home > 投稿 > > 大地の岩

大地の岩

 
ミラーク「ここでお前は取り戻す……」
ラムリーザ「ここは彼の祠……」
リセッテ「はい?」
ブラルサ「彼の言葉を伝える事ができる……」
ラムリーザ「世界は見ることになる……」
リセッテ「何をやってるのかしら?」

ミラーク「己から遠く離れ……」
レドランの衛兵「世界に終わりが来るということを……」
ブラルサ「ここで我々は苦役する」

リアーンズ「世界は聞くことになる……」
ラムリーザ「我々は夜、取り戻す……」
リセッテ「あなた! やめなさい!!」
 
 はっ?!

 何?
 ――何?!
 
 俺、何か変な事やってた?
 
 
~~~
 
 
 翌朝、俺達はまずは船から見えた石柱を調べてみることにした。
 
 ここはソルスセイム。
 スカイリムの北東に位置する、モローウィンドの島だ。
 
 ここは、朝が来ても辺りはうすぼんやりしている。

 すべては、あの火山から吹き出ている灰のせいだ。
 このレイヴンロックの街にも、至る所に灰が降り積もっている。
 
 嫌なところだ。
 
 そして石柱。
 緑色の不思議な光を放っている。

 大地の岩と呼ばれているそうだ。
 何の為にあるのかは、全然分からないが……
 
 俺は、この石柱に触ってみた所までは覚えているのだが、その後がボンヤリしている。
 気が付いたら、手にハンマーを持って、リセッテと向き合っていた。
 
ラムリーザ「なんか俺、変な事してた?」
リセッテ「また何か変なのが取り憑いたのかと思ったけど、今回は少し様子がおかしかったわ……」
ラムリーザ「みんなブツブツ言いながら、石柱の周りで作業しているな……」
リセッテ「気味悪いわ、行きましょう」
 
 
 この石柱は危険な香りがする。
 周囲で働いている人たちは、無気力な感じでブツブツつぶやきながら、ある者は石を運び、ある者は石柱を削っている。
 なんだかよくわからないが、そっとしておこう。
 
 
 石柱のあった所から東の方角に、小さな島がある。
 灰に汚れた身体を流すというのも兼ねて、ちょっと向かってみることにしよう。

 この島は、何かのアジトにでもなっているのか、旗が掲げられている。
 しかし、もうボロボロで、長い間放置されていたようだ。
 
 何か無いものか? と小島のてっぺんを目指してみたところ……
 
 地面から変な虫が湧き出してきた!

 なんだこいつらは?!
 シャウラス、じゃないな!
 おい「わんわんお」、なんとかしろ!
 
ミーコ「わんっ! わんっ!」

 ええい、鬱陶しい!
 まとわり付くな!
 
 俺と「わんわんお」のコンビで虫と格闘すること数分――
 変な虫は全て駆除することができた。

 やれやれ……
 
リセッテ「この山賊も、虫にやられたのかしらね」
ラムリーザ「便所コオロギみたいなやっちゃな」
リセッテ「モローウィンド、あまり良い印象無いわねぇ……」
ラムリーザ「ああ、今のところはな」
 
 
 ここからどこに向かえばいいものやら分からない。
 ソルスセイムの聖堂という所に何かがあるようだが、それがどこにあるのかわからない。

 とりあえず、あの火山が気になる。
 火山の方向に進んでいくか……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記