home > 投稿 > > イヴァルステッドにて2 ~意外な結末~

イヴァルステッドにて2 ~意外な結末~

 
 ナルフィの元から消えたレイダを調べるついでに、東の小さな島の洞窟を探検してみることにした。
 そこにレイダが消えた手がかりがあるかもしれないしな。
 
 しかしそこはただのゾンビの巣窟だったが、一番奥にいたゾンビはとんでもないやつだった。

 そいつは撃ったと同時に消えてしまった。
 これは厄介なやつだ……
 
リセッテ「後ろよ!」
 

 なんてこったい、分身して攻めてきてやがる。
 
 しかも、ウェアウルフや「わんわんお」が飛びかかって行っても、その都度消える……
 こいつはべロリンマンのゾンビか?
 これでは埒があかんなぁ。
 
リセッテ「本体以外は分身なのよ、本体を叩かないと」
ラムリーザ「う~む、本体の気配……」
 

 貴様だ!
 
 
 ふぃ
 
 
 分身を操る厄介な敵はを調べてみると、お宝とともに一通の紙切れを持っていた。

 謎の書物
 何を意味するのか?
 アミュレットの一部みたいなものを所持していたが――

 ――これが何か意味を持っているのだろうか?
 
 
 まあよい。
 
 
 ここにはレイダの手がかりは無い。
 一年前じゃ流石にわからん。
 もし死んだとしても、遺体は川に流されて村から離れていったかもしれないしな。
 ナルフィに本当のことを伝えてやりたいが、これではどうにもならん。
 
 未解決ファイルとしてX-FILESに保管しておこうw
 
 
~ Mission Incomplete ~
 
 
リセッテ「さて、このままリフテンに向かいましょう」

ラムリーザ「おらあんな村、嫌だー」
リセッテ「って、また橋の手すりを走る!」
ラムリーザ「一度走ると病みつきになるぞ」
リセッテ「なりません!」

 あっ
 
リセッテ「ほらまた……」
 
 たまにはこうして体を洗わないとなー。

 泳ぐって気持ちえー♪
 
リセッテ「いつまでそうしているつもり?」
ラムリーザ「すーいすいっ……って、ぶわっ!!」
 

 川の中に遺体が?!
 
ラムリーザ「リ、リセッテ大変だーっ!」
リセッテ「知りません」
ラムリーザ「川の中に遺体が!」
リセッテ「ええっ?」
 
 所持品を調べてみたところ、首飾りがひとつ出てきた。

 まさかレイダの?
 
リセッテ「ほかの所持品が薬草とか、レイダの可能性は高いわね……」
ラムリーザ「ナルフィに届けてやるか、そして本当のことを……」
リセッテ「ねぇ、レイダの事は黙っていてあげましょうよ」
ラムリーザ「……その方が気休めになるか」
 
 …………(。-`ω´-)
 

 レイダは、そのうち戻ってくるさ……
 
ナルフィ「少なくとも、レイダの首飾りがナルフィの元に戻った……。思い出の品を届けてくれて、感謝する」
リセッテ「さあ、行きましょう」
ナルフィ「今は、ナルフィは幸せだ。一晩中でも眠れる。眠れる、眠る、眠る」
 
 まぁ、これでいいか。
 ナルフィも落ち着いたみたいだしな。
 レイダの件も、一応結末は分かった。
 後は、時間が解決するしかないだろう……
 
~ Mission Complete ~
(一転して解決w)
 
 
リセッテ「しかし何故、小島で姿を消したレイダの遺体が川の上流にあったのかしら?」
ラムリーザ「多分小島で、マグナスの目に吹っ飛ばされたんだよ」
リセッテ「……何か引っかかるところがあるけど、まあいいわ」
ラムリーザ「多分、橋の手すりを渡っていて、落ちて溺れたんだよ」
リセッテ「それは絶対、無い!」
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記