home > 投稿 > > リフテンにて ~リフト奪還作戦の結末、夢破れたり~

リフテンにて ~リフト奪還作戦の結末、夢破れたり~

 
 俺の名前はラムリーザ、リフテンの支配者――、になってやれw
 
 

 へっへっへ、ここからがおもしろいのだ。
 執政アヌリエルと共に、首長ライラのおばさんをまるめこんで、メイビンに対抗するんだ。
 そしてハチミツ酒を安く横流ししてもらうんだw
 これで毎日好きなだけハチミツ酒が飲めるようになるってんだ~。
 
 メイビンがなんだ!
 メイビンがなんだ!
 

 ぎょっっ!!
 
ラムリーザ「な……、な……、なんであなたがそこに……?(;´Д`)」
メイビン「帝国の要請を受け、ライラに代わって首長に付きましたが、何か?」
ラムリーザ「そんな……、ライラのおばさんは? 執政アヌリエルは?」
メイビン「ライラはストームクロークが一掃されると同時に失脚しました」
 
 …………
 
 ドーンスターのスカルド→ブリナさんみたいなものか……
 よりによって、何でこのオバタリアンなんだよ(;´Д`)
 でも確かこの人、サルモール大使館パーティにも来ていたな……
 つまりどっちかと言えば帝国寄りの人だったんだ。
 
 
 なんてこったい……
 
 
メイビン「まぁ、肩書きは単なる形式上のものです。どのみちこの辺りは昔から私が仕切っていますから」
ヘミング「ここら辺を仕切っているのが誰だか覚えておいた方が、身のためだぞ」
ラムリーザ「…………」
メイビン「私には玉座が似合うと思いませんか?」
ラムリーザ「…………(´・ω・`)」
メイビン「首長メイビン・ブラック・ブライア――。耳に心地よい響きだと思いませんか? ウフフ」
ラムリーザ「…………(´;ω;`)ブワッ」
メイビン「はい、話は終わったはずですよ。おどきなさい」
 
 
 …………
 
 
 ダメだ……
 首長の威を笠に着て、このオバタリアンに対抗しようと思ったけど――
 こうなったらもう手も足も出ないや。
 
 アヌリエルさんも、気の毒っちゃあ気の毒だな……
 これでリフテンは完全にブラックブライア家の物になるわけだ。
 自分の息子を執政にして置いているし、もう知らん!
 
 
 リフテンなんていらないやーいっヽ(`Д´)ノウワァァン!!
 こんなところ、リフトンでいいよもう!
 
 
 ハチミツ酒なんかより、リセッテさんの方が甘~く、魅力的なんだいっ!
 メイビンのオバタリアンと違って、リセッテさんは美しいしなーっ!
 
 
メイビン「ああ、そうそう。戦場における働きを称え、ここにリフテンの不動産を購入する許可を与えましょう」
ラムリーザ「忝いでござる……」
 
 
 要らん要らん、リフテンの不動産買う金があったら、もっとがんばってリセッテさんの居るソリチュードに家買うよ。
 リセッテさんと言えば、ソリチュードを出発前に――
 
 
~~
 
リセッテ「ねぇ、リフテンに行くなら、帝国軍のお仕事の他に、見てきてほしいものがあるの」
ラムリーザ「なんでげしょ旦那?」
リセッテ「誰が旦那よw 旦那はあなたでしょ。えーとね、リフテンに行ったら、マーラの聖堂に行って、そこの人達とよく話をしてきて欲しいの」
ラムリーザ「何か珍しいものでもあるのかい?」
リセッテ「……大事なもの。きっと分かると思うわ。」
 
~~
 
 ――って言ってたな。
 帝国軍の仕事も終わったことだし、ストームクロークには勝ったが俺は負けたがな。
 
 ディベラじゃなくて、何でマーラなんだろうな。
 

 マーラの聖堂か
 
 なんだろ。
 まぁタロスじゃないから、何の問題も無いけどね。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記