home > 投稿 > > 第四十五話 Getting a Clue

第四十五話 Getting a Clue

 
 Fallout4のプレイ日記、続けて行きたいと思います。
 前回は、新聞記者パイパーのオフィスに行って、彼女のインタビューを受けたりしていました。
 そして、この先の話を知りたいということになり、プレストンと別れ、パイパーを同行させることになりましたとさ。
 ミニッツメンの仕事もひと段落ついたし、パートナー切り替えて気分転換しますかな。
 
 
 さて、次は探偵バレンタインの事務所を訪れることにします。
 だいぶん前に、探偵を探し出した時に、オフィスで会おうという話になってたけど、ミニッツメンの仕事に行って放置していましたw
s-2016-01-08_00054
 事務所では、バレンタインとエリーが感動の再開をしています。
 
 待たせたな!(`・ω・´)
 
 お礼に、色あせたトレンチコートや、くたびれたフェドーラ帽をもらえたけど……
 もうしばらく将軍でいるか……
 ミニッツメンの将軍という立場は変わらないんだからな。
 
 というわけで、探偵の事件を調べ始めました。
 行方不明の人を探したい時、厄介な個所は些細な所にあるらしい。
 わかることは全て話してくれ……と。
s-2016-01-08_00090
 話をしたことで、バレンタインはいろいろと考察していったようだ。
 相手は小さなチーム、プロ集団であること。
 地下で冷凍されて封印されていた人を連れ出すのは、結構な障害であること。
 妻を殺すような冷酷な殺人鬼達が相手だということ。
 そしてまだ1歳になってない息子を奪ったということは、誰かが世話をするということだ。
 
 つまり、これは思い付きの誘拐ではなく、計画的な犯行だったと。
 
 そして、人を連れ去る集団とは、レイダー、スーパーミュータント、ガンナー、インスティチュートだと。
 インスティチュートの仕業だと言われていたが、そう思われる理由は、どうやら奴らは初期型人造人間で、部品を求めて町中を荒らし、邪魔になるものは全て殺したのだ。
 そういえばこれまでに人造人間と戦ったこともあったなぁ……
 
 そして、バレンタインは捨てられたプロトタイプの人造人間だという。
s-2016-01-08_00086
 そんなところじゃないのかな、とは思っていたけどねw
 
 いずれにしても、ショーンを見つけなければならない。
 ということで、誘拐犯の外見を思い出すことにした。
 プレイヤーは、あんまり覚えてないけどねw
 
 とりあえず、銃の音、相手の声、服装、はげ頭で傷があったなどと話をした。
 服装がハザードスーツだったというところに、バレンタインは注目したようだ。
 そして、容姿の話をしたときに、「ケロッグという名前に聞き覚えが無いか?」と言ってきた。
 なにやら思い当たる節があるようだ。
 ケロッグ……コーンフロスティ?
 
 こほん
 
 それでも、ケロッグという奴は、いままで話したことと特徴が一致するらしい。
 そして、奴はこの街に家を買っていたそうだ。
 もっとも、かなり前に居なくなってしまったということだが……
 
 とりあえず何か手掛かりがあるのではないか、ということで、最後に住んでいた所まで行ってみることになりましたとさ。
 
 
Sponsored Links




 
 前の話へ目次に戻る次の話へ 

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記