home > 投稿 > > 混乱の仕事 ~ホワイトランにて~

混乱の仕事 ~ホワイトランにて~

 
デルビン「気分転換に楽な仕事をやろう」
レイジィ「金になるならなんでもやるぜ」
デルビン「よし、前回ウィンドヘルムでやったように、今度はホワイトランに思い知らせてやるんだ」
レイジィ「ホワイトランで盗みだな」
デルビン「そうだ」
 
 ホワイトランと言えば、先日ホニングブリューハチミツ酒醸造所の件で訪れたことがある。

 さてと、どこから手をつけるか。
 人からスッてもいいし、店から盗んでもよし。
 以前マラスとあった宿屋、バナード・メアから手をつけるか。
 人が大勢居ると、意外とスリは気が付かれないものだ。
 
 そのバナード・メアでは、丁度吟遊詩人の歌が始まったところだった。
 みんなその歌声に聞き惚れるいるようだ。
 
 ……若さと過去に乾杯か。
 
 同じ歌をソリチュードの酒場でも聞いたが、どうでもいいことだな。
 俺が欲しいものは、金と宝だ。

 聞き入ってて隙だらけだなー。
 サクッと指輪を頂いてしまおう。
 
 吟遊詩人も歌に集中しているから、やりやすい標的だ。

 遠慮なく頂きますよー
 ほぼ全員から、指輪や首飾り、宝石などの貴重品を盗んでやったぜ!
 
 
 でもやっぱりスリだけだと、一度に手に入るものが少ないので――

 やっぱり店に侵入が手っ取り早いかな。
 陳列してある品物の中に高価なものがあれば万歳だ。
 
 まずは雑貨屋だ。
 
 う~ん……

 雑貨屋はあまり高価なもの置いていないな……

 二階の金庫にまとまった金が入っていたぐらいだ。
 もちろんそのお金は、しっかりと頂いておく。
 店の中は誰も居なかった。
 おそらく宿屋にでも行って飲んでいるんだろうな。
 
 
 もう一つ侵入しておくか……
 雑貨屋の隣には、錬金術屋というか薬屋があるようだ。

 高価な薬とかあるかな?
 とりあえず薬は根こそぎ頂こう。
 後で売ってもいいし、いざとなったら自分で使うこともできるしな。
 
 
 そんな感じで今回の仕事も大成功だ。
 後で気が付いた連中共が大騒ぎをし、盗賊ギルドが本気だということを思い知ることになるだろう。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記