home > 投稿 > > 数字の仕事 ~レインター・デイルにて~

数字の仕事 ~レインター・デイルにて~

 
デルビン「帳簿の数字いじりをやってみないか?」
レイジィ「数字いじり?」
デルビン「スカイリムの大部分の店は、商売台帳に取引記録を残している」
レイジィ「ふむふむ」
デルビン「その帳簿の数字をいじって、我々の別の仕事で生じた不足額をごまかすのだ」
レイジィ「要するに、盗んだ金を帳簿上から消し去って、あたかも盗みが無かったようにみせかけるってことか?」
デルビン「そうだ。お前は優秀な盗賊のようだから、こういった仕事もこなしてくれるだろう」
 
 
 目的地はレインターデイル、ホワイトランとドーンスターの中間点にあるという。
 デルビンに渡された情報の通り、台帳を書き換えるのが今回の仕事だ。
 あたりまえのことだが、俺以外にも盗みの仕事してい奴がいるんだな。
 よいことだ、みんなでギルドを盛り上げよう!

 さて、目的地のレインターデイル。
 数は少ないが、建物自体はどっしりとしていて、高級住宅街を連想させる。

 ……が、それだけだ。
 
 金持ちの別荘が集まっているだけじゃないのかねぇ?
 
 さて、標的の店にこっそりと潜入だ。

 ……さすがにこの状況だと無理だな。
 素直に寝静まるのを待とう。
 
 
レイジィ「シャヴァーリさぁ……」
シャヴァーリ「何かしら?」
レイジィ「俺たち知り合ってからずっと一緒だよな」
シャヴァーリ「言われてみればそうねぇ……」
レイジィ「危ない橋もいろいろ渡ってきたが、いつも二人で解決してきたよな……」
シャヴァーリ「レイジィ……」
レイジィ「何?」
シャヴァーリ「これからもずっと一緒よね?」
レイジィ「当然だ」
 
 
 困難が目の前に立ち塞がっても、シャヴァーリと一緒ならうまくいく、そんな気がするんだな。
 もちろん、シャヴァーリにいいところを見せてやりたいって気もある。
 そういうのが重なり合って、今までよい結果を出してきたんだ。
 ウィンドヘルム、ホワイトラン、ソリチュード。
 
 もちろん今回もうまくいくはずだ。
 シャヴァーリと共に歩んでいけば、この先もずっと……

 あたりはすっかり暗くなってきた。
 そろそろ住民も寝静まる頃だろう。
 再びこっそりと潜入だ。
 
 
 うむ、眠っておる。
 
 
 目的の帳簿は、っと――

 これだ。
 えーと、こうしてこうしてサラサラサラっと、はい一丁上がり。
 これで盗みは無かったことになる。
 
 住民は寝ているので、ついでにいろいろと見て回ることにする。
 貪欲に利益を追求しなくてはな。
 野に獣がいなくなれば猟犬は無用になる、だから猟犬は獣を狩りつくすのを避ける、という言葉がある。
 しかし、生き物を狩ることと違って、宝物は盗みすぎて獲物が無くなるってことは無いのだ。
 また、全てのものを盗みつくして俺のものになるとなれば、それこそ目指すところだ。

 ほぉ、これはお宝っぽいぞ。
 露店を開けば高値で売れるか?
 傍に置いてあるオークの盾、立派な代物じゃんよ。
 
シャヴァーリ「…………(また帳簿と合わなくなるよ)」
レイジィ「…………(それもそうだな、さらに書き換えてしまおうw)」
 
 とまぁこの店では、帳簿上盗みは無かったことになりましたとさ。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 
 二人が組む限り、目の前の困難など無いに等しいさ。
 
 仕事の後の空気はうまい。

 今宵は月が旅路を照らそうぞ――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記