home > 投稿 > > 沈黙の会話 ~ギルドの過去~

沈黙の会話 ~ギルドの過去~

 
 カーリアの後を追って、雪帷の聖域という遺跡に向かうことになった。
 
 辺りは雪が舞っている。
 スカイリムの雪が俺を冷やす……

 寒い……
 雪が冷たいからか?
 いや、それだけじゃない……
 
 心も寒い……
 
 今まではどこに行くにもいつも俺の傍には……
 
 
メルセル「やっと来たな」

 メルセルの一言でハッと我に返る。
 雪帷の聖域に到着したか。
 
メルセル「遺跡を偵察したが、カーリアは間違いなくまだ中にいる」
レイジィ「彼女を見たのか?」
メルセル「いや、でも彼女の馬を見つけた。もう始末したから心配するな、馬を使って逃げられることは無い」
レイジィ「さすが、用意周到ですね」
メルセル「さあ急ごう、中に入って捕まえるんだ。先に行ってくれ」
 
 俺が先導かよ。
 しかしマスターの言うことは絶対だ。
 
レイジィ「分かった……」
メルセル「慎重に進めよ、カーリアは剣のように鋭いからな。罠にかかってこちらの存在に気づかせるわけにはいかない」
 
 俺はマスターと二人きりになれたことを利用して、ギルドの過去を聞きだしてみることにした。
 
 
 先代ギルドマスターガルスは、25年前、ここでメルセルと落ち合うことになっていた。
 だが、ガルスが出てくるや否や、1本の矢が彼の喉を貫いたと。
 そして2本目の矢がメルセルの胸に刺さった。
 カーリアは弓の達人で、不意打ちが彼女の最大の武器だったという。
 
 幸いにもメルセルは急所を少し外していたようで、命を落とすことは無かったのだ。
 メルセルが最後に見た光景は、ガルスの死体を遺跡の開いた穴に捨てる光景だった……
 
 ガルスが死んだ後、ギルドはバラバラになってしまった。
 そしてギルドマスターの地位をめぐって、派閥抗争が起きて、ラットウェイは血の海になったという。
 メルセルは、カーリアを捕まえたかったが、他の者はガルスが死んだ事は気にかけてなかったんだと。
 その内輪もめは数ヶ月続き、カーリアはそれを利用して身を隠したのだ。
 
 
 カーリアは、数人の盗賊が1年で稼ぐ金を、一ヶ月もかからずに稼ぐほどの凄腕だったと。
 それでガルスはカーリアを信用しすぎた。
 そして彼らの間には関係もあったという。
 ガルスは彼女の事を「かわいいナイチンゲール」と呼んでいて、完全に骨抜きだったという。
 
 しかしそこまで可愛がられていて、なぜ殺すことになるんだ?
 
 メルセルは、それは欲望か、嫉妬か、憎しみだと推測している。
 だが、何が原因であんなひどい事ができたのかは、誰にも分からないだろうと……
 
メルセル「一つ確かなことは、彼女が死ぬ前に俺が突き止めてやるってことだな」
レイジィ「…………」
 
 
 とまぁ聞いた話だ。
 俺はなんとなくだが、メルセルの言葉の端に暗い影のようなものを感じていた。
 それが何なんだかよく分からないが、直感的な何か不信感を……
 本当にそうなのか? ……と。
 だが、マスターを疑っていても始まらない。
 
 とにかくカーリアを捕まえて真相を聞きださないとな。
 
 
 
 雪帷の聖域の入り口は、封印されていて侵入できないようだ。
 だがメルセルの腕にかかれば、どうって事はないらしい。
 早速仕掛けを解きにかかる。

メルセル「これでいいはずだ。先に行ってくれ」
 
 さて、いよいよ遺跡に侵入だ。
 罠が多数仕掛けられているという。
 
 慎重に、な。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記