home > 投稿 > > モス・マザー洞窟

モス・マザー洞窟

 
リセッテ「さぁ、次はファルクリースに向かいましょう」
ラムリーザ「消臭剤か?」
ウラッグ「それはファブリーズだ」
 …………(。-`ω´-)
 

 というわけで、ロリクステッド周辺は粗方見回ったので、次はファルクリースを目指すことになりました。
 また知らない街名が出てきたが、知らないことは黙っていよう。
 
 ……… 
 ……
 …
 
???「おーい、誰か助けてくれ!」
 ファルクリースという所に向かう途中、どこからか助けを求める声がかすかに聞こえた。

 あっちの方から聞こえたな?
 
 そこには、一人の傷ついた狩人が居た。

 彼はファルクリースのヴァルドル。
 仲間と共に熊狩りをしていて、この洞窟に追い詰めたそうだが、突然現れたスプリガンに仲間を殺され、一人命辛々逃げてきたって所だ。
 怪我をしていて動くこともままならないそうだ。
 なんとか治療できないものか相談してきたのだ。
 
 そこで気がついた……
 
 俺たち旅の準備として、傷薬とか全然持ってない……(。-`ω´-)
 お気楽な軍団だなー、俺たちw
 怪我したらどうするんだよ全く……
 
 だが俺は魔導師大学のはしくれ、治癒魔法ぐらいコレットさんから学んでおる。
 
ラムリーザ「薬はないが、効果のある呪文を知っているぞ」
ヴァルドル「それは助かる、急いでくれ!」
 

 治癒の手だ。回復の初歩だw
 
 ヴァルドルの傷は癒えたが、次は仲間の亡骸をそのままにしておきたくないと。
 しかし自分はスプリガンなどには歯が立たない……
 
 もののついでだ。
 
 洞窟の掃除だけでもしてやろう。
 厄介事を片付けるなんでも屋みたいになってきておるのぉ。
 

 なるほど……、やられてら……
 
 側には熊の遺骸。こいつを狩っていたのね。

 ……と、スプリガン発見!

 ひとーつ!
 
 ヴァルドルは熊の毛皮が高く売れると言っていた。
 手間賃代わりに毛皮を頂いておきますかなw
 ついでにスプリガンは「主根」というものを持っている。
 「蓮根術」は専門で無いのでよくわからんが、薬屋に売れるかもしれないので持っていく。
 スプリガンの物だ、たぶん珍しいだろう。
 

 次は熊。
 狙撃で額を撃ち抜き、毛皮二枚目入手w
 
 ヴァルドル達が襲われたのは、3匹のスプリガンと言っていた。
 つまり、あと2匹潜んでいるはずだ。
 
 しかしスプリガンはやっかいだ。
 1匹目はつっ立っていたが、基本的に木の中に隠れている。
 木の精みたいなものだからな……
 
 
 しかし俺の感覚が危険を察知する。
 正面の木に、木の精が居るように感じるのは、気のせいだろうか?

 おった!

 むっ、身を隠すか!
 やっかいなやつだ。
 
エリク「隠れたって無駄だ、見つけたぞ!」
ミーコ「わんっ! わんっ!」
 
 エリクと「わんわんお」が飛びかかっていって姿を現した所に――

 ――ふたーつ!
 なんか「わんわんお」変色してら、何か食らったか?
 
 これで残るスプリガンはあと一匹……
 
 
 どこだ?
 

 出たな!
 
 前衛が引きつけているうちに――

 ――みっつ!
 
 
 これでモス・マザー洞窟のスプリガンは片付いたわけだな。
 あとはヴァルドルが仲間をなんとかするだけだ。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 
ミーコ「わんっ! わんっ!」
エリク「この馬鹿犬め!」
ラムリーザ「なんぞ?」
リセッテ「…………」
 

 お前ら、何喧嘩しているのだ?
 
 スプリガンは混乱の術でも使うのか?
 それとも誤爆したか?w
 
 まあよい。
 
 脳筋同士、じゃれあってなw
 
 ………
 ……
 …
 

ヴァルドル「正義は行われた、というわけか。さあ、これを受け取ってくれ。大した物ではないが、大事なものだ」
 
 そういうと、彼は一本のダガーを寄越してきた。
 なんでも、狩りを始めた時に、幸運を運ぶ物だと言って、アリという仲間から頂いたものだそうだ。
 俺に使って欲しい、と。
 
 俺は弓だけで良いんだが、折角だから頂戴しておく。
 
 ヴァルドルは、仲間を葬ってからファルクリースに戻るそうだ。
 そしてぜひ寄って欲しいと。
 
 
 丁度いい、俺たちも今ファルクリースへ向かっている所なんだ。
 また後ほど出会うことになるだろう。
 
 
 
今回入手したもの
 ホラアナグマの毛皮×2
 クマの爪×2
 主根×3
 ヴァルドルの幸運のダガー

 収入金が無いw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記