home > 投稿 > > メルセル追跡作戦 ~ヴァルドの負債~

メルセル追跡作戦 ~ヴァルドの負債~

 
 メルセルの行方についての手がかりを探すことになった。
 奴の家は、ブラックブライア家から贈られた、「リフトウィールド邸」である。
 
 忍び込むに当たって、一つ問題があるようだ。
 ヴァルドという番犬が見張っていて、そいつはメルセルに服従しているらしい。
 そのヴァルドと言う者については、ヴェックスがよく知っているらしい。
 そして、番犬を出し抜けたら、裏庭にある二階のバルコニーへ上るタラップが一番いいだろうと言った。
 
 無用な戦いを避けるために、情報収集しておくか……
 
 そこでヴェックスに、ヴァルドに取り入る方法を聞いてみた。
 だが、取り入るのは無理なようだ。
 ヴァルドが理解できるのは金だけらしい。
 情報によれば、奴はメイビンに借金をしているということらしい。
 
 その辺りを突いてみるか……
 
ヴェックス「もちろん、奴をぶっ刺して死体から必要なものを奪ったっていい……、どうあれ知ったこっちゃないよ」
レイジィ「ご冗談をw」
 
 やれやれ……
 メルセルの騒ぎで荒立っているようだな……
 盗賊ギルドは殺しはやらない、じゃなかったかねぇ……
 
 
 リフトウィールド邸は、表門に閂がかけられていて開くことができず、裏口から入るしかなさそうだ。
 そして裏口には一人の傭兵が待ち構えていた。

 こいつがヴァルドか。
 一歩でもメイビン低に踏み込むと容赦しないというが……
 力ずくで押し倒すのもスマートじゃない。
 だが、説得も賄賂も効かない。
 やはりメイビンに対する借金が、こいつをがんじがらめにしているのだろう。
 
 
 というわけで、メイビンに話をすることにした。

メイビン「くだらない世間話につきあう時間はないのです。用件は?」
レイジィ「ヴァルドの借金を消したいのだが……」
メイビン「ヴァルド? なぜあのうつけ者の肩を持ちたがるのです? あの男の負債は随分な額ですよ」
 
 メイビンは数年前、ウィンターホールドにいる親友に、特別な羽ペンを注文したと言う。
 それは「複製の羽ペン」と言い、使用者が見ている筆跡を寸分違わず別の紙に再現するものらしい。
 要するに、偽造専用の羽ペンというわけだ。
 そしてその制作費には莫大な金額がかかったらしいが、ヴァルドはそれをホンリッヒ湖の底に落としてしまったそうだ。
 それで、メルセルの下で強制労働を強いられているというわけだ。
 
メイビン「お前が羽ペンを見つけて持ち帰り、ヴァルドの無能の埋め合わせをするというのでしたら、それで負債を相殺としてあげてもよいでしょう」
レイジィ「どこを調べたらいいんだ?」
メイビン「港からゴールデングロウ農園の方面へ、捜索範囲を拡げていくのがよいかも知れませんね」
 
 あの農園があった湖か……
 ボートがどこかに沈んでいて、それを探すってことか。
 
メイビン「話は終わったはずですよ」
レイジィ「へぇへぇ」
 
 ………
 ……
 …
 

レイジィ「ふぅ、ゴールデングロウ農園のあった湖を捜索することになったよ」
シャヴァーリ「水の中ならあなたの十八番じゃないのさ」
レイジィ「まぁ、そうなんだけどねぇ」

 この湖を捜索か……
 港から農園の間と言っていたから、農園より向こうは探さなくてもよいはずだな。
 
 しばらく湖の底を探して回る。

 すると、沈没したボートと、傍にある金庫を発見できたのだ。
 
 これかな?
 金庫をこじ開けてみると――

 ――中にはちゃんと「複製の羽ペン」が入っている。
 よし、これに間違いないな。
 
 ………
 ……
 …
 
レイジィ「複製の羽ペンを見つけたぞ」
メイビン「本当ですか? もうずいぶん昔にあきらめていたのですが」
 
 メイビンは羽ペンを受け取ると、満足したように頷いた。
 
メイビン「よろしい、こちらも約束を果たさなければならないようですね」

 借金免除の書類だな。
 
 これを見せれば、ヴァルドも大人しくなるだろう。
 しかし、メイビンが言うには、二度とリフテンに顔を出してはならないそうだが……
 
 まぁどうでもいいか。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記