home > 投稿 > > ブラインドサイト ~メルセルとの決着~

ブラインドサイト ~メルセルとの決着~

 
カーリア「いたわ、まだこちらに気づいていない。ブリニョルフ、扉を見張って」

 居た! メルセルだ!
 像の目から何かを取り出したぞ?
 しかしこちらには気づいていないようだ。
 奇襲して一気にやつけるか?
 
メルセル「カーリア、俺を出し抜くなんてお前には無理なんだよ。そろそろ分かってくれないか?」
 
 ちっ、気づいてやがったか。
 奇襲戦法は無理か。
 
 やはりメルセルは一筋縄ではいかない奴だ。
 そしてメルセルは、俺のほうを向き語りかけてきた。
 
メルセル「ブリニョルフがお前を連れてきた時、急に風向きが変わったように感じた。その瞬間に悟ったんだ、最後はお互い剣を交える事になるんじゃないかってな」
レイジィ「そんなことはどうでもいい。不壊のピックを渡せ、メルセル!」
メルセル「カーリアに何を吹き込まれたんだ?ノクターナルはお前のことなどどうでもいいんだ。不壊のピックやギルドの事もな」
レイジィ「ノクターナルとは関係ない、個人的な問題だ」
メルセル「復讐のためか? 俺達と行動を共にしたくせに、何も学ばなかったのか?」
レイジィ「俺を殺そうとしたくせに、何を言ってやがる」
メルセル「早く目を覚ませ、そして気づくんだ。お前は俺の同類なんだよ。嘘つきで詐欺師で泥棒だ。人の事など構いやしないのさ」
レイジィ「違うな。こっちにはまだ名誉が残っている。お前のように仲間を裏切るようなことはしない」
メルセル「不壊のピックに対する見解が違うようだな……、あれは無限の富をもたらす道具なんだぞ。なのにお前は自分のくだらない主義につまずきやがった」
レイジィ「いや、つまずくのはお前だメルセル。裏切り者のお前に未来は無い!」
メルセル「ならばもう話すことは無い。この剣に再びナイチンゲールの血を味わわせてやる!」
レイジィ「フンッ、そう思い通りには行かないぞ!」
 
 こっちは三人だ。
 一斉に飛び掛ってメルセルを押さえ込んでしまえ!
 
ブリニョルフ「な、何なんだ?! 自分が止められん!」
カーリア「負けないで、ブリニョルフ! あなたの精神を支配する気なのよ!」

 なんと、ブリニョルフがメルセルに操られ、カーリアに襲い掛かっている。
 カーリアも、ブリニョルフを傷つけるわけにはいかず、防戦一方だ。
 
 おいおいマジかよ……
 つまり、自由に動けるのは俺だけってこと?!
 
 
 しかし、まともにメルセルと一騎撃ちをやって勝てるとは思えない……
 情けない話だが、俺は戦闘はそんなに得意ではないのだ……
 ちょっとした投げ技ができるぐらいなんだ。
 
 考えやがったな、メルセル!
 各個撃破で3人を仕留めるつもりだな。
 
 だが、やるしかない!
 
 ブリニョルフはメルセルに心を操られ、カーリアとやりあっている。
 メルセルは俺がやるしかないのだ……
 ギルドの未来の為に!

 息を潜め、とにかく隙を伺う。
 
メルセル「隠れているつもりか? 影を支配するのはこっちの方だ!」
 
 隠密だけは誰にも負けねぇ……
 たとえメルセルが相手でも、見つかるわけねーよ!
 
メルセル「見つけてやるぞ、もうすぐな」
 
 メルセルは脅すように呟いている。
 口を開くということは、それだけ焦っているとも取れる。
 だが隙を見せるようなことはない……
 
 さすがだ……
 
 しかし、バックを取れさえすれば!
 脳裏に浮かぶ、完璧な投げ技をお見舞いしてやるんだがな!
 
 
 その時、ついに待っていた隙が生まれた。
 メルセルは俺の存在に気が付かずに、目の前を通り過ぎる。
 後ろに回れたぞ!
 
 今だ!!

 レイジィ原爆固めだ!!

 ズガーン!!
 
 渾身の一撃を食らい、メルセルは意識を失ったか、そのままお陀仏してしまったか。
 ピクリとも動かなくなってしまった。

 うまく決まったぜ!
 
 すまんな、剣を交えることにならなくて。
 俺はこっちの方が得意なんでな。
 
 
レイジィ「カーリア! やったぞ、メルセルはくたばった!」
カーリア「いけない! 崩れるわ! 『不壊のピック』と『目』を回収して、さっさと脱出しましょう!」
ブリニョルフ「無理だな、お嬢。何かが扉の反対側で崩れたに違いない。全く動かん!」
カーリア「別の脱出路を見つけないと、ここはじきに水で一杯になる!」
 

 カーリアの言うとおりだ。
 滝のように水が流れてきて、どんどん溜まってきている。
 
 急いでメルセルの懐を探る。

 あった。
 他にも、ファルメルの目があったので、それも忘れずに回収しておく。

 そうこうしているうちに、水はついに像の首のところまで溜まってきてしまった。
 
 
 そして――

 完全に水没してしまった。
 まぁ俺は別に平気だけどねw
 
 今まで居た空間は、完全に水没してしまったが、そのおかげで抜け道に辿り着くことができた。
 

 よし、これで戻れるぞ。
 
 
 シャヴァーリが気になるので、急いでリフテンに戻るとしよう。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記