home > 投稿 > > 混乱の仕事 ~ウィンドヘルムにて~

混乱の仕事 ~ウィンドヘルムにて~

 
 ホニングブリューハチミツ酒醸造所の仕事が完了したこと、そしてわかったことをメイビンに報告した。
 目印は小さな紋章だけということだが……
 メイビンは、自分に喧嘩を売ってきたことを後悔させるべく、ブリニョルフ達と相談することにするようだ。
 
 
 次の大仕事が入るまで、こちらは小さな仕事を引き受けることにした。

 このデルビンも、仕事を斡旋してくれる。
 デルビンの仕事はヴェックスの仕事と違って、特定の宝物を盗って来るって物ではない。
 なんでもかんでもスッて来て、街に大きな打撃を与えるのが目的だ。
 ギルドが真剣だということを思い出させるため、強い印象を与えるまで手当たり次第に盗みを働くのだ。
 
 ただし、盗みを見つかってはいけない。
 当然のことだがな……
 だが盗んだものは全て自分のものにしても良いと言う。
 
 これはおいしい仕事だなw
 
レイジィ「やりましょう、任せてくれ」
デルビン「よし。手始めにウィンドヘルムで500G分の商品を盗んでくるのだ」
 
 ウィンドヘルムか。
 以前宝物を盗みに行った事があるな。

 到着したときは、吹雪の夜だった。
 これは丁度いい。
 こういう時ほど、盗みをやりやすいものだ。

 手始めに骨董屋に忍び込むことにする。
 忍び込んだは良いが、店には大した物は置いていない。
 ショボイ店だ、どこが骨董屋だ?
 
 仕方ないので作戦を変更だ。

 寝込みを襲う。
 暗殺者じゃないぞ。
 そういう仕事は「闇の一党」に任せていたらいいんだ。
 
 俺がやるのは――

 こういうことだ。
 
 鍛造術の指輪(小)と、ガーネットの銀の指輪、ルビー辺りが金になりそうなので、スリ盗っておく。
 
 

 お次は古物商に忍び込むことに。
 こっちは品揃えがよければ良いがな。

 うむ、いろいろある。
 適当に薬を盗んでいくだけで金になりそうだな。
 
 よし、このくらいで500G分は盗んだことになるだろう。
 
 ………
 ……
 …
 
 デルビンに500G分の商品を盗んだことを報告して、この仕事は終わりとする。
 盗賊稼業もなかなか楽しいものだ。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記