home > 投稿 > > 始まりの地

始まりの地

 
 さてと、ファルクリースにいつまでも居るのもおもしろくない。
 首長はあいかわらずグウタラしているだけだし、そろそろ次の所に向かおうかな。
 
 
リセッテ「次はタトゥイーンに向かいましょう、知っているでしょう?」
ラムリーザ「あたりまえだ、想像の地ではない。タトゥイーンと言う所は、え~と……、サンドピープルってのが居てなぁ、でも本当はそこはチュニジアなんだよね」
リセッテ「想像の地よw」
 
 
 …………
 
 
 リセッテのいじわるーーー!
 
 
 
 そう言えば、バルバスとクラヴィカスの仲直りの話を忘れていた。
 そろそろ斧を取りに行きますかな?
 
バルバス「後回しでいいよ」
ラムリーザ「はい?」
バルバス「お前さん達と旅をしている方が、楽しいような気がしてきたよ」
ラムリーザ「シンディングはどうするんだ?」
シンディング「俺の戦闘力は頼りになるだろう? 旅を続ける限り、どこまでもついていくよ」
ラムリーザ「おい『わんわんお』、お前は?」
ミーコ「わんっ♪」
ラムリーザ「抱きつくな! ひっつくな! 顔舐めるな!」
 
 ダメだこりゃ……
 
 獣率は下がらないのね。
 
 
 ユニコーンに至っては、帰れと言えば「誤爆事件」とつぶやくのが目に見えているのであえて何も言わんw
 
 
リセッテ「あ、ドーンガード忘れてない?」
ラムリーザ「あ、完全に忘れとるw」
 
 
 というわけで、一同はドーンガードを目指して東へと旅立ったのであった。
 
 
 だがこのパーティ、なかなか強いで。

 スプリガンが出ては、獣集団が袋にし――

 ――出れば――

 ――以下同文
 俺、何もしてねーよw
 
 
 
リセッテ「この先は、ヘルゲンね」
ラムリーザ「ヘルゲンか……、ちょっと回り道しよう」
 
 
 回り道をしてやってきたのは、ヘルゲンの南。
 ここは俺にとって深い意味を持つ場所なんだ。
 いや、ひょっとしたらスカイリム全ての民にとっても……
 
 
ラムリーザ「俺は元々、魔導師大学の生徒としてスカイリムにやってきたんだ」
リセッテ「今ではアークメイジだもんね」
ラムリーザ「それで終わるはずだった……。一人前の魔導師になれば、叔父さんと共にサマーセット島に帰るはずだったし、俺もそれを望んでいた。……むろん、リセッテと出会うこともなかっただろう」
リセッテ「…………」
ラムリーザ「だが今、こうしてリセッテと一緒に旅をしている。それはここに……」
リセッテ「……ここが、何なの?」
ラムリーザ「ここが……」
 

 
 マグナスの目の暴走で、スカイリムの大地に投げ出された場所……
 スカイリムでの物語はここから始まった。
 
 ここに飛ばされることがなければ、今の俺達は無かっただろうな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記