home > 投稿 > > 北シュリークウィンド砦後編 ~大成に向けて~

北シュリークウィンド砦後編 ~大成に向けて~

 
 遺跡の探検は続く。

 そしてどんどん登る。
 
エリク「ここにあるものは全て死にまつわるものみたいだな。埋葬壷、墓地、埋葬布。少しばかり気が滅入る」
ラムリーザ「遺跡ってのは墓場になってるのが多いからなぁ」
 
 エリクは、ファルクリースについたらそこから先はハンマーフェルに向かうと言い出した。
 冒険者として、傭兵として自信がついてきたってことだろうな。
 頭に血が上りやすいって欠点もあるが、剣の腕はまぁいいんじゃないの?
 血の気の多いのはノルドだから仕方ないとしてなw
 
 さて、再び厄介な所に出くわした。
 戦闘は問題ないのだが、トラップはなぁ……(。-`ω´-)

 正面の門は閉まってる。
 まぁ、普通にこの手前の仕掛けだよな。
 

 
 門は開いた!
 炎の中を突っ走れ!
 
リセッテ「ちょっと待って、この鎖は?」
 

 
 門は閉じた!
 炎に焼かれろ!
 
リセッテ「もう一度、最初の仕掛けを……」
 

 とーつげーーーき!
 向かうところ敵なしだーぜっ。
 
リセッテ「調子良いんだからw」
 
 
 とまぁ、仕掛けなどを突破しつつ先へ進むと――
 
 
ナイトマスター・ヴァンパイア「自分から夕食になりに来るがいい」
 
 っと、転進!(^^;
 
エリク「僕が敵を引き付けるからいつものようにお願いします!」

 ……やるのぉ。
 勇敢さだけは流石ノルドだ。
 
 んじゃ、こっちも行動開始しますか。

 ……俺、ガン無視w
 なんか「わんわんお」に気を取られた死霊術師を思い出すな。
 
 ん? そういえば「わんわんお」はどこに行った?
 
 
 まあよい。
 
 

 マヌケめw
 
ナイトマスター(ry「うぐぐ、いつの間に?」
エリク「どうだ、いまがチャンス!」
 

 やるじゃん
 
 俺がエリクを囮にして、一撃を撃ち込む。
 エリクがその一撃で怯んだ隙に、一撃を叩き込む。
 
エリク「やっぱり冒険者が天命なんだ」
ラムリーザ「そのようだな」

リセッテ「ハンマーフェルに行ってももう大丈夫ね」
エリク「ありがとう、でもファルクリースまでは一緒に行くよ」
 
 
 そんなこんなで順調順調。
 
 
 

 いよいよ最深部か?
 なんとなく厳かな間。
 これまでの経験上、あの棺からゾンビが出てくることに100グリアザス。
 

 出たな!
 最後の最後は俺の流儀で片付けさせてもらおう。
 

 狙いを定めて――

 ――Snipe!
 
 
 ふぃ……
 
 
 なるほど、この遺跡はこのために存在していたんだな。

 大成の壁画か。
 ジェイザルゴも、ちゃんと大成していっているだろうかなw
 
 
 というわけで、北シュリークウィンド砦の探索はおしまい。
 エリクも成長したし、俺も大成に向けて一歩進んだし、良い経験になったな。
 
 
この遺跡で手に入れたもの
 385G
 エメラルド
 回復の薬(究極)
 
 洗練・激しき力(シャウト)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記