home > 投稿 > > サブ・ストーリー7-3 ~愛の書・二つの魂~

サブ・ストーリー7-3 ~愛の書・二つの魂~

 
 俺の名前はラムリーザ、愛の伝道師w
 
 マーラの祝福を受けるため、愛の有り方を指し示している。
 この流れだと、どうやらリセッテさんは、俺にマーラの祝福を受けて欲しいと考えられるかな。
 ディベラじゃなくて、なぜマーラなのかはまだわからんが……
 
 しかし、ディンヤ・バリュ司祭の話では、まだまだ光を運ぶ必要があるようで。
 どんだけ俺は闇に囚われているんだよw
 
 しかし今回は、こんなものをもらった。

 マーラのアミュレット。
 つけろってことか、まぁタロスじゃないから付けていても何の問題もなかろう。
 このマーラのシンボルは、俺を彷徨える二つの魂へと導くそうだ。
 なんのことやら……
 
 ………
 ……
 …
 
 気が付くと、俺はホワイトラン近郊の平原に立っていた。
 なぜここに?

 ……魂
 死者の安息所ぶりですな。
 とりあえず様子を見てみよう……

ルキ「フェンリグを探しているの。グジュカールの男達と一緒だったんだけど、彼らはここで皆殺しにされたようなの……」
ラムリーザ「酷い話だな……(話しかけてきた、この幽霊は口が聞けるのか)」
ルキ「お願い、探すのを手伝って。明るい赤毛の髭と髪をしているわ」
ラムリーザ「赤毛か……、ジークフリード・キル○アイスが生きていたら……、か」
ウラッグ「髭は無いぞ」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 
 平原を探し回ること数時間。
 この広い平原で人を探せと言われてもなぁ。
 
 もうすっかり日が暮れてしまったよ……
 
 
 おや?
 
 

 幽霊……
 二つの魂……
 なるほどな……
 赤毛かどうかはこれではさすがに分からんが、幽霊には幽霊ということにしておきましょう。

ラムリーザ「口が聞けるか? お前の妻が探しているぞ」
フェンリグ「ルキが? どこにいるんだ?」
ラムリーザ「もっと西のほう、何か遺物があったかな?」
フェンリグ「家からこんな遠くに来たなんて、重要な事に違いない。連れて行ってくれ」
 
 
 う~む、これは……
 普通に幽霊が見えるなんてな。
 あ、そっか。
 そういえば俺は霊感少女だったなw

ルキ「フェンリグ! 生きていたのね!」
フェンリグ「もちろん。ここへ何の用で来たのだ?」

 ……浮かび上がり始めた
 
ルキ「グジュカールの男達が皆殺しにあったと聞いて、あなたを探しに来たのよ!」

フェンリグ「今は一緒だ……、そして永遠に離れない」
 
 

 そして消え去っていった……
 
 
 
 あなたを探しに来た……、か。

 探しに……
 
 
 愛、か……
 愛は永遠とでも言いたいのかいな。
 
 
 

 ふぃ。
 あ、遠くにドラゴンが――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記