home > 投稿 > > 第17回 武者修行編2 海外修行初試合の巻

第17回 武者修行編2 海外修行初試合の巻

 
 ファイプロワールド、ファイティングロードのプレイ日記の続きです。
 前回はヤングライオン杯で優勝したのもあり、いよいよ海外修行に旅立つこととなりました。
 トレーニングでは、脚の耐久度が普通になったので、次は移動速度を普通まで上げていきます。
 さて、次は何が起きるかな?
 
 
 アメリカ、サンフランシスコにて――
 渡米早々試合をすることとなったラムリーザくんです。
 

 最初の相手は、ブラッド・エンジェル――知らないねー。
 今回の試合は、前回トレーニングをしてセーブして終了して、今回始めたらいきなり試合になったので、技の変更ができませんでした。
 だから、新技の披露はありません。
 

 そんなわけで――というわけではないですが、今回は負けですw
 言いわけをすると、雪崩技が全然入らず、全部同じ技で返されて、とうとうフォールを返せませんでした。
 雪崩技→アピール→クロー攻撃というパターンをそろそろ変えようかな。
 どうも雪崩技のタイミングが苦手で、ここぞという時に決められない。
 

 でもね、予想通りと言うか、負け試合はかなりの高評価になりました。
 94%ですよ94%、成績で言えば優と言ってもいいでしょう。
 そりゃあまぁね、ちょっと試合時間早いけど、こっちはそろそろフィニッシュの流れを仕掛けた所でしたから。
 それで雪崩技を返されて、フォール返せずといった結果でしたから。
 これでこっちもアピールからの必殺技を見せていれば、100%に近い結果が出たのかな?
 
 
 さて、これが勝利至上主義ゲームだったら、勝つまでリセットという手も出てきますが、今回は特に「勝て」というミッションも出なかったし、試合評価はかなり高かったので、このまま進めてみます。
 試合には負けたけど、お客さんを十分に満足させられたでしょうということで。
 それに、アメリカマットで修行する日本人(ラムリーザくんは異世界人ですがw)は、恐らく悪者役だろうし、最初は負けてあげるのも筋というものでしょう。
 ――などと言い訳をして、物語を進めますw
 
 試合巧者として有名なブラッド・エンジェルとの試合に俺は敗北した。記念すべき海外初勝利はお預けだ。
 
 お、試合結果通りに物語が展開していますね。
 だが観客たちは、日本から来た新参者のラムリーザくんを、割れんばかりの歓声をもって、迎え入れてくれたようです。
 この辺りは、試合評価からみての反応なのでしょう。
 
 案内役のジョンソンも、素晴らしい試合だったと言ってくれました。
 勝ちに行くと塩、負けると大盛り上がり、悪者役の方がやりやすいかもw
 
 
 ここでトレーニングモードに入ったので、今回はここまでです。
 ちょっと物語としては短かったかな?
 なるべく試合では新技を披露したいので、今回みたいに新技を設定できない流れになった場合は、あえて負け試合を演じるのも悪くないかな?
 全部の試合を勝利で進めるのも、評価を考慮したら不自然な気もしますからね。たまには負けるのも魅せるレスラーになれるかな?
 
 評価を気にしなくてよかったスーファミやプレステのストーリーモードでは、勝つことだけ考えたしょっぱいレスラーやってましたけどねw
 
 

 移動力が普通になるまでは、しばらく縄跳びを続けます。
 呼吸も普通にしておきたいので、一石二鳥ですね。
 4回とも縄跳びをして、移動速度はあと60ポイントで普通になります、あと2回。
 そしてあと15ポイントで呼吸法が普通になります。
 流血時の呼吸法が先に普通になり、瞬発力が4→5になりました。
 
 
 
 では今回はここまで、シナリオ達成率は5.3%になりました。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記