home > 投稿 > > パーサーナックス狩り ~ブレイズになるために~

パーサーナックス狩り ~ブレイズになるために~

 
 俺の名前はラムリーザ、ブレイズを目指すもの。
 
 いいじゃんよ、シロディールの守護者もブレイズに加わってたんだしな!
 それに、ドラゴンの問題をさっさと片付けないとな!
 

 
 一人でドラゴン狩り……
 だが、狙撃なら――
 
 
 …………
 
 
 この右手を離せば、シロディールの守護者のように、ブレイズに加わる事が出来る。

 この右手を離せば、
 俺は、シロディールの守護者に一歩近づけるんだ――
 
 
 ………
 ……
 …
 
 
ドラゴンボーン編31 ~パーサーナックス~

 ドラゴンめ! ラムリーザ様の弓なめんなよ!(`;ω;´)
 
ドラゴン「落ち着け、そそっかしいドラゴンボーンよ」
ラムリーザ「あれ、俺の事知ってるとか?」
ドラゴン「わしがパーサーナックスだ」
 
 ちょ……(^^;
 
 
ラムリーザ「いいのかよ、知らねーぞ」

パーサーナックス「うむ、暖かい」
ラムリーザ「暖まりたかっただけかよw」
パーサーナックス「うむ、お前の中に竜の血脈が流れている。同じ種族の者と話したのは随分と久しぶりだ」
ラムリーザ「待てw どこをどう見たら『同じ種族』なんですか(;´Д`)」
 
 

ラムリーザ「ほら、なんというかな……、この世界が好きだからとか、いや、だからなんというか、滅びるとかさ……野蛮じゃん、ほら、リセッテさんとかが滅びて欲しくないとかなんちゃって、ははっ、なんちゃってなー、なんちゃって」
パーサーナックス「ふっ、もっと自信持てw」
ラムリーザ「はぁ……(´・ω・`)」
 
 
ラムリーザ「ドラゴンナイトーーっ!」
パーサーナックス「お前は騎士だったのか?」

ラムリーザ「星霜の書の在り処まで送っておくれ」
パーサーナックス「いやじゃ」
 
 
 
ドラゴンボーン編33 ~対決!アルドゥイン!~

ラムリーザ「無茶な! あんな化け物……、ドラゴンの親玉だろ? 何で俺一人で!」
パーサーナックス「ソリチュードであの娘が待っているんだろう? 余計な事考えず、あの娘のためにも戦え。わしも戦うからちょっとは勇気を出したらどうだ!」
ラムリーザ「ぬ? リセッテさんのため……って、上から見てたなw」
 
 

ラムリーザ「どやっ、ラムリーザ様の弓なめんな!」
パーサーナックス「調子の良いやつだ、戦い前はあれほど怯えておったくせにw」
ラムリーザ「いやっはは、とにかく、ありがとう!」
 
 
 ………
 ……
 …
 
 

 
 
 …………
 
 
 できねぇ
 ……俺にはできねぇよ
 
 ブレイズには、なれない……
 俺は友人を犠牲にしてまで、地位や名誉を求めるようなクズにはなりたくない!
 パーサーナックスは俺の友人であり師であり戦友であり、彼が居なければ今頃アルドゥインに魂喰われていたかもしれない。
 その彼を殺してブレイズになるぐらいなら、エレン姉やんの犬になってもいいよもう……
 このドラゴン問題が解決しないと、リセッテさんとはもう結婚式挙げられないしな!
 
 ウルフリック暗殺すっか?
 
 クソ!
(一人で勝手に迷走中w)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記