home > 投稿 > > 第18回 武者修行編3 バトルロイヤルの巻

第18回 武者修行編3 バトルロイヤルの巻

 
 ファイプロワールド、ファイティングロードのプレイ日記の続きです。
 前回は海外修行が始まり、初試合をして、その結果負けはしたけど高評価を得られました。
 トレーニングでは、移動速度を普通に目指しているところで、ついでに呼吸法を普通目指しています。
 さて、次は何が起きるかな?
 
 

 なんだぁ? バトルロイヤルだと?
 グダグダになること間違いなしの大会じゃないか。
 これで評価を得るのは難しいなー、最初は逃げ回る作戦で行くか?
 折角新技をクラフトしてきたのに、これだと披露するのが難しいじゃないか。
 

 えー、なんだそのルール、酷いよ(。-`ω´-)
 こんなバトルロイヤル、有り?
 絶対グダるし、勝つのも難しそうじゃないか。
 勝つことだけ考えるか? 受けている場合じゃないような気もする……
 
 でもこの状況を、ラムリーザくんは「おいしい状況」だと認識しております。
 誰よりも一番長い時間リング上で、自分をアピールできるチャンスでもあるそうです。
 
 勝てばな……(。-`ω´-)
 

 浮かれているラムリーザくんに、ジョンソンは不穏なことを言ってきます。
 何ですか、これはアレか?
 プロレススーパースター列伝に出てきた、人気者をよってたかって潰そう作戦を仕掛けてくるのか?
 
 まぁ、三人目が入ってきた地点で、逃げ回る作戦でもしてみますか。
 
 

 そして試合開始ですが――、あるぇぇ?
 なんか見たようなレスラーが出てきているのですが?
 なんだか嫌な予感が……、後で確認してみよう。
 
 テイク1:誰かが持ち込んだ蛍光灯を拾ったら、攻撃が当たらず落とし方もわからずいきなり反則負け。さすがにあほらしいので無かったことにしましたw
 
 テイク2:新技でギブアップを取れるよう設定し忘れていたので、想定通りに試合が終わらずやりなおし。
 
 テイク3:新技でどんどん決着がついて、これでOK。
 
 中盤八人まで増えると、予想通りグダグダ。
 乱戦に飛び込むと訳が分からなくなるので、一人離れて意味もなくアピールしていたりして。
 

 そんなワンシーン、一人遊んでるのがバレて、どつかれるまでがセットですw
 乱戦に巻き込まれては、逃げ出して一人遊びの繰り返しでした。
 

 そして最後は、新技で決めです。
 繋ぎ技は、既存のトルネードスラム。そこからアピールの、「馬乗りアイアンクロー」です。
 
 どうもクロー系が多いけど、私の技クラフトでの開発方針によるものなので仕方ないです。
 一番みんなに求められているのは、実在技の最新技だと思います。
 そしてネタで求められている物は、有名な架空技の再現でしょう。
 私の場合は、それは他のユーザーに任せて、自分の世界を作るためのクラフトを主に進めております。
 
 自作小説の話になりますが、その物語の主人公がラムリーザくんで、プロレスの手伝いをしてあげるという流れの話を書く予定です。
 それでも素人なので、それほど魅せるプロレスは上手くありません。
 でも、握力だけは100kg超えの馬鹿力という設定があるので、クロー攻撃でプロレスのメインキャラを苦しめるという流れです。
 それ向けに、ラムリーザ用にいろいろな種類のクロー技をクラフトしていたりします。
 以前紹介した、「ハイアングルアイアンクロー(片手で顔面掴んで持ち上げて締めるの)」などは、ラムリーザくんの得意技になっていたりします。
 さすがに「魔のショーグン・クロー」は悪魔将軍の技だし使いませんけどね。
 
 そこで今回は、馬乗りナックルアローをちょっと改造すれば、馬乗りアイアンクローが作れるのではないか? と思ってクラフトしてみました。

 
 この技は、ワークショップに登録してあるので、使ってみたいと思った方は、以下のリンク先に行って拾ってみてください。
 
馬乗りアイアンクロー(外部サイト、Steamワークショップに飛びます)

 
 

 ああそうそう、いつもは画面の上に隠れて見えない「魔のショーグン・クロー」の全貌が見られたので記録しておきます。
 一応バタバタしている動きは用意してあるのです。
 
 そして肝心の試合評価ですが――
 

 おおっ、87点、いいじゃないですか。優に近い良ですよ。
 たぶん他の人がいっぱい受けてくれたのでしょうね。
 このぶんだと、この後の物語も良い感じに進むのではないでしょうか。
 
 何とか勝利をもぎ取ったラムリーザくん、会場で大ラムリーザコールを受けています。
 日本からの刺客でも、悪者ってわけではないんだね。
 OK! OK! アリガト! アリガトネー! などと言ってますが、名前がラムリーザなので片言でも違和感がありません。
 日本人じゃなくて異世界人だしw
 
 その時、聞いたことのない入場曲がかかり、一人の男がリングに向かって走ってきたようです。
 サンライズでもかかって、ハンセンがやってきたかな?
 それとも移民の歌がかかってブロディが出てきたかな?
 それてもジャイアントプレスで――
 
 情報が古いな、自分……(。-`ω´-)
 21世紀のレスラーは知りません。
 それに前述したとおり、このSWAという団体に、嫌な予感を感じたので後で調べます。
 

 有名なのかなぁ、知らない人です。
 カーツ・ラウディ、聞いたことないなぁ。
 なんだかラムリーザくんのことを、貶してきています。
 でも英語で言っているからわかんないのでしょうね、ファッキューとでも言い返してやんなさい。
 
 あ、その台詞に対して観客がブーイングだ。
 ということは、こいつは悪者レスラーか、シャツも黒いしNWOみたいだね。
 
 俺がその気になれば、こんな小僧は1分だなどと言ってますが、1分で決着つけたら試合評価どん底だと思いますよ!
 パンクラスとかだったら、ものすごく盛り上がると思いますが……
 ――とここでパンクラスを引き合いに出す辺り、私は古い人間なのだろうね。
 UWFインターや、リングス、パンクラスは今現在まだ存在するのかな?
 
 なんだか観客は、ラムリーザくんの味方のようです。
 ラウディとかとの試合は勝つべきかな、負けるべきかな。
 観客が勝ちを望んでいるので、ここは勝ちに行くか――、それとも負けて物語に厚みを出すか、裏方はいろいろ考えるのでしょうね。マッチメイカーだっけ。
 

 ――と思ったけど、ジョンソンがやってきて仲裁に入ります。
 まぁ30分近く試合しているし、テイク1とテイク2合わせたら、90分ぐらい試合しているしw
 
 でも風貌だけ見ると、ラウディが善玉でジョンソンが悪玉だよねw
 

 結局最後までグダるのね。
 これあれやろ、ジャージ姿の若手がたくさんリングに上がって、蹴散らされる場面みたいなものでしょw
 
 どうやらラムリーザくんの活躍が気に入らないのがラウディだったようです。
 直接試合には出ずに、後から出てくるのね。
 プロレススーパースター列伝では、試合中に制裁みたいなのやっていたけど。
 
 

 というところで物語は一段落、トレーニングモードに入りました。
 移動力を普通にするということで、縄跳びを二回実施。
 移動速度が普通になり、呼吸法も普通になり、一応これで、スキル系は一通り普通になりました。
 次は何を目指そうかな?
 防御の低いところを補足しながら、防御をまずはオール5目指しましょうか。
 

 現在突き技、対ラフ、総合系の防御が弱いので、シャドーでまずは突き技と対ラフを対策します。
 たぶんプロレスやっているうちは、総合系防御は要らないと思います。
 でもストーリーで強制的に総合に出ろなんて言われたら困るな――
 そこは永田さんやスティーヴ・ウィリアムスのように、素直に負けて諦めるか?
 
 シャドーを二回実施して、突き技防御が2→3に、蹴り技防御が4→5に、対ラフが2→3になりました。
 その副作用で、突き技の攻撃力が4→5になりました。
 ダブルニープレスは蹴り技だから、何か殴り技をクラフトしましょうかね。
 ってか、蹴り技の攻撃力、未だに1だ……w
 
 
 
 では今回はここまで、シナリオ達成率は5.8%になりました。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記