home > 投稿 > > シャヴァーリの死

シャヴァーリの死

 
レイジィ「嘘だろ……?!」
 
 リフテンで待ち受けていたものは、信じられないことだった。
 
 
 シャヴァーリが死んだ……
 
 

レイジィ「……どういうことだよ?!」
エチエン「お、お前、戻ったか!」
レイジィ「エチエン! これはどういうことだ!」
エチエン「彼女は……、ブレイズに……、やられた……」
レイジィ「……くっ」
 
 返り討ちに会ってしまったわけかよ……
 
 
 街で騒ぎが起こり、様子を見に来たエチエンが、シャヴァーリの遺体を見つけて俺の帰りを待っていたのだ。
 
 ……なんてことだ。
 
レイジィ「エズバーンめ……」
エチエン「エズバーンだけじゃなかった、奴には護衛がついていたんだ」
レイジィ「何?」
エチエン「遠目にしか見ていないが、俺をサルモール大使館から逃がした奴に似ていたが……」
レイジィ「誰だよ!」
エチエン「すまない、名前までは知らないんだ」
カーリア「レイジィ、ちょっと良いかしら?」
レイジィ「よくない!」
 
 
 俺は周りのことは何も耳に入らない風に駆け出していた。
 だが何も考えていないわけではない。
 まだエズバーンが街に残っているかも知れないと考えたからだ。
 
 
 街を駆け回ると、ラットウェイでもちょっとした問題が起きていた。
 シャヴァーリと同じく、エズバーンを狙っていたサルモールの者がやられていたのだ。
 
 彼は重症だが、まだ息があった。

サルモールウィザード「大丈夫か? しっかりしろ! 誰にやられた? エズバーンは見つかったか?」
瀕死のハイエルフ「うぐぐ……、やつには『ジェイザルゴ』という護衛がついてやがった……。ハイエルフのくせにブレイズに味方してサルモールに盾突くとは……」
サルモールウィザード「ハイエルフのジェイザルゴめ……、ゆるさんぞ!」
レイジィ「エズバーン……、ジェイザルゴ……」
 
 
 そうか、エズバーンには仲間が居たか、ハイエルフ……
 アルトマーのジェイザルゴとかいう奴……
 二人掛かりで嬲り殺したんだな!
 
 エズバーン、ジェイザルゴ……
 この借りはいつか必ず返すからな!
 
 ………
 ……
 …
 
 シャヴァーリ……
 どうしてこうなった?!
 サクッと片付けて待ってるって言ったじゃないか!
 
 俺はギルドマスターにまでなったんだぞ。
 お前をギルドに受け入れる準備はできたというのに……

 どうしてこうなってしまったんだーっ!!
 
 
カーリア「レイジィ……、あなたの辛い気持ちは分かるわ。でも……」
レイジィ「カーリア……、今は一人にしておいてくれ……」
カーリア「不壊のピックを黄昏の墓所に持ち帰らなくてはならないわ」
レイジィ「……あんたが行ってくれよ」
カーリア「色気に気を取られたばかりに墓所への侵入を許して、代償にガルスの命は奪われてしまった。鍵が取り戻されるまで、二度とあの敷居をまたぐつもりはないの」
レイジィ「……ガルスは、恋人だったのか?」
カーリア「ええ……、だから、今のあなたの気持ちはよくわかるわ」
レイジィ「カーリア……」

 
 ………
 ……
 …
 
 俺はギルドマスターだ。
 これからはギルドのことも大事にしなければならない。
 
 まずはギルドの問題を片付け、シャヴァーリの事はそれからでも遅くは無い。
 
 
 絶対に忘れないぞ。
 ブレイズのエズバーンに、その護衛のアルトマーのジェイザルゴ!
 
 
レイジィの居ない間に、リフテンで何が起きていたかが気になる方は、こちらを参照してください。
ドラゴンボーン編24 ~サルモールからの刺客~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記