home > 投稿 > > レイヴンロック聖堂にて ~先祖の墓の浄化~

レイヴンロック聖堂にて ~先祖の墓の浄化~

 
 モローウィンドでの冒険が始まった。
 ミラークを探すという目的はあるが、どこから探ればよいのか見当もつかない。
 手始めに、この街で一番の高台にある屋敷(?)に向かうことにした。

 ……やっぱファルメルの巣にしか見えないw
 ここは一体なんなんだろうか?
 
ガルドルス「申し訳ないが、この聖堂は信仰の使徒だけのもの。部外者はお引取り願おう」
ラムリーザ「聖堂か、外からだと全然分からんな」
リセッテ「ダークエルフにも信仰と埋葬というものがあるのね」
長老オスレロス「いや、ダンマーに死者を埋葬する習慣はないし、かといって石棺を使うこともない」
ラムリーザ「じゃあ、どうするのだ?」
長老オスレロス「ダンマーが死ぬと遺体はだびに付され、体は灰へと還される」
ラムリーザ「なるほど、火葬か」
長老オスレロス「ダンマーの信仰において死は終わりでなく、始まりなのだ」
リセッテ「輪廻転生みたいね」
 
 
 しかし、話を聞くと一つ困ったことが発生しているようだ。

 先祖の墓という死者の埋葬地という、死んだ者の霊を祀る聖地がある。
 しかし、アッシュスポーンと呼ばれる怪物が、先祖の遺灰から目覚め、遺骨を傷つけいるというのだ。
 このため、先祖の墓が使えなくなっている・・と。
 
ラムリーザ「よし、そのアッシュスポーンとやらを退治してやろう」
長老オスレロス「ありがとう、旅の者。とても助かるよ」
 
 情けは人の為ならずと言うじゃないか。
 右も左も分からない異国の地。
 ひとまずは、困っている人を助けることから始めたらいいんだ。
 
 
 聖堂の先祖の墓に向かうことにした。
 埋葬しないのに墓とは如何に、という突っ込みは置いておくかw
 
 先祖の墓に入ってみると、確かに何者かがうごめいている。

 アッシュスポーンか?
 
ミーコ「わんっわんっわんっ!」
ラムリーザ「また突っかかるw」
 
 自分から突っ込んで行って焼かれている「わんわんお」の後ろで、冷静に弓を召喚する。

 そして「わんわんお」を囮にして、片っ端から射抜いていく。
 
 アッシュスポーンとやらは、射抜くや否や、灰と化してしまうのだ。
 なんだこいつは……
 操られた死者か?
 
 アッシュスポーンは次々と現れては、「わんわんお」に襲い掛かっていく。
 俺は落ち着いて一匹ずつ撃ち落していく。

 残されたのは、おびただしい数の灰と、燃える犬w
 というわけで、アッシュスポーンは全て片付けることができた。
 
 犬とは言え、壁役は必要だよねw
 
 
 さて、先祖の墓。
 確かに火葬にした後の灰と遺骨が祀られている。

 こら「わんわんお」、罰当たりな馬鹿犬めw
 馬鹿犬のせいで墓荒らし認定されたらかなわんので、さっさと立ち去ることにしようw
 
 ………
 ……
 …
 
 
ラムリーザ「アッシュスポーンとやらは全部片付けたぞ」
長老オスレロス「我等が先祖も喜ぶだろう! あの邪悪な者達にさぞや苦しめられた事だろう。これは感謝のしるしだ、受け取ってくれ」

 聖堂の長老は2000Gの大金を報酬として支払ってくれた。
 気前が良い所だ。
 見習えよ、ケチなボンボンシドゲイルめw
 
 しかし俺が本当に欲しいものは、お金じゃなくて情報なのだ。
 
ラムリーザ「ところで、ミラークと呼ばれるものを知っているか?」
長老オスレロス「うーむ……、夢の中で耳にしたような名前だが、それだけじゃない。奇妙な話だ」
ラムリーザ「また曖昧な記憶かよ……」
長老オスレロス「覚えているのはソルスセイムの聖堂と、何かを懸命に建てていたこと。楽しい夢ではなかった……」
 
 またこの地名が出てきた。
 
 
 ソルスセイム聖堂――
 
 
 それに、どうやらミラークという者は、「記憶を曖昧にする」という特別な力を持っているのかもしれない。
 船長、評議員、長老……
 ミラークについて話を聞いた皆が、記憶が曖昧になっているんだからな……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記