home > 投稿 > > 魔導師大学完結編3 ~ラビリンシアン、サボスの幻影~

魔導師大学完結編3 ~ラビリンシアン、サボスの幻影~

 
 俺の名前はラムリーザ、見習い魔導師である。
 星霜の書の情報を求めて魔導師大学に久々に帰還したわけだが、現在大学はマグナスの目に蝕まれつつあり非常に危険な状態だ。
 
 まぁアークメイジ様の悲劇を考えると、暴発して全てが吹き飛んだとしても「誰も気がつかない」で終わりそうだがなw
 つーか、大学には「自分の事しか興味なさそうな連中」が揃っているような……
 
 あまり人のこと言えんがな……(。-`ω´-)
 
 
 しかしアンカノ叔父さんの身に何かあったら、後味が悪いし親父の心証も悪くなるかもしれん。
 ここは星霜の書のことは一旦置いといて、マグナスの目の問題を解決すべきですな。
 
 
 しかしこの暴走を食い止めることができるのは、マグナスの杖のみだと言われている。
 なんかもう遠い昔のことのように感じてしまうが、サイノッドの研究者から聞いた話では、ラビリンシアンにあるということらしいので、「あほんだら」を率いてやってきたのですがーあっ!
 

 アークメイジ様の霊だ……
 そりぁあ数週間も放置されていたら浮かばれないよな……(´・ω・`)
 迷わず成仏してください……
 他の人もマグナスの目の暴走でやられた人たちかな?
 
 
 さてラビリンシアン。
 入るためにはミラベルさんに頂いた「ラビリンシアンのネックレス」を使わなければダメなようだ。

 ノックノックー
 よーし、遺跡探検だ。
 どうせ「ゾンビの巣窟」だろうがなw
 
 まぁ、ジェイザルゴのあほんだらの自信満々な態度に、一泡吹かせることはできるだろう。
 安全な大学敷地内で、実験と演習しかしてないから尊大な態度になりうるんだ。
 サールザルの実地調査でも、実戦になったのは結局俺とトルフディル先生だけだったしなっ。
 
 演習と実戦の違いを思い知らせてやれw
 
 

 また幽霊……
 ……でもちょっと違うみたい。
 こっちに反応するわけでなく、それになんかアークメイジ様も、なんとなく若そうに見えるぞ……
 
 脳裏に響いてくる会話からして、過去の幻影か?
 
 
 アークメイジ様は昔ここでいったい何を?
 
 
 しかし面白くないのは、このような不思議な光景だというのに、あほんだらは全然動じていない所。
 ひょっとして俺が霊感少女だから見えているだけなのか?
 
ラムリーザ「どう思う?」
ジェイザルゴ「マグナスの杖の事ならジェイザルゴも聞いたことがある。用済みになったら、ひょっとしてジェイザルゴが借りていいだろうか?」
 
 
 ……勝手にしろい。
 
 平気なのか、見えてねーようだな、面白くねー。
 
 
つづーく
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記