home > 投稿 > > 三人衆復活 ~選ばれし者達~

三人衆復活 ~選ばれし者達~

 
 大立石に向かうと、カーリアとブリニョルフの二人はもう到着していた。

カーリア「来てくれてうれしいわ」
 
 この場所は、ナイチンゲールの根城、創設者が山腹を切り開いて造った場所。
 メルセル・フレイを倒すのに必要な剣が、ここで見つかると言うのだ。
 
 ここまで来たのだ。
 カーリアにナイチンゲールについて聞いてみることにした。
 
 ガルスとメルセルとカーリアは、かつて「ナイチンゲール三人衆」と呼ばれていたのだ。
 だが、ガルスを殺すと言うメルセルの裏切りで、25年前に崩壊してしまったという。
 ……俺まだ産まれてないころだな。
 三人衆は、ギルドの構成員から選ばれるのだが、その存在は極秘にされているのだ。
 確かに、カーリアに会うまでは、ナイチンゲールとか全然聞かされてなかったな。
 
 ナイチンゲールの目的はノクターナルの聖堂「黄昏の墓所」を守ることである。
 
 ――と、カーリアの話を聞きながら、洞窟を進んで行く事になった。

ブリニョルフ「なるほど、これがナイチンゲールの間か。ギルドに入った時にこの場所の事を聞かされたが、実在するとは思っていなかった」
カーリア「ナイチンゲールがただの伝説だという話は、意図的にギルドに広められたものよ。好奇心をそらして正体を探られないようにね」
 
 俺は、なんだかよくわからないままに着いて行っているだけだ。
 それはブリニョルフも同じようで、何故俺を選んだのかとカーリアに聞いている。
 ――だな、俺も選ばれたわけだしな。
 お互い、ノクターナルを深く信仰しているわけではない……
 
カーリア「宗教ではないのよ、ブリニョルフ……、これはあくまでも取引……」

カーリア「ここがナイチンゲールの間。あなたのような未参入者が足を踏み入れるのは、もう100年以上絶えてなかった事よ」
 
 俺も未参入者なんだけどな。
 しかも、盗賊ギルドに入ってから、そんなに経ってないのだけどな。
 今のところ一番の新入りだぞ。
 仕事だけはしっかりとこなしてきたてけどな。
 
 カーリアの話では、ここで武器庫に行って、ナイチンゲールの鎧を着ければ、誓約の儀を始められるという。

 ここが武器庫か?
 
カーリア「ナイチンゲールの鎧を着るのを迷っているようね。どうして悩んでいるの?」

レイジィ「いや、生まれてこのかた鎧など着た事無いもんでね」
ブリニョルフ「頭がこんがらがりそうな内容だな?」
 
 さてどうしたものか、着るしかないかな?

 ――着てみた。
 
 初めて着た鎧は、不思議と俺にぴったり合っているようだ。
 
 
 
カーリア「誓約に臨む覚悟は決まったようね」
ブリニョルフ「さてお嬢、こんな格好になったが、これからどうするんだ?」
カーリア「この門をくぐればナイチンゲールになる第一歩があるわ」
ブリニョルフ「ちょっと待ってくれ、お嬢。鎧は有り難いが、ナイチンゲールになるだって? そいつは話と違うぞ」
 
 え?
 ということはつまり俺も?
 ナイチンゲールは三人衆と言っていたが、カーリアはまさかこの三人でナイチンゲールを再結成しようとしているのか?

 だが、メルセルを倒せる望みは、ノクターナルを味方につけるより他に無いという。
 そのために、ノクターナルに俺達をナイチンゲールの一員と認めてもらい、自由に使える力を授けてもらうのだ。
 
 しかしその代価として、生あるうちも死してのちも、「黄昏の墓所」の守護者を務めなければならない、と。
 
 ブリニョルフは、それがメルセルの破滅につながるならやると言っている。
 さて俺はどうするか……
 
ブリニョルフ「お嬢を信用して、この話に乗るべきだと思うが」
レイジィ「3人必要なのだから、俺も居なくちゃダメか……」
 
 
 しかたない。
 ここは乗るしかなさそうだな。
 時間を無駄にしても、それはメルセルをのさばらせているだけだしな。
 
 手っ取り早く始めるか……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記