home > 投稿 > > 第五十七話 Institutionalized

第五十七話 Institutionalized

 
 Fallout4のプレイ日記、続けて行きたいと思います。
 前回は、まずバージルからテレポーターの設計図を作成してもらい、ミニッツメンに協力をしてもらうことになりました。
 そしてスタージェスの手伝いで、サンクチュアリ・ヒルズにテレポーターを作成したのである。
 そしていよいよインスティチュートにテレポートしたところだけど!
 
 
 
 そこは、荒廃したイメージはなく、未来的な建物の中でした。
s-2016-01-13_00099
 ひとまずコンピューターにアクセスして、ネットワークをスキャンすることでスージェスに頼まれた情報を得ることはできたけど……
 出口はどこだ? ショーンはどこだ?
 
 部屋をうろうろしていたら、ファーザーという者がどこからか話しかけてきました。
 ファーザーとは、インスティチュートを支配している者のようです。
 二人で話し合いたいということで、エレベーターに乗るよう促してきました。
 
 エレベーターに乗っている間も語り掛けは続いています。
「我々に持っている印象が間違っていると証明したい」
 とか言ってるけど……
 インスティチュートって、殺し屋を雇って息子を誘拐して妻を殺したんだろ?
 想像とか印象じゃなくて、実際に起こったことで敵だと思っているのですがー。
s-2016-01-13_00113
 うーむ……
 荒廃した世界と全然違った場所に来てしまった感じ。
 
 ファーザーは、百年以上もの間、人類の生存にこの身をささげてきたとか言ってるけど……
 んー、どうなんでしょうね。
 
s-2016-01-13_00121
 エレベーターで降りた先に、部屋の中に誰かが閉じ込められているようです。
 他に行く場所は全てロックされていて、進むことができません。
 
 閉じ込められている子供はガラス越しに話しかけられました。
s-2016-01-13_00126
 なんとこの子がショーンでした!(`・ω・´)
 しかし、自分が父親だと話しても信じてくれません。
 まぁ、赤子の時に誘拐されたから仕方ないか……(´・ω・`)
 
 ファーザーファーザー騒いで会話にならんですなぁ。
s-2016-01-13_00141
 ……と、そこに一人の老人がやってきて、何かやったらショーンは動かなくなってしまいました。
 この老人が先ほどから話しかけてきていたファーザーのようです。
 そして、この子供は試作品だといいます……人造人間?
 
 自分の子供を元に試作品、人造人間を作るとは……
 なんかこれを妹に置き換えると、妹を元にクローンを作りまくっていたX-FILESみたいですな(;´ー`)
 
 そんなことよりも、とんでもない事実が発覚しました……
s-2016-01-13_00165
 この老人が、本物のショーン、息子なんだってΣ(・ω・ノ)ノ!
 
 これを聞いたとき、リアルで「えー……」とつぶやいてしまいましたw
 某有名SF映画の、「私がお前の父だ!」の逆を行くパターンですか、こうきましたか……
 実際には、誘拐事件から60年近く経っていたということらしいです……
 
 まいったなー。
 
 インスティチュートの印象が変わってしまったよ……
 ファーザー、いや息子は手伝ってほしいと言っています。
 
 ん~、どうしよう。
 
 とりあえず、起こったことにいろいろと混乱しているので、ひとまず考えようw
 ゲームに真剣になりすぎかもしれんけど、まじどうしたらいいかわからんw
 
 
Sponsored Links



 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記