home > 投稿 > > デインティ・スロード号 ~密輸品バルモラ・ブルー~

デインティ・スロード号 ~密輸品バルモラ・ブルー~

 
デルビン「ソリチュードに行き、エリクールに会え。彼はある種のサクラを使う仕事をしている」
 
 お次はソリチュードだ。
 盗品も増えてきたし、ついでにガラム・エイに引き取ってもらうか。
 
 さて、ソリチュードのエリクールだが、必ずしも手放しで歓迎はしないだろうということだ。
 だが、この仕事を立派にこなせば、我々はそこで大事な友人を作れるだろう。
 焦りは禁物だ。
 
 
 というわけで、再びソリチュード。
 街に到着した時は既に夜になっていた。
 人に会う必要があるので、朝まで宿屋にお世話になるかいね。
 
 ソリチュードの宿屋は、ウィンキングスキーヴァーと言う。
 盗品をガラム・エイに捌いてもらって一息つく。
 ここも吟遊詩人が歌を歌っているな。
 聞きほれている奴も何人か居る様だ、ぼんやりしていたら盗むぞw
 
 とか思いながらうろうろしていたら、吟遊詩人が話しかけてきた。
 
リセッテ「今夜泊まる所を考えなきゃね。コルプルスは清潔な宿屋を経営しているわ」
レイジィ「じゃあ、ここにするか」

リセッテ「一杯飲んで、ここで少し骨を休めていってね」
レイジィ「どうでもいいことだが、ロッグヴィルって奴はどうなった?」
リセッテ「あの人は、処刑されちゃったわよ」
レイジィ「やっぱりな……、ホワイトランまで逃げたらよかったのに」
 
 
 えへん!!
 
 
 突然大きな咳払いが酒場に響き渡る。
 聞こえた方を見ると、魔導師のローブを纏った一人のアルトマーが俺を睨みつけている。
 
 ……変な奴だな。
 
 俺が吟遊詩人と話ししているのがそんなに気に入らねーのか?
 それともカジートのシャヴァーリを店に連れ込んだのが気に入らないのか?
 変な奴に因縁つけられるのもめんどくさいので、すぐに宿を取り部屋に向かうことにした。
 エリクールに会うのは明日にしよう。
 
 
♪乾杯をしよう、若さと過去に――
 
 
 吟遊詩人の歌を子守唄に、俺はすぐに眠りに就いた……
 
 ………
 ……
 …
 
 翌朝、エリクールに会うために行動を開始した。

 エリクールは、ブルーパレスに居た。
 なんでも、ソリチュードの従士で、自分が居ないとここはうまく動かないんだとさ。
 
レイジィ「デルビンに仕事があると言われて来たが」
エリクール「やっと来たか。信用できない者と取引する習慣はない、だからデルビンに最も優秀な者をよこすよう頼んだのだ」
レイジィ「だから自分が送られて来たんだ」
エリクール「ふん、それはまだ分からないな」
 
 やな奴だ。
 だが仕事をこなせば態度も変わるだろうということで、早速仕事の話に入ることにした。
 
 なんでもデインティ・スロード号のヴォルフ船長が、合意済みの貿易協定を無視して好き放題やっているらしい。
 そこで、懲らしめるために、スロード号にこっそり乗船して、密輸品を置いてきて欲しいんだとさ。
 
 密輸品は、レッドウェーブという船のサビーヌ・ニエットからバルモラ・ブルーを手に入れる必要がある。
 手に入れたら、それをヴォルフ船長の手荷物に入れればOKだ。
 あとはエリクールがどうにでもやるそうだ。
 
 
 なんかブランシェイの冤罪事件思い出すな……
 盗んだものを忍び込ませて検挙ですかい。
 やっぱブランシェイも嵌められていたんだよ。
 
 
 ソリチュードには港がある。
 以前、ガラム・エイを尾行して東帝都社に向かったところだ。
 あの船が、レッドウェーブ号かな。

 とりあえずその船に向かってみよう。
 
 そこには、乗組員のサビン・ナイッテが居た。
 エリクールの指定した人物とは違うが、話を聞くだけ聞いてみよう。

レイジィ「バルモラ・ブルーを探しているのだが?」
サビン「それなら、私の所に来て正解ね。タムリエルであれを手に入れられるのは、もうここだけだもの」
レイジィ「それはよかった。で、どこにある?」
サビン「探し出すのはもう不可能に近いわよ。買う気はある?」
 
 サビンが提示してきた額は1500Gであった。
 仕事の報酬や、盗品を捌くことで俺は今、結構な額の金を持っている。
 だが、無駄に支払うのは気が進まない。
 
サビン「非合法の蜜売品が高すぎたみたいでごめんなさいね。次の商人ギルドの会議に提起するといいわ」
レイジィ「へぇへぇ」
 
 
 さて、どうしたものか……
 
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記