home > 投稿 > > リフテンにて ~マーラの言葉をもたらすメッセンジャー~

リフテンにて ~マーラの言葉をもたらすメッセンジャー~

 
 ディンヤ・バリュ「マーラの祝福を持ってお行きなさい。この地方全体が彼女の栄光で輝くように――」

 
 俺の名前はラムリーザ、マーラの使徒。
 どうやら高い次元での愛を理解したようだw
 ディンヤ・バリュ司祭は、マーラのぬくもりをさらに広げたいようで、俺にリフテン中に書状を配って欲しいと来た。
 
 ちょっとまったw
 布教活動までするつもりは無いぞw
 
 それにリフテンだろ?
 綺麗事なんて耳貸さないって。
 
ディンヤ・バリュ「心の貧しき人々に、マーラの言葉をもたらすのよ」
 
 わかってるんじゃんw
 心貧しいわな、とくにメイビンとか、メイビンとか!
 
 
 まあよい。
 
 

 とりあえず馴染みのキーラバさんから。

キーラバ「いい? 私が信じているのはゴールドだけ。あとはみんなクズよ」
ラムリーザ「――といいつつチラシを受け取るキーラバさんであったw」
 
 ……ま、そうだよなw
 
 

 ちなみにオバタリアンは――
 
メイビン「ちょうどよかった、台所の焚き付けがもう少し欲しいと思っていたところですよ」
ラムリーザ「お役に立てて何よりです(;´Д`)」
 
 ――予想通りだが、なんというかもう最悪だw
 
 ドラ息子は――
 
ヘミング「紙切れで街のクズをどう救うか知らないが、ご自由に」
ラムリーザ「俺も知らん、ディンヤ・バリュに聞いてくれ……」
 
 ――うむ、知らんがな(´・ω・`)
 
 

 宿屋の女将さんは――
 
ヘルガ「は? なんでもいいわよ。どちらかと言うと、ディベラの信者なんですけどね」
ラムリーザ「芸術家じゃないくせにw」
 
 ――まあ、それなりに美しい人だよな。
 リセッテさんには敵わないけどなw
 つーか後ろの人、俺の顔見て眉をひそめるなw
 
 
 通行人――
 
ニヴェノール「冗談でしょ?あなた、マラマルみたいにイカれているわよ」
ラムリーザ「シェオゴラスはなぁ、シロディールの守護者なんだぞ……」
 
 ――って関係無いかw
 
 

 リフテンの傭兵――
 
ムジョル「ありがとう。これはアエリンと分けるわ」
ラムリーザ「分ける?(´・ω・`)」
 
 いや、分けんでも、アエリンにもあげるから。
 
アエリン「聖堂にはたまに行くけど、十分じゃないかもな。これには感謝するよ」
 
 ――いまいちよくわからん反応だ。
 
 
 ダークエルフの雑貨屋――
 
ブラン・シェイ「マーラには救えなどしない、誰一人としてな……」
ラムリーザ「シェオゴラスは救ってくれるか?」
ブラン・シェイ「もっと救いにはならない」
 
 ――まぁ、そうだわなw
 
 
 水産業従事者――
 
ウジータ「そんなんじゃ尻尾さえきれいにならないわ」
ラムリーザ「知らんがな(´・ω・`)」
 
 黙れ、スクゥーマ中毒者がw
 
 

 蜂蜜酒醸造所所員――
 
インダルイン「この茶番は何だ? ふん!」
ラムリーザ「もうやめた!」
 
 そんな怒らんでもええがな!
 だが言う事はもっともだ! もう茶番劇は終わり!!
 
 

 でも最後に鍛冶屋――
 
バリマンド「ありがとう、有効に使わせてもらうよ」
ラムリーザ「初めてまともな人に出会えたよ(´;ω;`)」
バリマンド「マーラのアミュレットか、結婚相手を探しているのか?」
ラムリーザ「結婚相手……」
バリマンド「……(チラッ」
ラムリーザ「いや、あなたとはしませんよ(見つめんなw)」
バリマンド「……(´・ω・`)」
 
 ガッカリするなああぁぁぁ!!ヽ(`Д´)ノ
 
 
 もうリフテンいやだーーーー!!!!
 
 
♪はぁ、メイビンでかい顔
♪男色バリマンド
♪麻薬中毒ウジータ
♪変な薬屋ブリニョルフ
♪ムジョルとアエリン半分個
 
~中略~
 
♪オラこんな村いやだー、オラこんな村いやだー
♪ソリチュードへ出るだー
♪ソリチュードへ出たら銭コア貯めで
♪リセッテさんと結婚するだぇーが!
 
 
 そうしましょ、そうしましょ(´・ω・`)
 
 
 以上、リフト奪還編おしまいっ
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記