home > 投稿 > > エピローグ ~シャヴァーリの元へ~

エピローグ ~シャヴァーリの元へ~

 
 こうして俺はギルドマスター、そしてナイチンゲールとして新たな人生を歩むことになった。
 これから盗賊ギルドは、さらに影響力を強めていくことだろう。
 
 だが俺にはまだやり残している仕事がある。
 
 
 シャヴァーリの仇討ちだ。
 
 
 彼女はサルモールの指令でブレイズを始末するべく行動に出たが、逆撃を被り命を落とした……
 公の目で見れば、彼女は仕事に失敗しただけの事。
 危険を伴う仕事に失敗して命を落としただけの事。
 
 
 だが、私事で考えるとブレイズは俺の相棒の仇だ。
 シャヴァーリは俺の大切な……
 いつの日か一緒に……、と考えていたんだ……
 
 
 
 
 仇は、ブレイズのエズバーンとその護衛であるアルトマーのジェイザルゴ。
 エズバーンはサルモールから逃れるために長い間ラットウェイに潜んでいた。
 そしてジェイザルゴはそのエズバーンを連れ出すためにやってきた者。
 
 
 奴らが今どこで何をしているかはわからん。
 だが、エズバーンはラットウェイで顔を見たし、ジェイザルゴの人相もエチエンから聞いている。
 
 そしてついに、ジェイザルゴがホワイトランからソリチュードに向かっているという情報を得たのだ。
 
 
 途中で待ち伏せだ!
 ホワイトランはつい先ほどまで、ストームクロークの襲撃を受けていたらしいが、俺には関係ねーな。
 
 ………
 ……
 …
 
 来た……
 アルトマーのジェイザルゴ……
 エチエンの言っていた人相と一致する!
 こいつを始末できたら、次はブレイズのエズバーンだ。
 
 ひっそりと沈み、隙を伺う。
 そして相手の様子も観察する。
 こいつは武器何も持ってないし、鎧ではなくローブを着込んでいる、魔導師か?
 ならば懐に飛び込めばこっちに分があるな。
 
 
 隙を伺い、忍び寄る……
 
 
 だが突然ジェイザルゴはこっちに振り向く。
 ちっ、気づきやがったか。
 なんて鋭いやつなんだ。
 奇襲戦法は無理か……
 
 ブレイズ――
 帝国の親衛隊、シャヴァーリも敵わなかった相手。
 普通に戦えば勝ち目はないだろう。
 そこで俺にはこの秘薬を使うことにした。
 たとえブレイズと言えども、スクゥーマでラリッた状態ならどうにでもできるさ。
 
 
 まずはフレンドリーにな、行商人のふりをして、と。

レイジィ「やあ兄弟、疲れているみたいだな」
 
レイジィ「もしよかったら、リラックスできる用意があるんだが」
ジェイザルゴ「兄弟になった記憶は無いが、戦いに疲れていたところだ、丁度いい」
 
 
 フッ、馬鹿め。
 
 
レイジィ「最高級のスクゥーマ、甘い甘いムーンシュガーだよ。お値段も――」
ジェイザルゴ「スターーーーップ!! この麻薬売人め! 罰金払うか服役するか? とりあえず現物は証拠品として押収だ!!」
 
 
 ちっ、バレたか……、衛兵気取りやがって。
 
 こうなったら実力行使だ!
 ブレイズと正面からやりあって勝てるかどうかは分からない。
 だが今や俺もナイチンゲールのはしくれ。
 素手での戦いなら、こちらにも分がある!
 
 ブレイズだかなんだか知らねーが、お前の思い通りにはさせないぞ!
 
 シャヴァーリ、見ていてくれ!
 俺はやってやるぜ!!
 
 
 
レイジィ「フンッ、そう思い通りには行かないぞ!」
 
 
 
 

~ The End ~

 
 
 
 
 
 
 
 

(その結末は?!)
 
→ 結末
 
 
 
 

 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記