home > 投稿 > > 厳しい答え ~ドゥーマー博物館潜入作戦~

厳しい答え ~ドゥーマー博物館潜入作戦~

 
カルセルモ「とんでもない! この研究はスカイリムの中でもっとも危険なドゥーマーの廃墟における、長年の苦労の結晶だ。完成前に誰かに見せるなどありえない!」
 

 エンシルの言うとおり、カルセルモは古代ファルメルの権威だというのは間違いない。
 この砦内に、ドゥーマー博物館を作り上げて、研究の成果を保管しているようだ。
 だが、見せてもらおうにも説得も賄賂も脅しも効かない。
 カルセルモ必死すぎるぞ?
 この分だとファルメル語についても教えてくれそうにないな。
 
 他の手段を考えるか……
 
レイジィ「失礼した、また後で来る」
カルセルモ「そうかい。研究が終了したら、私の発見について、もう少し楽しく話ができるだろうな」
 
 
 とりあえずカルセルモが管理している「ドゥーマー博物館」に入ってみる必要がありそうだな。
 そこに入れば、ファルメル語に関する何か手がかりが見つかるかもしれない。

 とりあえず、鍵は頂いて行くからなw
 
 さて、博物館はどこだろうか?
 博物館を求めて砦内を彷徨っていると、突然マルカルス市警隊に呼び止められてしまった。
 
市警隊「止まれ! ドゥーマー博物館は、王宮魔導師の許可が無いと、誰も入館できない」
レイジィ「なぜ中に入れない、見るぐらいいいだろ?」
市警隊「カルセルモが誰も入れたがらないからだ」
 
 やっぱりあの頑固じじいか……
 
 だがこれで博物館の場所はわかった。
 よほど見られたくないようだが、そう思い通りには行かないぞ。
 見せてもらえないなら、潜入するしかなかろう。
 
レイジィ「わかった、また来る」
 
 どうも融通が利かない所だな……
 ぼやいていても仕方ないので、一旦退いてから今度はひっそりと忍び込む。

 コソコソ……

 ころりんっと。
 
 しめしめ、これでよしと。
 鍵は持ってることだし、博物館潜入作戦開始だ。
 
 ………
 ……
 …
 
 博物館には、なんだか機械の置物が飾られている。
 これが所謂ドゥーマーの遺物ってやつか?
 昔はこれが動いていたのかねぇ……

 そして博物館の中は、市警隊が巡回している。
 盗み聞きした話では、調査対象を守るためにひとりでも多くの人手が要るってことで、カルセルモが召集をかけたとか。
 どこまで必死なんだ、あの頑固じじい……
 
 まぁ、隠密作業ならお手の物だ。
 
 
 
 博物館を通り抜けると、その先は研究所のような場所になっていた。
 さしずめカルセルモの研究所って所か。
 
 途中、壁にスイッチがあるのを発見した。

 動かしてみると、プロペラのようなものが回るみたいだ。
 これもドゥーマーの仕掛けというやつか?
 
 これを市警隊が居る時に動かしたらどうなるんだろう?

 巡回兵がプロペラが出るところまでやってきた。

 このタイミングでスイッチオン!

市警隊「ううっ!」
 
 あ……
 死んだ……(;-`ω´-)
 プロペラに巻き込まれてくたばっちゃったよ……
 
 闇の一党じゃないのに市警隊殺しちゃった。
 これは事故、ドゥーマーの仕掛けに引っ掛かった事故ということでw
 
 
 もっとスマートに隠密しなくちゃな。
 小細工などやらずに、普通に見つからないこと。
 
 これこそ真の盗賊だ。
 
 そんなこんなで、市警隊を隠密でやりすごしつつ、研究所を進んでゆく。

 カルセルモみたいな服着たのが居るな……
 研究ご苦労様。
 

 飾られていたこれは、なんだか貴重品みたいなので頂いていくけどねw
 
 
 研究所の探索は続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記