home > 投稿 > > 第13回 なんだかマビノギやっているみたい その1 ~各種クラフトの認定・鍛冶屋編~

第13回 なんだかマビノギやっているみたい その1 ~各種クラフトの認定・鍛冶屋編~

 
 エルダースクロールオンラインのプレイ日記、2022年10月26日の話です。
 前回は、北エルスウェアを放浪してクエストをこなしていました。
 今回は再びリンメンに戻ってきて、各種クラフトの認定を進めていきます。
 
 

 今日は鍛冶屋にチャレンジです。
 鍛冶スキルならマビノギで体験済みで、普通にやれば極めるまで2年コース、最近のヌルゲー版だと2週間コース(^ω^)
 さぁ、タムリエルの鍛冶はどのくらいで極められるかな?
 
 とまぁミレニスの言っている通り、鉄鉱石を拾ってきて精錬してインゴットにする。
 鉱物採集スキルと精錬スキル、鍛冶の基本ですね。
 そして、インゴットを使って装備を作るのです。
 

 この世界では、鉄を集めるのが割りと大変だったりします。
 ひょっとしたら鉱山とかあって、鉄鉱石を入手しやすい場所があるのかもしれません。
 しかし今の地点では、フィールドを探索しまくって、鉄鉱石のある場所を探す必要があるのです。
 見つけてしまえば、クリックすれば勝手に採集してくれますけどね。
 そのツルハシ、どこから出てきたのだ?(。-`ω´-)
 
 ちなみにオブリビオンの仕様では、鉱物をクリックしたらミシッとか音がするだけで鉱物採集していました。
 ツルハシを使い始めたのはスカイリムからですね。
 
 

 鉄鉱石が集まったら、それをインゴットに精錬します。
 奥にある炉でやるのかなと思ったけど、手前にある鍛冶台で精錬するようです。
 ちょっと手抜きですな(^ω^)
 

 ハンマー使ってトンテンカンっと鉄のインゴットを作りました。
 何故か炉ではなく金床で作っているのかは謎w
 10個の鉄鉱石から、7~10個のインゴットだったかな? 大抵9個ぐらいはできている印象でした。
 この世界の鉄鉱石は、不純物があまり多くないのだね。
 マビノギではインゴット1つ作るのに、鉄鉱石が5つも必要なのですから……
 
 
 鉄のインゴットができたら、次は鉄の短剣を作ることとなりました。
 素材はインゴット2個と、スタイル素材が必要です。
 その素材とは、武器や鎧に使う伝統的な材料で、種族ごとにその種類が違うそうです。
 ハイエルフが使用するのはアダマンタイトというのは、それを拾った時にアイテムの説明を見て知っていました。
 

 というわけで、今度はちゃんとした鍛冶スキルです。
 鉄のインゴットだけだったらある程度は集めやすいけど、アダマンタイトの確保はちょっとしんどいです。
 
 
 短剣の作成が終わったら、ミレニスから今度はその武器を解体しろと言われました。
 精錬や鍛冶はスカイリムでもあったけど、解体スキルは初めてですね。
 マビノギで言う所の分解スキルみたいなものでしょう。
 同じように、鍛冶台を使って解体するようです。
 
 そして短剣を解体したところ、アダマンタイトが出てきました。
 なるほど――、先程確保がしんどいと書きましたが、旅の途中で拾った装備を分解することで、スタイル素材も集めることができるようです。
 ただし、ハイエルフ装備を分解する必要が出てきますけどね。
 
 お金が足りないときは売って、素材が欲しいときはどんどん解体していけばよさそうです。
 自分が使うハイエルフ装備と、もにさんが使うであろうカジート装備は、積極的に確保しておきたいところですね。
 
 でもここはエルスウェアだからなのか、やたらとカジート装備が出やすい傾向にあるようですが……
 
 

 というわけで、ミレニスから鍛冶師と認められることとなりました。
 鍛冶にもランクがあるみたいですが、最大まで上がるのはいつになるかな?
 
 
 
 以上、クラフトの認定鍛冶編でした。
 
 
 
 おまけ
 

 狩りでミノタウロスに挑んでみました。
 スカイリムではあまり印象に残っていませんが、オブリビオンでは結構強力なモンスターとして襲い掛かってきます。
 索敵範囲が狭いのか、攻撃しないと襲ってこない中立系なのか、この距離まで近づいても反応しません。
 

 だから、戦闘開始前の準備です。
 稲妻形態で防御を固めておきます。
 ここで召喚獣をけしかける手段があれば突っ込ませるのですけどね。
 

 続いて、クリスタル武器でバフをかけます。
 これを使ったあとに通常攻撃すると、敵の防御力が下がるのでどんどんダメージを与えられます。
 使うのと使わないのとでは、かなりの差が出ている感じですが……
 

 攻撃を仕掛けると、当然のごとく襲い掛かってくるので、ぐるりと回るように動いて敵の攻撃から離れていきます。
 ソーサラークラスというのもあり、よっぽど敵が弱い場合を除いて、基本的にはわざわざ近接戦を仕掛けることはありません。
 

 そうしているうちに、敵は召喚獣を襲うようになるので、後は離れた位置から魔法を撃ち込むだけです。
 クリスタル武器→通常攻撃→通常攻撃→魔術師の激昂、これを1つのセットにして何度も繰り返します。
 
 

 ミノタウロスを退治した傍に、クナーシアの断片というものが落ちていました。
 

 それを拾うと、すぐ傍に青白い霊体のようなものが出現しました。
 ラシーンの影という名前があるみたいですが、傍に寄ってもクリックしても何の反応も無し。
 しばらくすると消えてしまいました。
 何だったのだろうかなぁ?
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2022 らむのゲーム日記