイリアン2のゴーマン中尉っぽいな(ネザーに他人を先に行かせて、安全を確認してから出ていく。戦う人を木の上で見ているだけ等)と思い、それを当てはめてみたらキャラクターの色付けがしっくりきたりしたのです。
 
 まずは私から、三人の中では割とプレイ歴の長い私は、司令塔だけど野良仕事や村人との交渉もこなす「チキンな内政屋、らむ中尉」となります。
 そして最近二週間先に一緒にプレイしてちょっと経験のある芥子さんは、やたらと特攻しては死んでを繰り返しているので「命知らずの特攻野郎、芥子軍曹」となります。
 最後に一番新人で一番体力のあるもにさんは、建築関係をお任せと言うことで「新進気鋭の建築家、もに上等兵」となります。
 
 これがマイクラ海兵隊のメンバーとなりました!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記